BELLTREE号(GN125-2F)とGSX250Tで、どこまでも!

『カチャ』です。家族の白い眼もなんのその。
だってバイク楽しいんだも~ん!!

故障修理完了のGSX250T色々ジックリ見ます

2017年04月15日 | 備忘録
先日バッテリーが突然死して、セルボタン
故障して全体不能になった。
いや、多分 セルボタンが壊れて、そこが
ショートしてヒューズが飛び電気系統不能
になった・・・って事なんだと思います。

修理過程でヒューズが何回も飛び、セルの
故障だけでは無く、セルモーターやリレーの
故障も疑いましたが、セルボタン故障からの
ショートでした。故障がソコだけだったのは
不幸中の幸いでした。

おじいちゃんバイクだから仕方ないです。
確認の意味を含め、客観的に見つめてみよ
うと思います。良い点悪い点含めて・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
GSX-Tのハンドルを,発売当初の形に
なるべく戻そうと、GNノーマルハンドル
に換装し、ほぼ発売当初の姿に戻りました。

その際、各種ケーブル等取り回し変更されて
おり、取り回し変更の元戻しも行いました。

高さが大分変ります。って言うか元戻し。

やはり、このバイクの姿はノーマルがいい。
バーエンドミラーは僕の趣味じゃありません。
購入時の姿のまま。趣味じゃ無いけど、後ろ
ちゃんと見えるし、暫らくこのまま。
としやさん曰くこのハンドル交換元戻しが
スイッチ破損の原因。長年同じ環境で何とか
生きていたスイッチが、付け直しの為 開け
たり付けたりした事で、限界を迎え昇天した
らしい。わかる気がする。 
*****************************************
シート外すの面倒!ウインカー近く真下から
2本止まっているビスを外し中央付近ロック
を解除しシート斜めにスーっと外します。
外すのはスーっと外れても今度は入れる時が
難儀です。前部タンク下差し込みロック部分
の噛み合わせを確実にしながら後ろビス穴を
合わせて行きますがスーっとはいかない
ビスも真下から留めるので場所が目線に無い。
下から見上げ見つける。見つけづらいの
力も入れづらい。慣れの問題ですかねぇ・・

僕の買ったGSX-Tは最終型でシートの
後ろに小さなシートカウルがあり、鍵付の
小物入れになっている。コレはイイですね。

書類と100均安物ペラペラのカッパ位なら、
上手く畳めば入りそうです。

左サイドカバーを開けると・・・

右側がイグナイター 左がレギュレーター。
ちっちゃい!!こんなんで もつのか~?
・・・イグもレギュもコレで大丈夫なのか?
ますますノーマルで乗ろうって思いました。

レギュの下側ゴムカバー内にセルモーター
リレー。故障時はコイツ故障したか?って
疑ったけど無事で良かった。

キャブの下エンジンのトップにネジ止めの
フタが有ります。セルモーターはコノ中。
モーターも故障を疑ったけど無事。
キャブは負圧式が2連装。キャブ知識ゼロ
の僕は手を付けてはイケナイ場所。増して
同調なんて・・・さっぱりワカランもん。

エアクリーナーへのアクセスは・・・

この三角の蓋をはずすと

こういうエアフィルター。綺麗です。
GNならエアークリーナーメンテも楽々
なのになぁ・・この頃メンテしてない。
BELLTREE号のエアフィルターは近々洗って
あげようっと。

バッテリーは・・非常にアクセスしずらい。
コレは外して出したところ。やりづらい。

横に入っています。
プラス側配線が長ければ引っ張り出せて便利
なのに配線が短くプラス側留めたりするのが
ものすごくやりづらい。手が入らないし・・
右サイドカバーを開け、イグやレギュが固定
されている鉄板を外して各種配線の隙間から
何とかレンチ差し込み作業しますが、全然
思い通りにならずに四苦八苦しました。
GNなら右サイドカバー外すだけで交換まで
出来る。GNはメンテ性良いって今更ながら、
実感しましたね。

バッテリーは先日載せ替えています。

バッテリー載せ替え時電源取出しも施工済み。

こんな配線で組みました。


コレはまた別の記事が有りますので、興味の
有る方はソチラもどうぞお読みください。
『 安全に電源取出し 』

タンク取り外し
キャブ側に行くフューエルホースはずす前に
コックをオフする必要があるのはどのバイク
も同じですが・・このコックが訳わからない。
上にFUELの文字・下はONの文字
左にRES(リザーブ)右がPRI・・?? 
最初PRIがOFF?って思いPRI位置で
ホース外したらダダもれ。ON位置で止まる
・・・なんだコリャ!
高校の頃少しGS乗っていた事があったけど
まったく覚えていない・・・
調べたら負圧式の為タンク外しならONか
RESにするらしい。PRIは直結という事
でPRI(プライマリー)はタンク内ガソリンを
抜いたりする際使用。負圧式は吸い込む力が
有るとガソリンが送られるけど、ONにした
だけではガソリンが出ないという事らしい。
それだとエアを噛んだ時等は、ガソリンが
送られずエンジンが始動できない場合がある。
なので、あえてダダ漏れ状態にできるように、
プライマリーという直結状態が設定されて
いるらしいです。

前回作業でタンクはずしましたが、その際は
ON位置でガソリン止まったので取り敢えず
なぜ?と思いながら作業を進めたけど、そう
いう事だったのね。やっと理解しました。
キャブ側に行くフューエルホースも2本?
どうやら1本は純粋にフューエルホース。
もう1本は負圧調整用の1本。
2本ともキャブにつながっている。へ~。

オイルフィルターはここ。GNと同じ。
オイル交換の油量は2Lです。

GNのフィルターの10倍くらいデカイ。

右がGNのフィルター GSXのデカイ!

