打越通信

日記ふういろいろ

大晦日

2016-12-31 17:12:01 | 日記ふう
まったく!
年末だというのに年賀状にてこずっている。
先週末から久しぶりに自宅のパソコンに座り「さあ、始めるか」と小さな気合いを入れ電源を入れる。
しばらくは肩慣らしのつもりでネットで新聞などを読んでいた。
すると突然例の青い画面が出て<メモリーパリティエラー>が現れる。
なぜ?と頭をひねったのがいけなかったようで、それからパソコンとの格闘が始まった。
メモリーは数枚持っていたので2枚あるスロットに一枚ずつ差し込んでテストを始めた。
メモリーを差し込んで動画をガチャガチャと動かしてメモリーの状態を監視してみた(これしか方法を知らない)
すると数枚のメモリーでなんとか行けそうだったので、その2枚を差し込んでしばらく様子を見ることにした。
しかし結局それもダメだった。



しばらく考えた。
このパソコンのハードディスクはWINDOWS7Pro(32ビット)が入っている、それを差し込んで使っているので、ひょっとするとWindowsの問題かもしれない。
次の日会社に出て予備用のパソコンに差し込んで再インストールをした。
自宅に帰りさっそくハードディスクを入れ替えてテストをしてみたが現象は一緒だった。
しかたなく外付けハードディスクを取り出してバックアップを行った。



そしてWindows7Home premiumのCDをUSBに丸ごと複写して(CD.DVSドライブがないので)インストールした。
やっぱりWindowsの問題だったようでそれから正常に動くようになった。
さあ年賀状だ。
自宅から持ってきたプリンタをWi-Fiにつなぎプリント状態を作った。
さてデザインをどうするか考えたがとりあえず会社関係の裏のデザインを作り、表の住所を書き上げ終了した。
この時点で夜中の2時半近くまでかかった。
次は友人や親せき関係。
セブのオランゴ島で撮った写真をうすくコントラストをあげて背景にした。
文字のイラストと鳥のイラストを張り付けてなんとか出来上がったものの
「なんか喪中ハガキのようだよ」
などと妻と娘が言う。
でももう時間がない。
新年の挨拶と転居の挨拶を入れてなんとかデザインができた。
夜中の3時近くだった。
次の日は住所録のチェックとプリントアウトだった。
それがなかなかスムースにはいかない。
インクが切れて入れ替えたり、用紙をうまく吸い込めず何枚かがダメになった。
やっと出来上がったのが夜中の2時過ぎ。
なんでもっと早くから取り掛からないのか、などと妻の叱咤を受けながらもなんとか終わった。
眠たい顔をしながら晦日を迎え、会社に出て納会も中座して帰省した。
ほんとに慌ただしい年末だったが、今自宅(熊本)に戻り新しい年を迎えようとしている。
日々は常に動いているわけで、特に新しい年になったとしてもそれは変わらないが、けじめとしては意味があるのだろう。

本年もありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいませ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世の中はクリスマス | トップ | 新しい春 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記ふう」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。