私の日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米大使の参列「誇りに思う」 国務長官、核軍縮にも言及

2015-08-06 17:23:37 | 日記
 マレーシアを訪問中のケリー米国務長官は6日、岸田文雄外相と会談し、広島で開かれた原爆投下70年の平和記念式典にケネディ米駐日大使やゴッドメラー国務次官が参列したことについて「誇りに思う」と語った。その上で、米国やロシアなどが核軍縮を進める必要性を強調した。
米国務省によると、ケリー氏はクアラルンプールで開催されている東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議の合間に、平和式典の映像を見て、安倍晋三首相の演説も聴いた。

 岸田外相との会談の冒頭、米国人記者が原爆の日について尋ねると、ケリー氏は「この日の大切さについて思いをいたさざるを得ない」と答え、ロシアなどとともに核兵器削減に努力する考えも示した。

 また、原爆投下当時の経験を語った女性被爆者についても触れ、「戦争後に和解を成し遂げられることを示す偉大な証人である」とも語った。ゴッドメラー氏は、米国務次官として初めて式典に参加した。
夏休みの自由研究で、親が子どもに言ってはいけない一言とは――。「テーマが見つからない子どもへの接し方」などを尋ねた前回に続き、早稲田大学教育・総合科学学術院の露木和男教授に聞きました。
安倍晋三首相は6日、広島市の平和記念式典でのあいさつで、「『核兵器のない世界』の実現に向けて、一層の努力を積み重ねていく決意だ」と述べる一方で、「非核三原則」について言及しなかった。政府側は「三原則は国是。方針を変えたわけではない」と説明しているが、民主党からは批判の声が上がった。
 非核三原則は、核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」という日本政府の基本方針。1967年に佐藤栄作首相(当時)が表明し、歴代政権が継承している。安倍首相も過去に出席した同式典でのあいさつでは「非核三原則の堅持」に言及してきたが、今回は見送った。
 これに関連し、民主党の蓮舫代表代行は6日の記者会見で、「戦後70年の節目に三原則に触れないのは『もしかしたらこれを変えるんじゃないか』との懸念が生じる」と批判。さらに安全保障関連法案審議で中谷元防衛相が核兵器輸送は法律上可能との認識を示したことに関し、「首相の発言とどうしても関連付けてしまう」と指摘した。
 一方、菅義偉官房長官は6日の記者会見で、「非核三原則はある意味で当然で、全く揺るぎないことだ」と述べた。
中国の王毅外相は6日、クアラルンプールで岸田文雄外相と会談した。王外相は、抗日戦争勝利70年であることに言及した上で、歴史問題に関して「中国人民や国際社会が関心を持っている」と述べ、中国の立場を伝えた。会談後、記者団に語った。
 王外相はこのほか、安全保障関連法案を念頭に「日本の軍事・防衛政策に非常に大きな変化が生じており、近隣諸国の懸念を引き起こしている」と指摘した。

終極痩身

威哥王
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米大使の参列「誇りに思う」 国務長官、核軍縮にも言及

2015-08-06 17:23:37 | 日記
 マレーシアを訪問中のケリー米国務長官は6日、岸田文雄外相と会談し、広島で開かれた原爆投下70年の平和記念式典にケネディ米駐日大使やゴッドメラー国務次官が参列したことについて「誇りに思う」と語った。その上で、米国やロシアなどが核軍縮を進める必要性を強調した。
米国務省によると、ケリー氏はクアラルンプールで開催されている東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議の合間に、平和式典の映像を見て、安倍晋三首相の演説も聴いた。

 岸田外相との会談の冒頭、米国人記者が原爆の日について尋ねると、ケリー氏は「この日の大切さについて思いをいたさざるを得ない」と答え、ロシアなどとともに核兵器削減に努力する考えも示した。

 また、原爆投下当時の経験を語った女性被爆者についても触れ、「戦争後に和解を成し遂げられることを示す偉大な証人である」とも語った。ゴッドメラー氏は、米国務次官として初めて式典に参加した。
夏休みの自由研究で、親が子どもに言ってはいけない一言とは――。「テーマが見つからない子どもへの接し方」などを尋ねた前回に続き、早稲田大学教育・総合科学学術院の露木和男教授に聞きました。
安倍晋三首相は6日、広島市の平和記念式典でのあいさつで、「『核兵器のない世界』の実現に向けて、一層の努力を積み重ねていく決意だ」と述べる一方で、「非核三原則」について言及しなかった。政府側は「三原則は国是。方針を変えたわけではない」と説明しているが、民主党からは批判の声が上がった。
 非核三原則は、核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」という日本政府の基本方針。1967年に佐藤栄作首相(当時)が表明し、歴代政権が継承している。安倍首相も過去に出席した同式典でのあいさつでは「非核三原則の堅持」に言及してきたが、今回は見送った。
 これに関連し、民主党の蓮舫代表代行は6日の記者会見で、「戦後70年の節目に三原則に触れないのは『もしかしたらこれを変えるんじゃないか』との懸念が生じる」と批判。さらに安全保障関連法案審議で中谷元防衛相が核兵器輸送は法律上可能との認識を示したことに関し、「首相の発言とどうしても関連付けてしまう」と指摘した。
 一方、菅義偉官房長官は6日の記者会見で、「非核三原則はある意味で当然で、全く揺るぎないことだ」と述べた。
中国の王毅外相は6日、クアラルンプールで岸田文雄外相と会談した。王外相は、抗日戦争勝利70年であることに言及した上で、歴史問題に関して「中国人民や国際社会が関心を持っている」と述べ、中国の立場を伝えた。会談後、記者団に語った。
 王外相はこのほか、安全保障関連法案を念頭に「日本の軍事・防衛政策に非常に大きな変化が生じており、近隣諸国の懸念を引き起こしている」と指摘した。

終極痩身

威哥王
コメント
この記事をはてなブックマークに追加