愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

文科省“文書の再調査”表明は安倍首相のやらせだった!NHKは隠ぺい!追い詰められた場当たりその場しのぎ!結果が出ても、またまたスリカエるぞ!総理の意向有無がポイントだとテレビ朝日に言わせている!

2017-06-10 | 安倍語録

安倍総理が再調査をするように言ったという

だったら、これまでの『答弁』『記者会見』はどう説明するのだ!

情報伝達のテレビ・新聞はこれ以上甘やかすな!

テレビ朝日 なぜ“再調査”決断? 「総理の意向」今後の焦点 2017/06/09 17:02

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000102751.html

加計学園の獣医学部新設を巡る「総理のご意向」と書かれた文書などについて、文部科学省はこれまでの方針を一転、再調査する意向を明らかにしました。再調査へ方針転換したのはなぜだったのでしょうか。総理官邸前から報告です。

(政治部・吉野真太郎記者報告)
取材をしていても、官邸のなかも「再調査が必要だ」という人と「再調査不要」という両方の意見がありましたが、

事態が動いたのは8日夜で、安倍総理大臣が最終的に再調査を決断しました。

前の文部科学次官の前川氏に加えて、職員が実名で告発することもあり得るという状況のなかで、「再調査不要」ということで突っ張っても国民の理解が得られないという判断に至ったということです。

また、自民党関係者によりますと、東京都議選にもマイナスの影響を与えているという分析もあり、政権の対応を見直すべきという声もありました。

今後のポイントは、再調査の結果、文書が出てきたとして文科省に対応した内閣府・内閣官房の担当者が「総理の意向」という発言をしたのかどうか。さらに、本当に総理の意向があったかどうかがポイントとなります

国会の会期末まで残りわずかですが、「国民の声に応える」という意味では、安倍総理が国会で説明する場面も必要になるということかもしれません。(引用ここまで)

安倍晋三首相の致命的欠陥浮き彫り!

自らを正当化するために責任転嫁を平気でやる!

ウソをついた事実は消せない!

『釈明』は詭弁の上塗り!

条件は、獣医師会の強い要請があったため追加した

獣医師会はそんな要請はしていないと主張

要請はなかった!

獣医師会が(新設に)反対をしていたため、空白地域を優先するのが最適と判断した

テレビ朝日 【報ステ】文科省“文書の再調査”表明、加計学園2 2017/06/09 23:30

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000102800.html

加計学園による獣医学部の新設計画をめぐり『官邸の最高レベルが言っている』などと書かれた文書とメールについて、松野文部科学大臣9日、再調査を行うことを表明した。“世論の反発”に追い詰められた末の方針転換だ。記者との激しいやり取りが展開された8日の菅官房長官の会見後安倍総理が再調査をするように言ったという

再調査では、獣医学部新設について「総理のご意向」と記された8枚のメモや内閣府と文部科学省との間のやり取りが記載された文書の存在が明らかになるかが焦点となる。ただ、松野大臣は「できる限り速やかに行う」と述べたが、再調査の対象範囲や時期については明らかにしておらず、調査の方針すら決まってないという。

一方、「新たに加えられた『広域的に獣医学部が存在しない地域に限る』という新設条件は、加計学園に獣医学部を新設させるための決定だったのではないか」という指摘について、安倍総理は5日、「条件は、獣医師会の強い要請があったため追加した」と答弁していた。しかし、獣医師会はそんな要請はしていないと主張

山本地方創生担当大臣は9日になって「要請はなかった。獣医師会が(新設に)反対をしていたため、空白地域を優先するのが最適と判断した」と釈明した。(引用ここまで

スポーツ界ならば

こんな嘘つき政治家は即刻退場処分だろう!  

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビは8日の4野党党首会談... | トップ | 加計学園に獣医学部を新設さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。