目指せ! 標高1122メートル

山の神にお供して歩きつづける、ある山のぼら~の記録。山と冒険の本もとりあげるよ。

スノーシューはお預け、会津たかつえスキー場

2017-01-03 | 山雑記

会津たかつえスキー場 福島県南会津

2016年12月28日(水)~29日(木) 
28日晴れのち雪  29日晴れ

メンバー 山の神と私

今年は11月に降雪があって、これは楽しい年末になりそうだとほくそ笑んでいた。行くことに決めた会津たかつえスキー場は、1月中旬くらいからスノーシューガイドをしているので、あわよくば、年末でも歩けるかと期待していた。しかしそんな期待はあっけなく裏切られ、あたたかくなって降雪どころか雪は解けてしまった。でも12月中旬以降ささやかに降って、スキー場は無事にオープン。ただスノーシューで遊ぶほどには積もらなかった。ということで、年末はゲレンデスキー(私はスノボ)オンリー。山装備なしで会津たかつえスキー場へと山の神とともに向かった。

 
2点とも:会津たかつえスキー場駐車場。無料です

28日は仕事納めの会社が多く、スキー場はかなり空いていた。でも雪不足で滑れるコースは限られていて、稼動している第1リフトから第4リフトまでを使って行けるところだけ。メインは第3リフトで滑走可能な中級者向けロマンスコースだった。ここばかり滑っていたら、当然飽きてしまうわけで、カフェテリアハイランドばかりにいたような気がする。

初日の28日は、雪もちらついて、コンディションはまあまあだったけれども、翌29日は朝から快晴でコースは凍ってガリガリ、最低だった。憎らしいことに晩から30日にかけてだいぶパウダースノーが降った。30日はまっすぐ帰るというのに、、、


白銀の峰が連なる景色はみごと

快晴の29日は、第3リフト終点から白銀の峰々を遠望できた。ちなみに左端、白い山頂がぴょこんと顔を出しているのが燧ケ岳。続く白い峰が会津駒ヶ岳、お隣が三岩岳となる。三岩岳は、なぜか計画するたびに天候不順で見送ることになる。2016年も計画したのだが、やはり天気が悪かった。まあ、いずれは行けるんだろうけどね。

 
左:パラダイスコース 右:ガストホフの電飾ツリー

宿は2泊とも、 ガストフ逢う日逢うでい。チロリアン・ヴィレッジの端っこに位置する。オーナーがシェフだから、おいしいものをコースで食べられる。ワインも取り揃えているから、ちょっとしたワイン通の方々にはお奨めだ。

初日のワインは、イタリア・ワインの定番、カサーレ・ヴェッキオ。2日めの夜は、オーストリア・ワインからチョイスした。というのも、ここはチロリアン・ヴィレッジ。せっかくワインリストにオーストリア・ワインがずらりと並んでいるのに飲まない手はない。シェフのお奨めもあって、ツヴァイゲルトにした。山の神とよく飲む、重めのものではなく、さっぱり&軽めで香り豊かなワインで気分を変えてみた。

雪を存分に楽しめなかった分、今回はワインに投資か。。

『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧箱根街道を下る | トップ | 腰痛と打撲には勝てず、七福... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。