打越通信

日記ふういろいろ

虎視眈々

2017-05-19 21:10:08 | ゴルフ
駐車場の奥の物置にゴルフバックごと、ここ3年ばかり眠っていたクラブを取り出した。
湿気もあり空気の流れもない中に放置されていたため、52度と58度のウエッジのヘッドとフェースは錆がはびこっていた。
ドライバーと5番ウッドのシャフトはカーボンなのだが、アイアンから下はすべてスチールシャフトなのだ。
錆はどうかと確認したが幸いなかった。
さっそく引っ張り出してオイルで掃除をした。
前回の団地のオヤジたちとのゴルフで飛距離の方は2番手くらい落ちていた。
身体の芯がやはりしっかりしていないため体感がかなり落ちている。
今さら体感を鍛えなおし飛距離を求めるのは無理だろう。
自宅の芝生でバケツを相手にアプローチを始める。
ダフッたりトップしたりと定まらない。
あれやこれやとグリップを変えアドレスを変えヘッドの入る位置を安定させる。
そのうちふわっとしたボールが出るようになった。
何球かはポコッといってバケツに入るようになる。
だが安定はしない。
1時間ばかりすると腰が痛くなってくる。
翌日再び挑戦するがダフリとトップ、前日の続きではなかった。
そのうちヒットするようになる。
これの繰り返しなのだろう。



ゴルフクラブごと福岡に持ってきた。
狭いアパートには異質に思われる。
コップを横にしてボールを転がす。
グリップを決めるため何度も握りを変える。



しっくりと握れる形を決めてボールを転がす。
カフっといってコップにボールが入る。
これまた何度も何度も繰り返す。
集中力が切れたらやめる。
虎視眈々と次回の対戦を狙っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まるでパソコン屋さん | トップ | 胸を張って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。