flying couch -空飛ぶカウチ-

国際結婚・カナダでの生活・カナダ移民Q&A・ 英会話のススメ・初子育て体験etc. 日々の雑感の気ままな記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女性が町から消える日

2008-01-30 02:02:58 | つぶやき-日々の雑感-
The week the women wentという番組が始まりました。

私達の住む町からそんなに遠くないHardistyという小さな町を舞台に、町から1週間女性が全員(100人強)いなくなったらどうなるか、という模様を10話で放送するドキュメンタリー番組です。

女性陣は観光バスに乗り込み、6時間ほど離れたリゾートで贅沢な時間を1週間満喫。
携帯電話も没収され、1週間家族と連絡をとることができません。
残された男性陣は、仕事、家事、育児、と、通常女性が行っているマルチタスキングを体験することに...

もともと共働きが多いカナダ、真の意味で平等に「分業」を徹底している現代的な夫婦ならば、1週間女性がいなくなってもそれほどダメージがないはず...
しかし...このHardisty...
住民のインタビューを聞いていると、どうも我町と風土がそっくりではないですか...
そう、ずばり、「マチョ文化」が浸透している大草原の田舎町なのです。

マチョ文化とは...
男性は仕事で家をあけることが多く
休暇があればそれは「彼のもの」で「家族のもの」ではなく(たまの休暇があるかと思えば、家族をおいて、男の友人で集まって狩りに行ったり、釣りに行ったりする)
「家事」「育児」=女性の仕事
何をするにも「ビール片手」
女性がそれに意見しようものなら、「誰のおかげでこんな生活ができてると思ってるんだ。だいたい、家事、育児なんてたいした仕事じゃないだろ。」

もちろん、すべての男性がそうなのではないのですが
基本的な風土としてマチョな価値感が浸透していると
マチョではない男性のよいところを表に出してしまうと
「女々しい」
「一体ダレがパンツをはいているんだ!!(who wears the pants?)=かかあ天下だ!!」
などと周りの男性陣から言われてしまうことになります。

そんなHardistyから女性が1週間消える...
一体どんなことになるのか興味があります。

興味のある方はここをクリックしてのぞいてみて下さいな。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

What to do if you do something wrong...

2007-12-19 14:54:38 | お仕事の時間
学齢期のクライエントとの面接をクライエントの通う学校で行うことが多い私は、色々な学校にお邪魔する日々を送っています。
カナダでの学生経験が全くない私は、学校の雰囲気や慣習がおもしろいと思うこともしばしば...

学校では、ハロウィーンやクリスマス等の季節ものの飾りや、日本でもおなじみの「○○週間」なるようなポスター&それにちなんだ生徒達の作品、授業での生徒達の作品等々、色々なものがところ狭しと壁を飾っているのが目につきます。

そんな中で気になる1群のポスター達を発見...
いわゆる「教育モノ?」というカテゴリーになると思うのですが、「石けんで手を洗いましょう」とか「廊下は走らずに」とかそういうのではなく、タイトルにもあるような内容のポスター。
日本で義務教育を受けたのははるか昔なので、今の日本の学校にも似たようなものがあるのかは知りませんが、ちょっとおもしろいので1つ紹介してみます。

タイトルになっている「What to do if you do something wrong」というポスターは、ある小学校に貼ってありました。
することが順番に4つ書いてあるのですが、皆さん想像できますか?
ヒントをだすので挑戦してみて下さい。
1)Ad○○○ it
2)Ap○○○○○○○
3)Ac○○○ the C○ns○○○en○○
4)L○○○ from it

正解は...
1)Admit it- avoid blaming others or making excuses.
2)Apologize- saying you are sorry (and meaning it) helps clear the air.
3)Accept the consequences- as graciously as possible.
4)Learn from it- try not to make the same mistake again.

いやはや...
納得...
というより、学校だけじゃなくて大人向けに貼りたい場所がいくつも思い当たるのは私だけ...?...

