斜め上のトラベルライフ!

チョット変わりダネなネタ・B級グルメ・旅行・飛行機・クレカ・マイレージ情報をまとめます

シンガポールで公道を滑走路にする訓練があります

2016-11-12 10:29:57 | update
11月12-13日の土曜、日曜にシンガポールで公道に戦闘機が離着陸する訓練が実施されます。

これは、シンガポール北部の幹線道路、Lim Chu Kang Road (リン・チュー・カン・ロード)でおこなわれるものでこの期間中は通行止めになります。

2.5キロの道路はシンガポール空軍のTengah Air Baseの滑走路と並行に走っていて、空軍司令官によると「有事の際に滑走路を複数使う方がより速く事態に対応できる」旨のコメントを出しています。



普段は道路のため、この訓練をするため街路灯やガードレール、標識などが撤去され、12ヶ所の屋根付きバス停も取り外されました。

滑走路は幅が46メートルありますが、道路は幅が24メートルしかありません。なかなか難易度がたかそうです。

ちなみに着陸の際にはMAG Mobile Arrestor Gear を使います。道路に鉄製のケーブルを渡して着陸してきた飛行機のフックに引っかかるようにしてストップさせます。よく空母に着陸した飛行機をケーブルで捕まえているシーンを目にしますが、そのような形です。

参加する航空機はシンガポール空軍のF-15SGなどで、重量に耐えられるよう道路の補強工事もしたそうです。

昔からシンガポールの道路は緊急時には滑走路になるという噂は聞いていましたが、今回は大掛かりな訓練になりそうです。

以上、情報元はシンガポールの地元紙 THE STRAITS TIMES でした。
『航空』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクララウンジなう | トップ | UBERアプリは日本でインスト... »

コメントを投稿

update」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事