目指せ! 標高1122メートル

山の神にお供して歩きつづける、ある山のぼら~の記録。山と冒険の本もとりあげるよ。

祝!南谷真鈴さん北極点到達

2017-04-20 | テレビ・映画

「エクスプローラーズ・グランドスラム」達成! なんのことだろうと思ったら、世界七大陸最高峰と北極・南極の極点に立ったということだった。昨日4/19(水)は、弱冠20歳の日本人女性が世界最年少でこれを成し遂げたとして、世界中をこのニュースが駆け巡っていた。私は北極点到達は、まだまだ先だと思っていたので、かなりびっくりしてしまった。

なぜって。それは先週ニューズウィーク日本版のサイトで「世界最高峰に立つ日本人女性冒険家の戦い」という記事を目にしていて、挑戦がスタートしたばかりと勝手に思い込んでいたから。この時点では、以前「クレイジージャーニー」に出演していた北極冒険家、荻田泰永さんのことを思い出しながら、たいへんだろうなと想像を巡らせていた(「クレイジージャーニー」はYoutubeで視聴可)。荻田さんによれば、北極は大陸ではなく、氷の塊が海に浮いている場所。だから自分では前進しているつもりでも、氷が海流に乗って、ヘタしたら後退していることもあると発言していた。さらにはキャンプ地ではホッキョクグマが襲来したり、乱氷帯に行く手を遮られたり、氷の割れ目が延々と続いて目指す方向に進めなかったり、おまけに超低温で消耗が激しいと、その苦労を語っていた。挙句は北極は楽しくないと本音もポロリ、じゃあ、なんで行くんだよと、番組では激しく突っ込まれていた。

そんな極限地帯に挑むこと自体が、普通の感覚では信じられない。でも、行っちゃうんだねえ。根っからのチャレンジャーか。報道によれば、荻田さん同様、ホッキョクグマに遭遇、しかも食糧を持っていかれている。同行していた仲間が凍傷で離脱したエピソードも明かしている。

そんな南谷真鈴(みなみや・まりん)さんはまだ大学生。早稲田大学政治経済学部3年生というから、若くてうらやましいし、誰もが認める才媛だ。しかもこの図抜けた行動力。すごいね。次はセーリングの世界一周が目標というから、末恐ろしい。垂直(山)志向だけはなく、水平志向もある、植村直己さんのような冒険家を目指すのだろうね。でもちょっと違うか。次は海だもんね。ブランソンみたいに空も、宇宙にも飛び出すんだろうか。

参考:南谷さんのエクスプローラーズ・グランドスラムの軌跡
2015年1月 アコンカグア
2015年8月 キリマンジャロ
2015年12月 コジオスコ
2015年12月 ビンソンマシフ
2016年1月 南極点
2016年3月 エルブルス
2016年5月 エベレスト
2016年7月 デナリ(マッキンリー)
2017年4月 北極点

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春爛漫 | トップ | 縄文時代以前は火山の爆発が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。