BELLTREE号(GN125-2F)とGSX250Tで、どこまでも!

『カチャ』です。家族の白い眼もなんのその。
だってバイク楽しいんだも~ん!!

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』を観に行った

2016年12月19日 | 備忘録
うちはハリーポッター好きな家族です。
近年は子供も一緒に映画館に行く事も無く
なりましたが、子供が小さい頃には良く
付いて来て、早く次のハリーポッターが
観たくてウズウズしたもんです。

子供たちが大人になり、親の僕らは、成長
する事もなく (笑)
ハリーポッターシリーズとして封切り中の
『 ファンタスティックビーストと
            魔法使いの旅 』

を今更ながら観に行きました。

正直 ハリーポッターのあの世界じゃ無い。

主人公の名前は
『 ニュート・スキャマンダー 』

舞台はアメリカ ニューヨーク!

ここで、既にホグワーツやダイアゴン横丁
とか・・・あの世界観はあり得ない。


もう・・・この横丁の街の映像そのものが
魔法そのもの 映像見てて ときめく(笑)

ホグワーツ魔法魔術学校なんて、原作の本
を読んでイメージした僕の中の映像を軽々
越えて『 スッゲェ~ 』って思ったもん。

映画のもとになってるのってホグワーツの
教科書なんだって。本作ハリーポッターにも
登場する教科書らしい・・・

そんなの登場したっけ?
         登場したんですって!
J・K・ローリングさんも
『 ホグワーツ魔法魔術学校で使われる
教科書で、魔法生物に関する基礎知識や、
約80種の魔法生物の生態と危険度を示して
あります。著者は魔法生物研究者
     ニュート・スキャマンダー 』
って言ってるらしいので・・・・
        そうなんでしょう(笑)

うん~?・・・待てよ・・・
ニュート・スキャマンダー?・・・それって
今回の映画
『 ファンタスティックビーストと
            魔法使いの旅 』

主人公じゃ~ん。なるほど、やけにNYの
街が大昔の設定だったわけだ。

つまり今回観に行った映画は
『 ハリーポッター・・・』の壮大な物語が
始まる、はるか昔の物語って訳か・・


・・・・なるほど~・・・

ハリポタ1巻は1991年の設定なので、今回の
『 ファンタスティックビーストと
            魔法使いの旅 』

は、その70年前の1921年位の設定らしい。

なんか、この手法最近の映画で良くアル~!
スターウォーズなんて典型的ね。

今回見に行った
『 ファンタスティックビーストと
            魔法使いの旅 』

については内容には勿論触れません。

面白かったか?って?・・・う~ん・・・
DVD出ても買わないかなぁ・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やる気も無いのに・・・ | トップ | タオバオデカタンク完成後磨... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画 (かんち)
2016-12-19 21:41:24
映画も良いですよね。
って、「聲の形」じゃなくて「ファンタスティック…」の方だったんですね。

「聲の形」は、恐らく年内で終了するので、私はもう一度見てきます。
(既に3回観てますがw)
かんちさん おはようございます (カチャ)
2016-12-20 08:25:59
『 ファンタスティック~・・・』 は、まぁ僕も見たかった
んですけど、奥さんの買い物の運転手兼荷物持ちで
同行を命じられて、その時に奥さんが 『 見たい 』 
って、なりまして観た次第です。

「聲の形」 本当にはまってますね(笑)
なんか、うちの方じゃ余り上演している場所が行きや
すいところに無くて・・・
そのうち映画館じゃ無くても、別の形の配信を待つの
も良いかな・・・と。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL