BELLTREE号(GN125-2F)とGSX250Tで、どこまでも!

『カチャ』です。家族の白い眼もなんのその。
だってバイク楽しいんだも~ん!!

GSX250Tのエンジンのサビ・くもりを取ってピッカピカ

2017年03月18日 | 備忘録
先日購入した2台目の愛車GSX250T

パーツカタログも入手しました。
フレームNO,GJ51B****僕のは
86年最終型のGSX250T-5です。

旧車も旧車。31年前のバイクです。
極上車で、エンジン・その他も絶好調。
なんせ3300キロしか走っていなかった
奇跡のバイク。馴らしが終わったばかりの
新車と変わりません。

ですが、そこは やはり31年前のバイク。

エンジンにはアルミサビがあり、全体的に
薄ぼんやり 曇りがあります。
何とかキレイにしてあげたいもんです。
手で耐水サンドペーパーで磨くにも限度が
あるかな・・・

こんなの見つけました。

エンジンのサビ落としに特化したケミカル

本当にココまでいけるのか?

本当か~??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1塗装面を痛めないのでエンジンを降ろさず、
 短時間で作業が出来る
2メカの知識が不要
3設備が不要
4金属ブラシを使わないので、傷が入らない
5液体だから狭い隙間にも入り込み錆び取り
 が可能
6誰でも簡単にできる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いいじゃないの~!!

買ってみようかな・・・って、高っ!!
一番小さいサイズの100ミリで
            税込4200円
う~ん・・高いぞ。運賃込みで約5000円
どうしようか・・・やっぱり高い!!

***************************************

貧乏人は時間かけて自分で磨きます。

便利な物安価で見つけました。
充電ドライバーに使用可の六角軸です。

名前は笑っちゃうけど結構使えるみたい。
エンジンフィンの隙間に入るかな?
ピカール金属磨きを併用すれば割と綺麗に
なるんじゃないかな~・・・

磨きも考えましょう・・・

バフマシーン持っているんだけど電源が必要。
マンション住まいで外部電源など使えない。
なので充電ドライバーで使えるアタッチメント
を購入しました。無駄遣いって気もするが~
仕方ないって納得します。
SK11(エスケー11) 六角軸マジックパット

インパクトドライバーに付けられる六角軸

マジック付ポリシングスポンジ


マジック純毛バフパット直径125mm


この辺の物は全て今後も役に立つでしょう。

******************************************

今日は午前中だけ少し仕事の残務を片付け
午後が空きました。

さぁ、やってみますか・・・

磨き前のエンジンの状態

31年前のエンジンにしては綺麗ですが少し
サビもありますね。

サビ取りアフロ君で大きな面の表面くすませ
ている薄いサビを処理していきます。

だけどエンジンは細かい部分の方が多い・・

結局手で耐水サンドペーパーで水砥ぎする
120番でサビを削り取り・・・
800番で磨き傷をあらかた落しました。
水洗いして、後はコンパウンドで整えました。

書くとアッサリおしまいですが、昼前の
11時からやって4時までやっていた。
疲れた~・・・飯も食わずに・・・
もう、こんなもんで良いかな・・・


随分きれいになったと思うんですが・・

どうかなぁ・・・いいんじゃないかな。

ヨシ!良い としましょう!!
綺麗で~す!!




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スロットカー | トップ | BELLTREE号ステムベアリング... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トモジイ)
2017-03-18 22:00:26
今日、仕事の帰り道の環七で、ホンダCB500Tという、古~いバイクが走ってました。

皆さん、お手入れが大変ですなぁ~!
トモジイさん こんばんは (カチャ)
2017-03-18 22:52:47
既にお肌の曲がり角3回くらいは曲がっている
バイクなので・・・
それなりに大変ですが、思っていたほど お肌は
荒れていませんでした。

エンジンその他は絶好調!!惜しいのはタコメーター
の針が折れていて文字盤上に無いって事なんです。
時間が有る時メーターをばらして、補修ですね。
針の根本は残っているので今何千回転かは、わかる
んですけど・・・
ありますよ。 (かんち)
2017-03-18 23:25:52
検討されていた「アルミレスキュー」私、持ってますよ。

使ってみます?
って、もう遅いか…
f(^_^;

ハッキリ言って、磨いて正解だと思います。
アルミレスキューを使ってもピカピカにはならず、アルミの錆びが落ちるだけで、結局、コンパウンドで磨かなければ艶が出る事はありません。

因みに、磨いた後が問題なんですよね。
頑張ってくださいね。
(^_^)/
かんちさん こんばんは (カチャ)
2017-03-19 18:21:27
お~!! 既に先人が・・・

なるほどなぁ・・・そうだったか・・・
やっぱり手作業に勝る丁寧仕事は無いもんなぁ。
でも、サビ落し工程を薬品の力でやってくれるなら
お金に余裕が有りさえすれば考えても良かったの
ですが、これから3年間の僕は究極の金欠病・・・

イイデス!手で時間掛けてやります。
って云うか、今回のブログ記事の写真の状態で
今は満足しています。後は定期的にコンパウンド
で表面維持をしていくしかないですね。
耐熱クリアって手もあるけれど、それをやるには
完璧にヨゴレもサビも何もないって状態にしないと
それらが有る上からクリア掛けても何も意味が
ない。ならば定期的に面倒でもお掃除するしか
ないですよね。

まぁ、物は使えば汚れるモンだ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL