セカンドライフ 

歳を重ねるのも悪くはない

ヤクルト飲料

2016-12-07 | セカンドライフ
  昨年の今頃は、ピロリ菌による胃の調子悪さに参っていたっけ。胃カメラの検査の出来るクリニックを紹介して頂き、内部を丁寧に見せて頂き、説明を聞いた。食欲もなく、これでお正月が迎えられるかと、膨らんだ様な気分になった胃を抑えながら食事が喉を通らず泣きそうだった。頑張ってドクターの説明を聞いていた。「胃の内部の荒れ具合を丁寧に説明され、具合の悪さが分かりホッとして、ピロリ菌退治の薬を1カ月呑み、その後の血液検査で、「退治できました」と言われ肩の力が抜けた。こんな時のドクターって、救う神なので有がたや 有がたやと手を合わせてしまう存在。相当傷つき荒れていたので「一年間優しくして上げて」と言われて、考えた物はヤクルトの[特定保健用食品]と書いて有る飲料。朝はBF-1(胃で働くビフィズス菌)、夜はヤクルト400LT[生きて腸で働く乳酸菌シロタ株]。気休めの様な気もしたけど何もしないのも心もとなくて。真面目に飲み続けて1年経った。最近何だか調子が良いと自覚する日が多くなった気がする。個人差は当然あると思うけど、これで更に調子が良く成れば昨年の辛かった事が取り返せるってわけ。果て?どんな物かな?
      
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茅乃舎だし | トップ | 絵本作家 のぶみ君 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takinee)
2016-12-09 10:58:37
良いものを飲んでいらっしゃるのですね。
私もピロリ菌と言われたときは一生懸命
なんとか21というのをのんだのですが・・・・。
そういえば結果も聞かないうちに時が過ぎて
しまいました。慎重に対処していらしてお偉いです。
コメント御礼 (aine)
2016-12-09 11:58:47
takinee様有難うございます。
ピロリ菌の事は、千差万別そうです。
分布は東南アジア圏や欧州にも有るのだそうです。
一概にこれと言う決め手は無い様で。
それで、よしんばピロリ菌がいても、症状の出る人、全くでない人
色々なんですってよ。なので余り神経質にならない方が良いかも…と。
私はね、医師の指示ではなく、自分で決めた(飲料)のです。
一年間様子を見てみようと思ったわけです。
薬じゃないからいいっか-、と言った判断です。
一年経て、楽になった気がしているのです。

コメントを投稿

セカンドライフ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。