で、私が気に入っているところは、このポスターの1番最後に漫画の吹き出しみたいなのが2つあって
「and then forgive yourself.」
「everyone makes mistake.」
と書いてあること。

なかなかやるな...

小学校の廊下でこのポスターをみて1人ニヤリとしている私はかなりあやしい...かも...
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

World Clock!

2007-08-23 11:29:16 | はじめまして
これはおもしろい!

○の中に文字が書いてある部分(NOWとかDAYとか)をクリックすると、統計が「今日」とか「今月」とかの単位にかわるので、それもまたなかなかおもしろいですよ。

お試しあれ...
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大発生×大発生

2007-07-29 07:34:49 | つぶやき-日々の雑感-

今年の夏は「蚊」が例年になく大発生!!!
去年の冬例年よりもたくさんの雪が降り、蚊が発生するのに適した水場がたくさんあったのが原因の1つといわれています。
おかげで例年よりも湿度も高め...

我家のまわりにいる「蚊」は、日本の黒くてシマシマの蚊と違って、薄茶のどでかい蚊。
さされるとちょっと痛いので、「あ」とすぐ気付き、動きもにぶくて結構簡単に捕まえることができます。
中にはあまりに大きくて「つぶすのがちょっと気持ちわるい」と思ってしまうのもいますが...

日中は彼らにとって(も)暑すぎるらしく、木陰に潜んでいるのであまり害はないのですが、夕方、ちょうど人間にとっても過ごしやすくなって、皆が庭でくつろぎだす時間にそろって登場する彼ら...
車で移動すれば、停車したとたん周りにたくさん集まってくるのが見え、ドアが開くと、わらわら中に入ってくるし、庭ですずんでいてもあんまりたくさんいて虫除けスプレーや蚊取り線香でも追いつかない...
せっかく夜10時頃まで明るくて快適な夏の夜、楽しみ半減&本当に不愉快で困っていたのです...

が....
ほんの1週間頃から、今までみたことのないぐらいたくさんの「とんぼ」が姿をみせるようになりました。
なんだか細めの茶色のとんぼなのですが、本当にいたるところに飛んでいてびっくりします。

この大発生×大発生の効果とは...

もうお気づきかと思いますが、「とんぼ」は「蚊」を食べる!!
ということで、とんぼが登場してから蚊の数がめっきり減って、その被害も少なくなりました。

自然ってすごいな...
でも、次に「とんぼ」を食べるなんかが大量にでてきたらちょっと怖いかも...

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

「人間の足指いり」カクテル

2007-07-23 08:00:50 | はじめまして
2週間休みをとってYukon(ユコン準州)やアラスカに旅行にいっていた同僚。
「研修時代を過ごした時は怖くてできなかったけど、今回はできた!」
と嬉々としていっているので何のことかと思ったらDawson Cityにある Sourdough Saloonというところで味わえるSour Toe Cocktailのことでした...

これはずばり、「人間の足の指」がはいったカクテル...
とはいっても、ミイラ化して保存してある足の指を、ウォッカ等のピュアアルコールに入れて(どのアルコールがいいかは好みで選べるらしい)飲むというもの...
で、その後は、オーナーが足の指を消毒してまた次の客がくるまで保存...
なにしろこれには、「指が唇にあたること」という決まりがあるらしく、それができるとofficial certificateをもらえるらしい...
で、そんなんもらって何になる!!??と思った人のために説明すると
この「指」はリクエストに応じて世界の各都市に出張サービスすることがあるらしく、official certificate保持者がたまたま指の出張している都市に居合わせた場合は、無料でSour Toe Cocktailを楽しめるらしい...です。
そんな確率って一体...
ちなみに価格は10ドル...

なにしろ、1973年に始まったとされる、Sour Toe Cocktail...
「初代」のtoeについては、事故で足の指を失った炭坑夫の指が初代だったとか、stampederが凍傷でなくした指が初代だったとか色々な説があるそうです。
が...現在は事故でtoeをなくした人からtoeが寄贈されてくるそうです...

