目指せ! 標高1122メートル

山の神にお供して歩きつづける、ある山のぼら~の記録。山と冒険の本もとりあげるよ。

ツツジが見事な荒山・鍋割山

2017-06-18 | 山行~上州

荒山 標高 1571.9m 鍋割山 1332m 群馬県

2009年6月7日(日) 晴れ

メンバー 山の神と私

コースタイム 8:35姫百合駐車場上部の駐車スペース8:45--登山口8:53--9:25荒山高原9:33--10:15荒山10:25--東屋まわり--11:15荒山高原11:23--11:55鍋割山(昼食)12:30--13:30駐車場

8年前の山行記録。赤城の山といえば、私のなかでは、ツツジの山という印象が強い。この2009年の赤城前衛の荒山・鍋割山の後は、11年に鈴ヶ岳を訪れていて、いずれもツツジの花が真っ盛りのときだった。

 
左:姫百合駐車場が満車でここに誘導される 右:姫百合駐車場(トイレあり)

この時期にしては、遅い出発で5:33自宅を出ている。高速に上がる前に、コンビニで朝食の買出しをし、圏央道狭山PAでさっそくその買ったばかりのパンで朝食をとった。関越に入り、駒寄PAで最終休憩。カーナビの目的地に姫百合駐車場をセットして赤城ICで高速を下りた。クネクネの山道をカーナビの誘導に従って走っていくと、駐車場が現れた。しかし、時すでに遅し。満車だった。あきらめてそこから出て行く車列に私も入り、あとをついて行く。すると姫百合駐車場のすぐ上部に20~30台は停められそうな広大なスペースがあった。そこに車を入れ、山の神とともに支度を始める。

 
左:登山口 右:登り始めから大勢の登山者が前方に

8:45ひぐらしが鳴くなか、姫百合駐車場に向けて、まずは下る。姫百合駐車場では、停まっていたバスから、大量の登山者やハイカーが吐き出されていた。傍らにどんどんザックが並べられていき、準備運動する人やトイレに行く人。こんなに人が多いとは予想外だった。山の神と脇をすり抜けて登山口へ向かった。

荒山高原入口の看板から森のなかに突入していくと、上のほうには、すでに人影がポツポツと見える。もうかなりの人が登っていそうだ。

 
左:ウラジロヨウラク 右:荒山高原

さわやかな緑に包まれながら、30分ほどで荒山高原に到着した。風が吹きぬけて気持ちのいい場所だ。ただこの辺りはツツジが少ない。


下界は霞んでいた

9:33荒山高原を後にし、ツツジが増えてくるにつれ、山の神と私のボルテージもしだいに上がっていく。でも、ちょっと視線を下にはわせると、日当たりがいいところでは、花が終わりかけのツツジも見られた。

急登を上がっていくと、しだいに見晴らしもよくなり、前橋、大胡の街並みが見渡せた。

  
左2点:樹林帯のなかの荒山山頂 右:つつじの道を進む

山の神とシロヤシオも咲いてるねと話しているうちに、10:15登山者でにぎわう荒山山頂に到着した。こんもりとした樹林帯の中で薄暗く感じる。山頂標示のある社前で順番に記念撮影だ。後から後から登山者が押し寄せてくるが、かまわず近くに腰を下ろし、今朝コンビニで買っておいた行動食、マドレーヌを食べて一息ついた。10:25山頂を後にする。

次の目的地は、鍋割山。同じ道を戻ってから登るのはつまらないので、まずは東屋方面へ向けて下る。風の通り道なのか、汗ばんだ体に涼しさを運んで来てくれる。ところどころでツツジが咲き乱れているのは圧巻だ。


とっても気持ちのいい場所に出た

11:15荒山高原に戻り、休憩する。ここから先の鍋割山への道は、人気のコースというだけあって、展望がいい。加えて歩くのにたいへんな場所もないし、下ってばかりいる印象を受けたから、ちょっとしたハイキングにはもってこいだ。荒山より標高が200メートルも低いのだから、当然か。最後に少しだけ登って、11:55やはり登山者でにぎわう鍋割山山頂に到着した(冒頭写真)。ここで山の神と昼食にした。遮るものがなく、直射日光には参るが、時折風が抜けいくのに救われた。


密集して咲いているところも


山の神と下山中。ハイカーはのんびりモード

12:30下山開始。まだ昼時とあって、あちこちでお弁当を広げているシーンが続く。それにしても青空と山の緑、そしてツツジの赤が、なんともいえず、心やすらぐ。ジモティは毎年来るのだろうね。

13:30姫百合駐車場に到着した。少し上の愛車を停めた駐車スペースに移動し、帰り支度にかかる。帰途の関越は混雑はしていたものの、流れていて、16:40には地元のICを下りていた。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元気をもらえる昆虫学者のエ... | トップ | 男体山・大真名子山Part1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。