あいまる日記

日常に思ったことを綴っています。
命あることに感謝ー。

素直な息子から

2017-08-10 12:52:55 | 日記
息子は、年々赤ちゃん返りしているような感じです。

小学生や中学生の頃は、ベタベタ甘えるようなことはありませんでした。
それが高校生になり、少しずつ甘えるようになりました。

大きなきっかけは、私が癌になったことのように思います。
それまで離れたことがありませんでしたが、お互い入院により1ヶ月近く離れることになりました。

その間、息子も随分悩んだようでした。
寂しくて泣いたり、苦しんだり、、、。

でもその時の良い思い出もあるようです。
「お父さんが毎週トラックに乗って会いに来てくれた。」と今も話しています。

退院して自宅に戻ると、息子はそれはそれは甘えてきました。
「お母さん、お母さん♪」

けれど、放射線治療の間は、息子を抱き締めることを禁止されていました。
そうしましたら、またまた息子は甘えん坊になりました。

さらに息子が悪性リンパ腫になって入院してから、息子は年々、素直に気持ちを表現するようになってきました。
「お母さん、大好きだよ。」
「お母さん、ぼくはいい子にできていますか?」

素直さに磨きがかかり、息子の素直な言葉に私の心まで磨かれるような気がします。

反面、素直な故に不安なことや悩みも全て表現するのですが、その対応はなかなか大変です。
幼児のイヤイヤをされると、こちらも体力勝負となります。

通常、大人になれば気持ちを隠すことがありますが、息子にはそれがありません。
いつも全身全霊で接してきます。

体力がいるけれど、息子をしっかり受けとめることを繰り返しているうちに、いつの間にか自分に受けとめる力が備わってきているように思います。
息子に全身全霊で受けとめるということを教わりました。

素直な息子に、私は素直な自分を引き出してもらっているのかもしれません。

「育てているようで育ててもらっている。」
「世話をしているようで、面倒をみてもらっている。」
これは本当だなあとつくづく思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 過去の息子を救い出す | トップ | お盆です♪ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ないすでい)
2017-08-11 15:51:27
息子さん、甘えが、沢山現れてあるんですね。私の母みたいに高齢者と同じにしてはいけませんが、私の母も、どんどん、手がかかり、納得がなかなかできず、自分の要求が受け入れられないと、プリッと、腹を立てます。施設の方々に、当たり散らす暴言も、理性などなく、吐露します。最近、施設からしょっちゅう、連絡が入ります。息子さんも、何か、欲求があるのでしょうか?
御盆関係で、あいまるさん、忙しいことと思います。息子さんのお世話
ご苦労様です。
ないすでいさん (あいまる)
2017-08-11 17:55:44
気持ちを素直に吐露するようになると、本人が何を思っているのか分かりやすくて良いのですが、マイナスの気持ちになったときはまわりが対応が大変ですね。
お盆でさらにそれが増すかもしれないですが、できる限り楽しく過ごせたらいいなあと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。