松下一郎のグリーンブレーカーズ

農業の現場の おはなしなどなど。

ハウス内の温度上昇の影響は。

2017-05-16 14:01:53 | Weblog
ハウス内の温度上昇の影響は。

ここ2日ばかり ややすずしい気温の南九州地方ですが、 そこは 
さすがに5月。いったん晴れればハウス内の気温の急激な温度上昇
に気をつけねばならない状況であるのは まちがいのないことです。
ということで例年よりもひと月遅れとなりましたが、トマトを例に
ハウス内の温度上昇とそれに伴う乾燥についての対策及び注意点
挙げてみました。よろしかったら。


 ↓


『春先に多おこるカルシウム欠乏への対処法。』

ハウストマト栽培に限らず、ハウスキュウリ栽培やハウスピーマン
栽培において、気温が急上昇したあとの作物に水分が不足した場合
にあらわれることが多い現象として


 トマト尻腐れ.jpg

 キュウリ先端枯れ.jpg

 果実の尻グサレ症や、より重い症状の先端部分の褐変症

などに代表される 作物のカルシウム欠乏の症状 があります。そ
して この症状が現われることの多い時期としてあげられるのが

  天候が不安定
  日照時間が次第に長くなってくる
  気温、ひいては地温が急激に上昇することが多い 

といった春先のハウス内が乾燥しやすい4月の時期というわけです。

ある程度の尻グサレ症の果実の発生はしかたのないものですが、障害
果量が多くなりすぎたり、また作物の先端部分に褐変症が現れるよう
であれば、もちろん対策が必要になります。

ということで、対策としてまず考えられるのは

 ハウス内の土を乾燥しすぎないこと

が、大切になります。その方法ですが

  かん水の量を〔冬場よりも〕じょじょに増やしていく
  内カーテンを上げ下げして日射量を調整する
  遮光資材を利用する
  気温上昇による水の蒸散を避けるために、充分に換気をする

といった、こまめなハウス管理が なによりの乾燥防止対策となり、
ひいては カルシウムの欠乏症状の予防対策 となります。

また、気温の上昇とともに果実の太り具合もすこしづつ早くなって
くるわけですから、冬場よりも収穫の間隔をいくぶん短縮すること
も必要になってくるころでもありますね。

といったわけで、なんだか冬場よりも手がかかることになる春先の
ハウス管理です。 けれど厳寒期のなかで果実を成らしてきた“疲
れ”がみえる作物にとっては、栽培者の存在がなによりのお薬・・・
これからのハウス作終盤にかけての良品多収穫のためにも、ここは
こまめな管理をお願いいたします。

なんたって作物は、栽培者にとっての金のなる木 なのですものね。

ちなみに対策としては ライムショットの葉面散布と、これからま
だ数か月にわたって収穫するという場合は ライムショットに加え
て カルミタスの追肥をおすすめしています。


晴れ ハウス内の高温は、作物の花粉の品質や受粉にも影響します。
  35度を超えたときに受粉した果実は、奇形果や果実の肥大
  不良を招くともいわれていますよ。また受粉に活躍しくれる
  昆虫たちにとっても高温は大敵です。

51P4M6yKWYL__SL500_SS75_.jpg夢で終らせない農業起業」「里地里山複合大汚染



ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サトイモ疫病の今後の動向は。 | トップ | 残さずにしっかり活用。土中... »

あわせて読む