メーター。実はタコメーターの針が折れて
います。根本残存針で、今何千回転かわかる
けど時間の有る時に、メーターばらして
タコメーターの針補修しよう。

プラ板か100均下敷きから切り出して適当
な色塗れば何とかなるでしょう。
いつか やろう・・・いつかね・・・

左右スイッチBOX。
古く接触やスイッチング動作に万全の信用が
持てない。・・って思っていたら右スイッチ
壊れました。セルボタン故障。
セルボタンはいくらさんが丁寧に修理して
くれました。
ウインカースイッチはこのバイク発売当時
ではプッシュキャンセル機能はありません。
戻す時、逆まで押しちゃうのよ・・
GN乗った後GSX乗るとウインカーを戻す
時に、クセで 押してキャンセルしようと
しちゃうし・・・

ヘッドライト・・・H4でバルブは黄色味が
ある光です。使えるけど若干暗いかな。今に
LEDのバルブに入れ替え、レンズも綺麗に
コンパウンドかけて輝度を上げよう・・・
いつか やろう・・・いつかね・・・


タイヤはまだまだ新しい。IRCのタイヤ。
これは、まだまだ使えるね。後ろなんてヒゲ
さえ取れてない。前オーナー売る寸前に換装
してる。大事にされていたんだな。この単車。

シフトペダル 1ダウン5アップの6速

GN2Fのシーソーペダルに慣れちゃった。
なんとかシーソーペダルに替えられないもん
かね。GS/ENのシーソー付かないかな。
通勤で使う時、シーソーの方が革靴傷まない
から良いんだよね・・・
・・・・なんとかしたいけどなぁ・・・

***************************************

古いバイクです。その古さに価値がある。
あの当時、そこらじゅうに有ったロマンが
生きている。強烈な存在感を感じる。
どうしようも無く惹きつけられる。

旧〇会の方々のお好みの改造は致しません。
出来る限りノーマルで乗ります。
程度の良いGSX-Tを結構長い事探し、
忘れた頃偶然の様に巡り合ったGSX-T。

僕のところへ ようこそ!!
ちゃんと大事にしますよ。
大事にするからヘソ曲げないでね。
大事にするから走っている時、僕を守ってね。

単車は生きているって本気で思っている。
大事にされているバイクは もしもって時
オーナーを自分が潰れても守ってくれる。
野良ちゃんのGNも大事にされてたから
大事故でも自分がつぶれて野良ちゃんの
命を救ってくれた。

僕はそう信じている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タオバオ中華のGN予備クラ... | トップ | 僕のGSX250-T ET... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サンパチ)
2017-04-16 12:56:19
へ~、TSCCエンジンなんだ……って年代からすりゃそうだよな。
当時SUZUKIはGSとカタナ、GSXのデカいのしか興味なかったから気付かなかった。

DOHCエンジンのヘッドのカムシャフトのカバーが+ネジで止められてるのはご愛敬( ^_^)
カチャさん大事にしてくださいね、そしていつか見に行きたいと思います。
サンパチさん こんばんは (カチャ)
2017-04-16 21:18:39
懐かしいでしょう?

正直、僕の年代ドンピシャリはGSなんだけどね。
GSXは僕が大学行ってからのバイクなので、
その頃には自分が当時乗っていた最後のバイク
ホークⅢがあればいいやって思っていたから、あまり
興味を持っていなかった。ところがGNに乗る今、
当時のGSX-Tを思い出すとGN250にソックリ
だったよなぁ・・って思いだし、Netで形を確認すると
正にGNチック。今更ながらズッキュン❤ってなった
次第です。
乗り手が代わると・・・ (としや)
2017-04-16 22:51:45
不思議なもので、中古車を買うと細かなトラブルが出ますよね。30年前のバイクに限らず、近年モノでもマイナートラブルが出ます。私も経験あります。バッテリーもハンドルスイッチも致命的な問題ではありませんし、しばらく乗っていると落ち着いて馴染んで来るものです。初期不具合出し尽くすまで、なるべく乗ってあげてください。

既にお気づきの通り、燃料コックのON・RESはエンジンがかかっていないとガソリンが供給されません。しばらく乗らずにキャブの中のガソリンがなくなっている時など、PRIにしてガソリンを供給し、数秒経ってからセルを回すとかかりやすいですよ。
としやさん おはようございます (カチャ)
2017-04-17 08:18:47
なるほど。PRIには、そんな使い方もあったのか。

確かに乗り手が替わると、シフトチェンジタイミング
やブレーキの強弱・使い方、エンジンブレーキへの
依存度、アクセルワーク・・・その他諸々変わるので
限界スレスレで生きていた部分は容易く昇天したり
しますよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL