アートインナガハマ★スタッフのブログ

毎年10月の第一土・日曜日に開催の「アートインナガハマ」のイベント情報と事務局スタッフの日常を綴ってまいります。

長浜曳山まつり2017

2017-04-14 13:42:28 | 日記

皆さま、こんにちは。

いよいよ明日 本日(ほんび)を迎える「長浜曳山まつり」

祭りは4/9より一週間続きますが、なかでもクライマックスは

明日 長浜八幡宮から始まる奉納狂言、そして道中各所にて上演の子供歌舞伎、

そして最後に4基全てが揃い灯りが入った中で上演する、夜のお旅所での子供歌舞伎。

今日は、各出番山の山組町内にて行う自町狂言が午前中行われました。

  

当法人の通り「ゆう壱番街商店街通り」にあります「諌故山」が今年の出番山。

私、町内の特権を活かし(笑)、午前中の自町狂言を堪能してまいりました。

毎年、一つの出番山を観ておりますが、今回、初めてかぶり物が登場しました!笑

過去にもあったかもしれませんが、私には珍しく 毎年色々と工夫されているなぁと

感心します。

今回の諌故山の演題は「花祭長浜城(はなのまつりながはまじょう)」

あらすじは こちらをご覧くださいませ!

それにしても、片岡愛之助主演で2014年に開催されている歌舞伎を

長浜曳山まつり版にアレンジされたというこの歌舞伎。

セリフや子役の仕草が何とも可愛らしく面白い。そして、最後の最後まで

長浜曳山まつりにこだわったセリフで締めくくられた演出が本当に素晴らしい

皆さま、ぜひ「諌故山」をご贔屓によろしくお願い申し上げます

ところで、昨年ユネスコ無形文化遺産にも登録されました「長浜曳山まつり」の

伝統文化継承について、少し調べてみました。

私がブログを書き始めてから、毎年長浜曳山まつりを取り上げておりますので

重なる内容もあるかもしれませんが・・・

まず、伝統文化を継承するという事がいかに難しいか

伝統文化に絞らなくても、今まで脈々と続いてきた行事やしきたりなどが

どんどん簡素化されたり形を変えたり、消滅したりしている現代。

急激な時代の流れの中で、少子高齢化や人口の一極集中化など

複数の要因も重なり、とにかくすべての伝統文化や行事で問題となるのが

その担い手がいなくなっているということでしょう。

長浜曳山まつりでは、いち早く1971年にシャギリ保存会を発足し

今まで口頭で伝授してきたシャギリを五線譜に採譜し、絶えかけた伝統の音を復活させ、

更に男文化の色彩の強かった祭りに、女の子の参加の道を作りました。

次に1990年に三役修行塾を設立し、子供歌舞伎に欠かせない

太夫や三味線ができる人材育成を始め、今では4基全てが自前で

揃えられるほど成果が上がっているとのこと。

また、長浜曳山博物館設立(2000年)と同時に設立された伝承委員会では

市民や学生など一般市民を対象とした講座や曳山文化教室などを開催し

広く普及と理解を求めて活動されています。

そして、昨年ユネスコ無形文化遺産に登録されたのを機に、長浜市にある

長浜バイオ大学が、曳山まつり本日(ほんび)4月15日を休講日に決定し

長浜に通う学生たちに、ぜひ曳山まつりを観て地域に受け継がれてきた

文化に触れるとともに、まつりの担い手に参加するきっかけにしてほしいと

大学としての協力体制を表明してくださいました。

このように、様々な方々の知恵やリーダーシップ、活躍により、400年を超えて

脈々と受け継がれる伝統文化が維持されているのです。

「長浜曳山まつり」 地元の方はもちろん、ぜひ多くの方々に観ていただきたく

思います。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アスリートの引退

2017-04-12 15:04:41 | 日記

皆さま、こんにちは。

今週に入り寒の戻りで、寒がりの私は、未だにダウンコートを着ての出勤と

なっております

今週末、いよいよ長浜市ではユネスコ無形文化遺産に登録された

「長浜曳山まつり」が開催されます。

長浜曳山まつりは、神事であるため観光客向けに曜日の変更はなく

毎年 本日(ほんび)は4月15日と決まっております。今年はたまたま

週末と重なり、昨年11月のユネスコ無形文化遺産登録とも相まって

かなりのお客様がお見えになるのではないかと思います。

このところの寒の戻りで、少しお天気が心配でしたが、

明日以降は回復し、週末は行楽日和となりそうです

皆さま、安心してぜひ長浜曳山まつりに足をお運び下さいませ

さて、本日はタイトルにも書いた通り アスリートの引退について

考えたいと思います。

2日前、フィギュアスケートの浅田真央ちゃんが引退を発表されました。

本日、お昼に会見も開かれたようです。

私がこんなにフィギュアスケートをTV観戦するようになったきっかけは

やっぱり真央ちゃんの登場だったと思います。

それまでも、年末にNHK杯など放映されていましたが、それほどの

関心はありませんでしたし、オリンピックでも日本選手の活躍が

現在ほど目覚ましくなかったこともあり、マスコミ的にもそれほど関心が

無かったのではないでしょうか。

ところが、真央ちゃんの登場により、試合のTV中継を始め私生活の話題まで

ずい分マスコミで取り上げるようになり、フィギュアスケートの認知度や

その環境・スケート人口の増加等、多大な影響を与えることとなりました。

彼女の競技人生を語るとき、4年に一度の五輪は切り離せない存在でした。

まだ怖いもの知らず・伸び盛りの15歳の年に開催されたトリノ五輪。

年齢制限で3ヶ月足りず出場が叶わなかった五輪。始まりはここからかな。。

そして、少女から女性へ体型や精神面が変化を迎えた19歳バンクーバー五輪。

金メダルのキム・ヨナ選手は素晴らしかったけれど、真央ちゃんが

自分で会心の演技と胸を張れる滑りができていれば・・

そして前回23歳で迎えたソチ五輪。ショートプログラムの転倒なく、

完全燃焼できていれば・・結果はまた違ったのかな?

 

プロ、あるいはプロに限りなく近い形で競技しているアスリートにとっては

生涯現役などあり得ないのですから、引退は必ずどこかで経験します。

ほとんどの競技で、アスリートで活躍する期間より、引退後の人生の方が

はるかに長い。そのはるかに長い引退後の人生を自分らしく歩んでいくために

どのような気持ちで引退を決断するかあるいは、どんなタイミングで

フィギュアスケートでいえば、荒川静香さんの引退のタイミング

そしてプロ野球でいえば、広島カープの黒田博樹投手の引退のタイミング。

一般的に見て、彼らの事例がベストな引き際であり、そのタイミングだったからこそ

引退後、充実したセカンドキャリアを築いている。と私は勝手に想像していました。

でも、彼女のブログの報告では、ソチ五輪で引退していたら、逆に

今も選手生活に未練を残していたかもしれない胸の内が書かれていました。

アスリートにとって、引退を決断するタイミングや気持ちについて

真央ちゃんは、改めて私に示してくれました。

最高の形で競技生活を締めくくることができなくても、自分が納得して終わることが

いかに大事で、自分が納得して終わるからこそ、第二の人生を

歩き出す勇気や決意が生まれるんだろうなぁ~と。

真央ちゃん、今までお疲れ様でした。そして今後も変わらず

真央ちゃんの新たな分野での活躍を期待しています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度始まりましたが・・

2017-04-07 13:17:20 | AIN

皆さま、こんにちは。いよいよ2017年度が始まりました

しかしながら、我々アートインナガハマ(以降AIN)

並びにNPO法人ギャラリーシティ楽座は、例年 動き出しが遅く

まだ「よいしょ」と立ち上がったばかりでしょうか

先週始めに、AINプロデューサー会議が開催されましたが

こちらの会議は、AINの開催についての議題ではなく、

長浜市のある取組みの一環にAINとして何かのお手伝いができるのか否か

という議論で、いつもの会議とはちょっと違った観点からの議論となりました。

ところで、毎年出足の遅いAIN事務局ですが

他の同イベント事務局の動きはどんな感じだろう・・・と、

ふとこちらのサイトを拝見すると、ひゃ~~

皆さん、はやっ

同じ時期に開催するアート・クラフトイベントの募集期間を

下記にまとめてみました開催時期は10月7日~8日辺りを限定


 

第9回那須あ~とクラフトフェア(栃木) 募集期間:4月~5/31

八ヶ岳クラフト市(長野)          募集期間:  ~3/13

第10回多摩クラフトフェア(東京)    募集期間:  ~5/15

杜の都クラフトフェア(宮城)        募集期間:5/1~5/31

クラフトフェアin北竜湖(長野)      募集期間:6/1~6/30

金津創作の森20回クラフトマーケット 募集期間:  ~6/9


 

これらのイベントは、2017年版に更新されているイベントで、

昨年AINと同時期に開催され、まだ更新されてないイベントも

いくつかあります。

当イベントはといえば、募集期間は7/1~7/31です

皆さん、早過ぎませんか?それとも、当イベントが遅すぎる?・・

作家の皆さんは、同じ時期に開催されるイベントについて

どのような基準で、出展するイベントを選ばれているのだろう・・・

毎年行っている作家アンケートの結果を振り返ると

AINに出展されるきっかけは、「知人に勧められて」「HPを見て」

多数意見でした。

更にAINに2回以上出展してくださった方について、その理由を尋ねると

「長浜が気に入ったから」が圧倒的に多く、次いで「商店街のブースが好き」

「来場者が多いから」 「居住地から近いから」と続きます。

上記の出展理由を素直に受け止めると、募集期間に関係なく

長浜で開催するAINに出展しよう!と予定を立てていただいているのかなぁ

とりあえず長浜市では、今月は ユネスコ無形文化遺産にも登録された

長浜曳山まつりが終わらないと、すべての行事が始まらないほど

重大な行事を控えており、更にAINスタッフの数名も長浜曳山まつりに

関わっていることもあり、他のイベントのように、出足を早くすることは

ムリなようです

今年度もマイペースに取り組んでまいりますので、

どうぞよろしくお願い申し上げます

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度!でもその前にプライベートネタ☆

2017-04-02 11:33:57 | 日記

皆さま、こんにちは。いよいよ新年度に突入です。早いですねぇ

私はというと、先月より定期業務に戻り、ボチボチと冬眠から目覚め

体を慣らしているところです(笑)

その間、プライベートでは、3月初めと終わりにLIVE演奏の

機会をいただき個人的には充実しておりました。

2回のLIVEの雰囲気が両極端で一つはアットホームな雰囲気。

 

もう一方は公式な祝賀会の会場なので正直 楽しむ余裕はなく

とにかく「貴重な体験をさせていただきました!」という

一言に尽きます。

さて、年度末の3月31日は息子の誕生日でした。

息子の誕生日のことは、18歳の誕生日 16歳の誕生日 など、

折に触れ 記録も兼ねて綴っております。

家族4人揃ってバースデイケーキを囲んでいた頃が懐かしい・・

近年は、家族4人が揃わないことが当たり前になってきて

今年の誕生日も息子と二人でお祝いしました。

これだと誕生日という雰囲気は全く感じられませんね

ところで、地元長浜で 週末だけ塾のバイトをしていた娘は、

3月末をもって塾のバイトを辞め、バイトは下宿先の居酒屋バイトのみとし

学業と吹奏楽団のサークル活動を充実させることとなりました。

貴重な学生時代です。それに相応しい経験を積み重ねていってほしい・・

それは娘にも息子にも同じ気持ち。

二人とも親の願いを重々感じているようで、新学期からは二人とも

それぞれの目標を掲げて進み始めました。頼もしいなぁ~

私も子供たちに負けないよう、目標をもって仕事にプライベートに

取り組みたいと思います

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16年振りの買い替え

2017-03-21 13:49:55 | 日記

皆さま、こんにちは。

春分の日も過ぎ、3月もあと10日となりました。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」とは うまい表現で、

皆さん、同じように感じていらっしゃるのかな?笑

さて、今月初めに我が家のエアコンの調子が悪くなり、

温度・湿度コントロールがうまくいかなくなりました

新築時に設置して16年。メーカーに問い合わせたところ

もう修理部品も無いとのことで、先日、エアコンを買いに出かけました。

リビングのエアコンなので、そこそこお値段も張りますが、

ちょうどこの時期は エアコンの新製品が出る前のタイミングらしく

普段よりは お得に購入できたようです

3連休に取り付けに来ていただき、我が家で一番新しい

電化製品の仲間入りとなりました

ところで、こちらのリモコン機能がありすぎて使いこなせるのか

ちょっぴり不安です。。笑

3年半前に、当事務所で買い替えたエアコンがこちら

偶然、同じパナソニックでしたが、リモコンの簡素なこと

機能を付け加えすぎるのも、どうなんでしょうねぇ・・・笑

まあ、私が使いこなせれば問題ないのですが

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運送業界の悲鳴。。

2017-03-07 19:34:12 | 日記

皆さま、こんばんは。本日2回目の投稿は私的な内容です。

本日、たまたま お知合いより時間指定での荷物が届くことに

なっておりました。その荷物を待っている時に 

ちょうど流れた夕方のニュース番組がこちら

このニュースの途中で「ピンポ~ン」とインターホンが鳴り

こちらの荷物が届きました

私もよく利用する宅急便。職場まで取りに来ていただいたり、自宅へ

届けていただいたり、時間も指定できることから、本当に『至れり尽くせり』の

運送業界。 

ただ、この業界の方々の苦労・努力がもう限界にきているのは、

利用している私たちも感じているところでもありました。

今回の 私とお知合いの品物の受け渡しのように、届く時間がわかっているものから

サプライズの贈り物のように、届く時間を(あるいは届く事を)

わかっていない場合、あるいは昨今、仕事等で遅くまで外出していて

帰宅の遅い方々も多く、運送業務には様々な事情が重なり

その結果起こり得る『不在で受け渡しができない』というマイナス面を

運送業界のみが負うのは、確かに限界なのだと思います。

結果、運送業界の値上げや再配達に一定の追加料金を課すことも

一案だと思います。

私たち利用者は、便利さを享受している身として、このシステムの継続に

少しばかりの協力を惜しんではいけない。

少なくとも 私は協力することに賛成派です。

皆さんは いかがお考えでしょうか

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通常勤務に戻りました!笑

2017-03-07 15:05:47 | 日記

皆さま、こんにちは。3月も はや、一週間が過ぎました。

3月に入りようやく通常勤務に戻り、平日毎日出勤している私ですが、今のところ

年度末の事務処理のほか、特にアートインナガハマについての情報もなく

ブログの更新も放っておりました

ところで、前回更新のあと 世の中では金正男暗殺という とんでもない事件が起こり、

この現代に こんなことが起こるのかと衝撃を受けましたが、

国内に目を向けても、毎日色々なことが起きますね

さて、3月に入り、ボチボチ(といっても まだ3件ほどですが・・笑)メールにて

アートインナガハマ2017の出展申込みのお問合せをいただいております。

皆さまにお答えしておりますが、募集要項並びに出展申込み書は

毎年6月末頃にアートインナガハマHPに掲載いたしますので、

申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上

郵送にてお送りくださいますようお願い申し上げます。

郵送先:〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町14-23

       長浜芸術版楽市楽座運営委員会 宛

まだまだ先の話ですので、またその時々にご案内いたしますね

次回は個人ネタでもアップしようかなぁ・・

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悩み。。

2017-02-24 00:21:15 | 日記

皆さま、こんばんは。2月もあと一週間で終わります。

今年は何度か 大雪に見舞われ通勤・通学にも大いに影響を及ぼしました。

今週に入っても、気温は春と冬を行き来していて、

なかなか体調管理が難しい天気が続きますね。。涙

そんな中、今週末 父の3回忌法要を行います。

今回は、私の悩み事を記録として書き留めておこうと思います。

昨年の今ごろ、父の一周忌を行った時も妹と二人で、色々と話し合いながら

行いましたが、今回も二人で相談しながら、準備を進めてきました。

父の一周忌法要の時も、この先どのように法要を行っていくのか

先のイメージが湧かないままですが、無理のない程度で、できる範囲で

行っていこう。。と話し合いましたが、今回は伯母・叔母さん二人にも

了解を得て、私と妹の家族だけのお参りとさせていただきました。

母が亡くなってから、お正月に実家に集まることもなくなっていましたが

今回、両家族が全員予定を合わせてお参りしてくれるので、久々に

2家族揃って会食を予定しました。

ところで、SNS等で丁寧な法要を行っている方々を拝見すると、

私たちの考え方や選択に、ある種の罪悪感・薄情さを感じ

常に悩みの種となっています。

法事の意義について、両親と私たち(私や妹)とは

考え方が大きく違うことも影響し、両親が行ってきたような気持ちで

法事を捉えることができません。

時代もこの手の問題について、急激な変革期を迎えているようで

これが正しい!とか、これは間違っている!といった問題ではなく

あくまで個人の気持ちや捉え方が基本となるようなところも

心が揺れる一因です。

急速な少子高齢化を迎え、このような問題は、今後

どうなっていくのだろう・・・

また一年、悩みながら過ごしていくんだろうなぁ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪の中、表彰式に出席!

2017-02-13 16:21:47 | AIN

皆さま、こんにちは。

先週末の大寒波、皆さまの地域では被害などありませんでしたか?

こちら長浜市では、1月の大寒波に続き

3度目の大雪となりましたが、除雪対応もしっかりと対策され

大きな被害も出ずに乗り切ることができました

関係各所の方々、誠にありがとうございます

さて、そんな大雪のなか、昨日ある表彰式が開催されました。

先月お伝えしましたこちらの賞「賞をいただきました~」

アートインナガハマスタッフを代表して、会長をはじめ

プロデューサーを合わせ6名で参加してまいりました。

会場は大津プリンスホテル。

長浜市を出発する時は大雪のなかでしたが、大津市の会場に到着すると

同じ県と思うほど、良く晴れていて雪も全くありませんでした

 

表彰式を前に基調講演があり、その後 表彰式・交流会へと

続きますが、基調講演の内容が 私たちスタッフをはじめ

アートインナガハマにご出展の作家さん・お客様にも

興味のありそうな内容でしたので、少し触れたいと思います。

演題:「文化はムダではない」 

講師:津田和明氏(サントリー㈱元副社長)

文化という響きは堅苦しくもあり、具体的イメージの湧きにくい

ものです。その文化にについてムダではない!という強いメッセージ。

人が生きていくために必要な3要素として、「衣・食・住」が

挙げられますが、それらと比べると生きていくために必要!と

いうものではありません。しかし、人間らしく生きるためには

欠かせないものであり、体と心の育成の心の部分に働きかける

大切な要素であると、津田氏は力説されました。

また、例えば体に必要な栄養素(食)は、誰もが同じであるのに対し

心を育てるもの(文化)は一律ではないことも、文化を理解するために

重要であり、文化の特徴でもあるということです。

私は、特に音楽面(音の響きやメロディ等)で心が揺さぶられることが

多いのですが、ある人は それが絵画であり、造形物であり

ダンスや舞いであり、演劇であり!と、心に響くものは多種多様なのです。

その多種多様な文化に触れることで、人は 生き物から

人間という道徳心を持った高尚な人間へと成長する。

よって、文化はムダではなく、「衣・食・住」並みに

心を育てる重要なファクターであると結論づけられています。

講演の中では、まだまだ実例を挙げながら文化活動の

意義を力説されていらっしゃいました。

文化を起点に経済活動に繋がることもたくさんあり、文化(活動)には

心を育てるだけでなく、十分経済的効果も生みだすことも

力説されておられたことも加えておきます

この講演会のあと、いよいよ表彰式

さらに、その後 交流会にて色々な団体のかたと歓談させていただきましたが

皆さん アートインナガハマをはじめ「長浜市」の取組みに

大変好印象で「長浜市は活気がある!」「イベントが次世代に

継承されていて、お手本にしたい」等、お褒めの言葉をいただきました。

今年31周年を迎えるアートインナガハマというイベント。

この「文化で滋賀を元気に!賞」を励みに、今年も出展者・お客様・

スタッフにとって心の栄養となる素敵なイベントになるよう

取り組んでまいりますので、ブログをご覧の皆さま、

ご声援をよろしくお願い申し上げます

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プライベートネタ1

2017-02-05 21:39:32 | 音楽

皆さま、こんばんは。

前回ブログを更新してから、はや10日あまり過ぎました。

今年度の全企画展を終了し、急ぎの事務作業も無いので、

2月に入っても引き続き、不定休となっております。

その間、2・3件の留守電が入っており、お問合せのお客様には

大変申し訳なく存じますが、ぜひメールにてお問合せ下さいませ

メール:art.in.nagahama@gmail.com

さて、特別お知らせする要件も無いので、記録を兼ねて

プライベートネタを更新してまいります。

ちょうど、1月最後の土曜日(1/28)。市内のある会場にて

今年初のバンド演奏を披露してまいりました。

この演奏については、年末に決まっておりましたが、なんと

思いがけなく2週続けて週末に大雪に見舞われ、バンド(合同)練習ができず

演奏会の直前に一度合わせるのがやっと・・・

すごい不安な気持ちの中での演奏でしたが、

何とかステージ披露することができホッ

昨年4月に上記写真のD-DECKという持ち運びできる

キーボード(エレクトーン)を購入したことがキッカケとなり

こうして人前で演奏する機会をいただき、私にとって

仕事とは別の緊張感・やりがいを感じています。

せっかく人前で披露する機会をいただいているので

ちょっとずつ緊張感を楽しめるように、慣れていきたいと

思います

今年も、仕事にプライベートに頑張りますので

関係者の皆さま、よろしくお願いしまーす

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加