愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

ジャーナリスト古森義久氏が「北朝鮮弾道ミサイル10分で東京直撃」とレポートすることで、核軍事抑止力論のデタラメさが浮き彫りになった!脅威・危機の妄想が浮き彫りに!非軍事抑止力論の正しさが証明されta!

2017-07-18 | 北朝鮮

底なし・青天井の軍事費増では抑止力は全く効果なし!

そもそも北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込む根拠を立証できていない!

根拠を証明しようとすれば

日米核軍軍事同盟の侵略性をが浮き彫りになるからな!

対外危機を煽るのではなく国内の危機を防止・改善することだ!

北朝鮮弾道ミサイル10分で東京直撃 「古森義久の内外透視」

古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授) 投稿日:2017/7/12

http://japan-indepth.jp/?p=35078

【まとめ】

・北朝鮮弾道ミサイル発射後10分で東京直撃との研究結果が海外で。

・北朝鮮ICBMが完成すれば米西海岸到達時間は30分強、東海岸へは40分弱。米は迎撃に地上からで5分はかかるという。

・この研究では日韓ミサイル防衛網の効力はほとんどない、としている。

 北朝鮮が日本攻撃を決めれば、その弾道ミサイルは10分ほどで東京を直撃する」――

こんな物騒な予測がアメリカとドイツの科学者2人の共同研究の結果として明らかにされた。北朝鮮のミサイルにはそんな危険な攻撃能力があるというわけだ。

このすぐ目の前にある日本国の危機に対して、わが国会は地方の一私立大学の学部設置の経緯を国家の一大事のように論じている。一体、どんなつもりなのか。野党の主張に百歩譲って、いかに首相が不当に関与していたとしても、それが国家の危機に優先するはずがない。

愛国者の邪論 よほど、加計学園問題の追及が悔しい!気に食わない!と言っているようなものです。これこそ、国家的危機です!何故か!国民の税金が首相のオトモダチのために使われているからです。その疑惑に、安倍首相は全く応えていません!政権と政府のガバナンスの問題です!対外危機を扇動したいのでしょうが、国内危機の方が優先されます!今や、日本は内部から崩壊しています!

一方、アメリカでの北朝鮮のミサイル能力についてのこの分析はミサイルや戦略問題を専門に研究するカリフォルニア大学「グローバル安全保障プログラム」デービッド・ライト氏ドイツの研究機関「ST分析」のマーカス・シラー氏が共同で7月上旬、AP通信に語った内容に基づいている。

両氏の分析によると、北朝鮮の打ち上げた火星12号ミサイルは完全なICBM(大陸間弾道ミサイル)ではないが、その発展型がアメリカ本土に届く性能を持つと仮定して、北朝鮮領内からサンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトルなどの西海岸の主要都市に到達する時間は発射から30分強だと推定できる。東海岸の首都ワシントンやニューヨークを直撃するには発射後、40分弱だという。

両氏は、アメリカの大統領にとっては、北朝鮮のICBMがアメリカ本土に向けて発射された場合、その発射や標的、搭載弾頭などの確認にかかる時間を割り引いて、どう反撃するかを決める時間自体は10分ほどになる、と述べた。大統領が北朝鮮への反撃、あるいは報復のミサイル発射を決めた場合、その決定から陸上配備のICBMだと5分以内、潜水艦搭載のミサイルだと15分以内に、それぞれ発射できるという。

ライト、シラー両氏北朝鮮のミサイル攻撃の可能性は韓国や日本を標的とする場合もありうるとして北朝鮮の弾道ミサイルが発射されてから東京に着弾するまでの時間は10分から11分だとの見解を明らかにした。ソウルの場合にはそれが6分ほどだという。

愛国者の邪論 北朝鮮がアメリカ本土に向けてICBMを使って先制攻撃をすると言っているのでしょうか!更に言えば、何故「日本を標的とする場合もありうる」というのでしょうか!?北朝鮮は理由もなく韓国・日本・アメリカを先制攻撃するというのでしょうか!?しかも、先制攻撃するという場合の理由は何でしょうか!全く明らかにしていません!説明していません!あるのは、「東京に着弾するまでの時間は10分から11分」という「脅威」「危機」です!こうしたトリック扇動を世論調査で確認しています。やっぱり「北朝鮮は危ないぞ!」と、ダブル扇動が行われているのです。だから疑問もなく「避難訓練」がおこなれているし、政府広報がテレビを通じて垂れ流されているのです。これは、関東大震災の際に垂れ流された「朝鮮人が井戸に毒を入れた!暴動を起こした!」式のデマと同じです。

そもそも現代において、戦争は違法化されています!まんぽ譲って戦争を認めるとしても、戦争目的のない武力行使?戦争はあり得ません!ここにトリックが浮き彫りになります。デタラメです。

よくも、こんなデマを垂れ流すものです!

両氏は、北朝鮮がこの種の弾道ミサイルの攻撃では核弾頭と非核の通常弾頭のいずれをも使用する能力があると述べるとともに、化学兵器や細菌兵器の弾頭を搭載する可能性も排せない、と指摘した。

両氏が日本や韓国のミサイル防衛網については、その効力をほとんど認めていない点が日本にとってはさらに深刻な危機を示唆していた。

愛国者の邪論 ここに言いたいことの本質が浮き彫りになります!これが軍備増強の根拠となっています!死の商人の大儲けを保障するのです。軍事は国家的公共事業です。危機と脅威がなくなれば、儲けになりません!このことに、国民は気づくべきです。危機を煽れば煽るほど血税が注がれる!のです。

同時に、強調しておかなければならないのは、危機と脅威を扇動すればするほど、「抑止力」を高めてきたことの破たんが、逆に浮き彫りになるということです!「抑止力向上は底なしならぬ青天井」だということです。全くのデタラメです!

古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「危うし!日本の命運」「中・韓『反日ロビー』の実像」「トランプは中国の膨張を許さない!」など多数。(引用ここまで)

日刊SPA! 加計学園に市税96億円投入…でも潤うのは地元今治市ではなく岡山の業者  2017/06/05

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%

【必見】銚子市が借金して第2の森友・加計学園に92億円の補助金?

市有地9.8ヘクタールを無償貸与?IWJインタビュー(ハイライト動画)

http://健康法.jp/archives/28978  2017/04/10

【安倍首相疑獄事件】スキャンダルが列を作って順番を待っている。森友、第2森友(加計学園)、第3(国際医療福祉大学)、第4(もったいない学会)、第5(AO義塾)、第6弾(吉備国際大学)も?? 2017-03-22 18:23:02 | 安倍首相疑獄事件

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パフォーマンスだったG20の安... | トップ | 安倍首相の時代が、そろそろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。