興味のある人はこちらで写真がみれます...

私は...
絶対無理そう...
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日と行けなかったお葬式

2007-07-12 02:25:50 | つぶやき-日々の雑感-


先週末、私の誕生日を家族&義理の両親&義兄familyにお祝いしてもらいました。
MJは何度説明しても「my birthday」とゆずらなかったのですが、
他の人の行動をみていてようやく誰の誕生日かわかり「mommy's birthday. happy birthday mommy. open the present!」とうきうきに...(ちなみにopen the presentっていうのは過去の経験から言っているだけで、MJがプレゼントをくれながら言ったわけではないのがミソ...)
義母に好物料理を作ってもらい、お気に入りのワインを飲んで家族でいいお誕生日を過ごしました。

その翌日、日本からメールが...
大好きだった祖母が亡くなったという知らせでした。
前から容態が悪かったので覚悟はしていたものの、いざとなるとやはり辛いものです。

お通夜やお葬式に参列するために移動中の家族とはなかなか直接話せず、詳しいことが何もわからなかったのは想像以上に辛い体験でした。
そして、「喪」の作業を一人ですること...これは大変なことですね。
お通夜やお葬式を通して、故人を知る家族が「日常を止め」集まって、皆で一緒に喪の作業をするということの心理的な意味を痛感しました。
カナダの家族も一度祖母に会ったことがあって、とてもいい関係を築けたので、皆祖母のニュースを悲しく受け止めたし、私にとってどういう意味があるかもよくわかってくれたのですが、それでもこちらでは「日常は止まらず」私は一人取り残されたように喪の作業をすることになりました。

家で涙がでてしまうとMJが「mommy crying. are you done crying mommy? MJ is happy, mommy is happy, too!」と言って心配し、ハグしたりキスしたりしてくれるので、MJに心配かけたくない...と思うように涙も流せずにいましたが、2日かけてそれなりに消化したと思っていた私...

ニュースを知ってから初出勤日。
MJを預けて、一人高速にのり、お気に入りのCDをきき大声で歌いながらいつものように運転していた私。
ところがしばらくして、何かに打たれたような感覚がおき、自分の身体感覚や周囲のものの「現実感」がいっきになくなってしまって、運転しているのが自分ではないような感覚に襲われてしまいびっくりしてしまいました。
「運転してる」「運転してる」と何度も何度も大声でいいながらようやく職場に到着。自分の部屋に入るものの、とても集中できる状態ではありませんでした。
上司に話してその日の午後と翌日を休みにしてもらい、運転するのも心配だったので義父に迎えにきてもらいました。

MJは約束の時間までみてもらうことにし、家に帰って1人でじっくり喪の作業をし、その日の夜葬儀を終えて帰宅した母と電話で話して詳細を聞くと、ようやく心の状態が落ち着いたという実感ができました。
今思うと、運転中の出来事は「離人感」とよばれるもの(鬱病や統合失調症でみられることがある症状ですが、健康な人でも疲労時やストレス時で体験することがある)だったのだな...と思います。クライエントがいうのを聞くことがあっても自分で体験したのは初めてなのでびっくりしてしまいました。

行けなかったお葬式を通して、お通夜やお葬式といった慣習の心理的な意味を痛感した数日でした。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ポジティヴスイッチ☆

2007-07-02 02:29:41 | お仕事の時間

ようやく仕事や職場の人間関係に慣れてきたこの頃...
なかなか不思議な疲れ方をしている自分を発見しました...
というのも、職場では常に「ポジティヴスイッチ」がonの状態なのです...

