目指せ! 標高1122メートル

山の神にお供して歩きつづける、ある山のぼら~の記録。山と冒険の本もとりあげるよ。

大朝日岳&羽黒山~プロローグ・珍道中のはじまり

2016-09-18 | まち歩き

今年の夏休みは、9月3日(土)から9月11日(日)まで。昨年は北海道で雨にたたられたこともあり、晴れの予報が出ている場所に行き先を決めようと山の神と話していた。しかし、、、、待てど暮らせど、どこもかしこも雲と傘マークばかりの予報で、行くところがない。ならば、街歩きと温泉だけでもいいかと、とりあえず水・木・金で山形行きを決めた。

土・日を悶々としながら東京で過ごし、月曜昼の天気予報で、山形に晴れマークが並んだのを見て、テンションは最高潮。明日出発だといったんは決意し、近くのスーパーで買出しをしたものの、夜になって、予報をチェックすると、また変わっている。やっぱり水曜出発だな。うまくいけば、大朝日岳へ1泊2日で行けるだろうし、それがダメでも1日くらいは晴れて、日帰りで月山には登れるだろうと、2パターンの計画書を作成した。

9月7日(水)4:50ポツポツ雨が降る中を、山の神とともに自宅を出発した。車には、1泊2日山行用のデカザックと、日帰り用の小さいザック、着替えやタブレット、本などを入れたバッグ、お茶やスポーツドリンクの2リットルペットボトル3本と食糧の入ったトート、それに登山靴とストックを放り込んでいて、荷物だらけになっていた。今回はキャンプ場や山中でのテント泊の予定はないので、テントはなし。その分スペースがちょっとあるか。

高速に上がると、平日の早朝だけあって、さすがに自家用車は見当たらず、走っているのは、ほとんどがトラックばかりだ。関越に入ると、なんと伊香保・昭和間通行止めと出ている。まだだいぶ先だ。上里SAに入って、まずは腹ごしらえ。熱いコーヒーを買って、月曜に買出しをしていた菓子パンを食べる。食べている間に、通行止めは解除しているだろうと、すっかり忘れていたが、走り出すと、すぐに通行止めの文字が目に留まった。まだか。

結局そのまま渋川・伊香保ICに来てしまった。追い出されて下の道に入ると、恐ろしいほどの渋滞が待っていた。場所によっては、まるで駐車場状態で、走っている時間よりも停まっている時間のほうが長い。忍耐力を試される時間が延々と続き、1時間以上ロスした。昭和ICから関越に上がりなおすころ、ようやく通行止めは解除になった。ETCのゲートをくぐって下り車線に入ると、人類は絶滅したかというくらいガランとしていて、車がまったく見あたらない。しばらく前にも後ろにも走行車両はなかった。

あとから知ったが、このとき沼田地区には、大雨洪水警報が出ていて、実際に水害が発生していた。伊香保ICあたりを走っているときには、もうそれほどの雨量はなかったので、警報が解除になるまで何もしないという、ことなかれ主義としか思えなかったが。

新潟に入り、北陸道を経て日本海東北自動車へ。日本海東北道はまだ完成していないため、途中下の道を走らなければならない。ただ利便性を考えてか、一部区間は無料で開放されていて、その分安上がりになるのはいい。朝日まほろばICから国道7号に下りて、昼食にした。温泉も併設されている道の駅朝日の駐車場は比較的広い。みどりの里食堂で、観光地価格のような高めのメニューから最安のごはんもの、天丼(¥880)をオーダー。山の神はおいしかったというが、新潟の割にはお米の味がいまいちの感じもした。

本日の目的地は、酒田。ナビに土門拳記念館をセットし、道の駅を後にした。

プロローグ・酒田へ続く
大朝日岳・羽黒山Part1~羽黒山2446段を往復へとぶ
大朝日岳・羽黒山Part2~県道289号の恐怖へとぶ
大朝日岳・羽黒山Part3~大朝日小屋までへとぶ

※冒頭の写真は、本文とまったく関係ありません。ピクルス君たち 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番組こぼれ話もある『日本百... | トップ | 大朝日岳・羽黒山~プロロー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

まち歩き」カテゴリの最新記事