セカンドライフ 

歳を重ねるのも悪くはない

書道サークル忘年会

2016-12-20 | 書道
  
  午後から書道のお稽古の後、場所を移動し恒例の忘年会会場へ。今日は元気印さんが風邪でダウン、他にも体調の悪い人が居たり…まあ年末と言う感じ。それでも先生を囲んで和やかな忘年会が出来て良かった。何時も先生が差し入れして下さる小筆、大分行き渡って、残り3人となった。頂くと先生に肖れる気がして嬉しい物だ。先生はこの後、他のサークルの忘年会も入っていると笑顔が絶えなかった。それでもお食事は美味しい美味しいと、召し上がって下さった。

驚いた事は、几帳面さんと言われている男性が持って来た物。それは、此れまで先生が書いて下さったお手本を全て、A4サイズにコピーし和綴じ(ワトジ)の、冊子5冊にし持参された。何ときれいに綴じてある。見るからに1㎜のずれも無く皆で感心するばかり。帰宅し直ぐに検索してみると、日本って凄いね、やっぱり手先の器用な国民と言われる所以が理解できた。私から見ると驚くべき芸術と思えた。私には、絶対無理だけど…。彼は「誰でも出来るよ」と事も無げにおっしゃった。
  《和綴じサンプル

種類も色々なのね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母と娘の会話 | トップ | 中学校1英語教室Ⅸ・Ⅹ(了) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yoshiko)
2016-12-21 09:24:08
楽しそうな忘年会ですね。先生もお喜びのことでしょう。
それにしても几帳面な方がいらっしゃるものですね。
先生のお手本、きちんとまとめられて素晴らしいです。
コメント御礼 (aine)
2016-12-21 11:15:16
yoshiko様有難うございます。
こうした行事の一つ一つが、無事に終わる事が
一年間の締めくくりになり、顔をそろえて終了!と言うのは
何よりホッとする事です。
こうして又新年が迎えられる事が人生の続きなんだな~と思います。

几帳面な彼は、臨書も何時も先生に褒められています。
メンバーの展覧会の作品を纏めて一枚に
整理して下さったり…女性にはない発想で驚かされます

コメントを投稿

書道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。