ポジティヴスイッチがonの状態とは...
「that’s great!」「perfect!」「that’s wonderful」「thank you soo much!」等々という系列?の発言を1日に数えきれない程する状態のこと...
1日どれほどこういう発言をしていることか...
もともと「ポジティヴな職場環境が仕事のストレスを軽減し、チームワーク&仕事の効率をあげる」という共通の理解のもとで、皆で意識的にしているといえばそうなのですが、もうすっかり板についてしまっている皆と比べると私はまだまだ半人前…

まさに子育てでMJに対する私の態度と似ているといえば似ているので、MJである程度の練習ができているといえばそうなのですが...
やっぱり常にポジティヴオーラを発揮しているだけでなく、それを常にばりばり表現していくというのは、なんだかエネルギーを消費することを発見...
しかも、仕事の内容でネガティヴな事柄に触れることが多いこともあって、そのギャップがまぶしすぎる...
どうりでこの仕事を始めてからやたらとお腹が減るわけだ...

この週末、ポジティヴスイッチをほどよくoffにして休むことにします...

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ひとのあたたかさ

2007-06-19 02:31:26 | つぶやき-日々の雑感-


ここ数日、ひょんなことからひとのあたたかさに触れる機会がありました...

うちはずっとSUV1台で生活してきたのですが、私の仕事が始まったのでハーフタントラックを1台購入しました。
ということで、うちの小さな村では「我家のSUV」=「私が運転」、「我家のハーフタン」=「旦那が運転」という図が村の人の頭にインプットされているのです(我家に限らず皆誰がどの車に乗っているか知っている!)。

うちのSUVのタイヤはかなり消耗していて替え時、しかも前輪は空気がかなりなくなっていて(いれてもいれてもだめ)先週末から運転できない状態になっていて、ずっとうちの前に止めてあったのですが...

それ以来たくさんの電話が旦那の仕事用携帯やうちの電話にかかってくるように...
その用件は...
「もものSUVタイヤ交換しないと危ないよ。」
うちの周囲を通りかかった友人達が、運転歴の短い私のことを心配して電話をしてくれたのです。
感謝感謝

そして今日(月曜日:仕事は火曜日から)朝MJと一緒にぐーたらしているとドアペルが...
宗教の勧誘かと思ってしぶっていると、MJが「マミー マミー ドア!!」とドアの真ん前で叫ぶのでしぶしぶとドアをあけると、みたことのない男性が...
どっかでみたことが...と思っていると、彼はうちの前の建設中の家で働いている大工さんで、直接の面識はないものの、いつも出勤時やMJと外で遊んでいる時に顏をみると手を降ったりしていた人でした...
彼の用件も同じ「いつも朝あのSUV使ってるみたいだから、高速に乗ったりする前に言っておこうと思って...」とタイヤのことをわざわざ言いにきてくれたのでした。

なんとまぁあたたかい人達...
なんともありがたいことです


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

契約とgenogram

2007-06-17 06:00:20 | お仕事の時間

お仕事デビューしてからの初の週末がきました。
ほ。

デビューしてみると、同僚はすべて女性で皆ポジティブなエネルギーに溢れていてフレンドリー♪
上司にも恵まれて、私自身ものびのびと学び&すくすくと?育っていけそうな環境で安心しました。
心配していたMJもかなりスムーズに「預けられ慣れ」?し、ほ。
しいて言えば、一番適応困難を示しているのは愛する旦那!!です。
今までも仕事デビューを応援してくれていたものの、実際「ばりばり(すごい表現!)働く妻」を持つのに慣れるのは少し時間がかかりそう...

仕事の内容に関して日本と絶対的に違う!!と思ったのがカウンセリングを始める前の「契約」の多さ。
未成年の場合は保護者の同意のサインがいるし、同じ「守秘義務」の範疇にある事柄についても「報告の義務」があること(自他に危害を加える危険や、虐待の疑いがあったり、犯罪に関わっている疑いがある場合等)への同意のサイン、うちの機関とどこの機関が情報を交換します、ということへの同意のサイン、どのスタッフが書類を共有する、ということへの同意のサイン等々...細かいのなんの...
とにかく、カウンセリングを始める前に契約の嵐...
数ある契約の中で、どれが欠けていてもカウンセリングを初めてはいけないのです。
しかも、裁判所の要請で書類を提出しないといけない場合も考えて、各書類の記入の仕方についても「ポリシー」の嵐で、初日はどーんと分厚い「ポリシー」本を渡されて、ひたすら読み、「理解した」というサインをし...で終わりました...
「リスクマネジメント」についてもあらゆる場面が想定されていて読んでておもしろかったです。

実際のクライエントの事になると、その内容は思ったよりハードそうです。
その事を端的に表現するのに最適なのが「genogram」
これは最初の方の面接で入手するのが一般的なのですが、今まで日本で働いていた時にはこんなに複雑なgenogramはみたことがない!!!
両親の離婚、別居、数々の同棲関係から始まって、異父兄弟や異母兄弟の存在(兄弟皆片親でしかつながってないケースもたくさんある)、両親の問題で他の親族に親権がある場合、「生物学的」な両親とそうじゃない両親の存在等々、本当に「家族」が複雑....
上司に「genogram書ける?」と聞かれて何も考えずに「はい」と答えてから、実際のサンプルをみせられ「書けません!!参考文献下さい!」と言ってしまいました...

最初はしばらくカルチャーショックを受けそうですが、いい同僚に囲まれていることがわかって一安心。
とはいっても、やっぱり久しぶりの社会復帰?で緊張していたせいか、1週間が終わると爆睡してしまいました...


コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

2年前の贈り物...

2007-06-11 09:54:37 | つぶやき-日々の雑感-

うちの書斎のクローゼットの中には引っ越す前からの「開かずの箱」が何箱か眠っていました...
中には書類やレシート等の「紙類」がごちゃごちゃ入っているのだけは覚えていたものの、実際捨てたりファイリングしたりするのがどうもめんどうでそのままに...
でもいくらんでも約3年もほったらかしはまずいだろ...
と気を取り直して整理したのが火曜日のこと。

するとなかなか思い出深いものがでてきたり
「はて?なんでこんなものとっておいたの?」ていうものがでてきたり...

その中で輝いていたのが「エステのギフトチケット」
日付をみると2005年の誕生日に旦那が私にくれたものでした。
すっかり忘れてた...
エステ、とはいっても、いつもいく美容院のエステ部門(日焼け、ペディキュア、マニキュア、ワックス等がある)のことで、みると「ペディキュア/マニキュア」とあり、使用期限が空白になっているではないですか。
これは確認する価値あり!
2年前のチケットがまだ使えるのか電話確認すると大丈夫ということ♪
ラッキー♪
さっそく昨日(土曜日)予約していってきました。

MJは隣町の友人宅に預け、仲良しの女の子2人と遊べるとあって大喜び。
「ペディキュア/マニキュアってことは、どっちか1つ選ぶってことだから1時間ぐらいだろ...」と思っていそいそでかけていくと、「これ、両方ってことよ」といわれ、結局2時間半かかってたっぷりパンパーしてもらいました☆

それにしても...
実はペディキュアもマニキュアも人にやってもらうのは初めての私...
「こんなことまでやってくれるの?」といちいち大喜びしていたら笑われてしまいました。
いつもたくさんのお客さんで予約がいっぱいらしい...です。
最後には椅子で寝てしまった私...
本当に気持ちよかった...

最後の支払い時に2年前の価格と今の価格との差額を15ドル払うことになっていたのですが、デビットカードでの支払い時に「 ティップを入力して下さい」という表示がでて「あれれ、ギフトチケットに価格がなかったからティップの値段がわからん...」そこで、「これいくらのサービスだったんですか?」と聞いてびっくり!そんなに高いのねぇ...初心者としてはちょっと衝撃的...
職業選択を間違った!!!と真面目に思った瞬間でした...


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加