愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

今や自由民主党は安倍総裁総理・高村副総裁・そして菅官房長官と詭弁サンバガラス!自衛隊を曇りなく合憲にすると、ここでもウソと詭弁に終始!退場して田舎に引っ込んだ方が良いな!

2017-06-30 | 安倍式憲法改悪

9条に手を付ければつけるほど!

9条改憲にくみする違憲は難しい!

 自衛隊、曇りなく合憲に=高村正彦自民党副総裁-インタビュー・憲法改正を問う

時事通信 2017/06/30-16:08

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017063000936&g=pol

インタビューに答える自民党の高村正彦副総裁=28日、東京・永田町の同党本部

憲法改正への取り組みや9条の在り方について、自民党の副総裁にインタビューした。

-憲法9条1、2項を維持した上で自衛隊の存在を明記するという首相(党総裁)の提案をどう評価するか。
1項の平和主義を堅持し、2項の戦力不保持は削除か変更というのが自民党の多くの人の考えだったので、びっくりした。ここまで柔軟に考えるのなら、9条改正が可能になると思った。極めて抑制的かつ現実的な内容だ。

愛国者の邪論 「びっくりした」って言ったことにビックリしたなぁ、もう!自民党の改悪改憲草案は誰がつくったか!隠蔽して驚いたように見せかけ、改悪の方向に向けようとする猿芝居!しかも『抑制的』?何に対して『抑制的」だ?この御仁。天下の中大の法学部を出て弁護士資格をもっているようだが、稲田氏と一緒で、弁護士資格は、いわゆる裏口入学ではなかったのかって言ってしまいたくなるような、詭弁を吐いていますね。大爆笑!もう気の毒です。

憲法尊重擁護の義務を負っている安倍首相が憲法改正の発議に向けて発議案を国民にわかりやすい形でまとめていってもらうことを期待したいって憲法違反だろう! 2016-10-30 | 安倍式憲法改悪

自衛隊が合憲だって言ってたのに、違憲だって言ってるからと、国防軍では賛成が得られないから自衛隊を9条に加える!しかも9条をそのまま読めば違憲だって白状している!詭弁の極致!退廃! 2017-05-14 | 安倍式憲法改悪

ニッポン放送の番組収録では首相か総裁は曖昧にして「私の発言によって現実の問題として皆さんが考え始めた」と嘯く!憲法99条を遵守しない首相を容認する日本は無法無秩序無責任国家! 2017-05-21 | 安倍語録

 

大日本帝国憲法に基づく自民党の改憲草案を議論することそのものが現行憲法になじまないが、土俵を創ったぞ! 2016-07-11 | 安倍式憲法改悪

 

参院選後の国会で自民党の改憲草案をベースに憲法審査会で議論すると公約していたら!でも隠ぺいした! 2016-07-12 | 安倍式憲法改悪

 

人権否定・9条全面改悪の自民党案は撤回しない!で憲法調査会の議論はルール違反! 2016-09-26 | 安倍式憲法改悪

 

-他党との調整は。
公明党とは、自民党内の議論と並行して話し合いを進める。9条改正に関しては、自衛隊の合憲性を一点の曇りもないものにするという目的に尽きる書き方なら、公明党も納得してくれるだろう。日本維新の会や野党第1党の民進党とも話し合いがあってしかるべきだ。

愛国者の邪論 高村氏のウソ・詭弁ここにあり!自衛隊は、公式には「合憲」と言って国民を欺いてきたのは、一体全体何だ!丁寧に説明すべきです。しかも、「自衛隊=合憲論」を吐きながら、「よくよく読めば違憲だ」と言ってしまった!自衛隊=違憲論を公式に求めた!自衛隊合憲はウソでしたので、だから「自衛隊の合憲性を一点の曇りもないものにするために改憲を発議する」というのです。それにしても、あの閣議決定と千集団的自衛権行使論は何だったのか!憲法違反ではない範囲でグレーゾーンというわけのわからないトリックを使ったことですら否定することになります。安倍政権を信じていた国民を愚弄するものです。ま、これが政治家安倍晋三首相兼総裁の無能無策無責任を白日の下にさらしたということでしょうか?!自由民主を名乗る政党の無責任浮き彫りに!

高村副総裁も昨年5月「文言通り読めば自衛隊は違憲と言わざるを得ない。戦力不保持を定めた憲法9条2項を改正し、自衛隊の存在を憲法に明確に位置付けるべき」と言っていた   (2017-05-09 | 安倍式憲法改悪)

「憲法違反だというそしりを受けながら働く自衛隊に甘え続けてはならない。そしりをなくすために、自衛隊の存在を明記することは必要だ」と違憲論を侮辱する高村正彦自民党副総裁こそ自衛隊を侮辱!2017-05-26 | 安倍式憲法改悪

憲法9条2項は素直に読めば自衛隊は“違憲集団”だと産経も高村氏と同じように認めた!共産党非難は? 2016-07-12 安倍式憲法改悪

憲法記念日に放映されたNHKの討論会の最大の成果は自公の違い!高村氏の自衛隊違憲論だな!2016-05-04 | 16年参院選

-自民党内には2項削除論の人もいる。
そのような議員に「できる自信がありますか」と聞けば、ほとんどの人が「ない」と言うだろう。まず公明党が納得しない。国民投票も大変だ。理論的にベストではなくても、実現可能な望ましい案をつくる。

愛国者の邪論 弁護士である高村国会議員が「理論的にベストではなくても」という案をつくる?」って、こんなのアリ!?国民を愚弄すること極まりなし!そもそも混迷していることを浮き彫りにしていますね。思考回路がまともではありません!

 

-立法形式は「9条の2」か「9条3項」か。
法的には相違ないが、国民に分かりやすいのは「9条の2」だと思う。

-首相は秋の臨時国会で自民党の改憲案を提出する意向を示した。
首相の意図は「来年の通常国会でしっかりした議論をするために、臨時国会に提出した方がいい」ということだ。それに合わせ党内の取りまとめを急ぐのは良いことだ。党憲法改正推進本部の全体会議を週1回から2回にし、密度を濃くする。9月には執行役員会のたたき台を示したい。

愛国者の邪論 自民党総裁と内閣総理大臣を使い分ける姑息浮き彫り!もはや、この違憲の手口は通用しないぞ!

-改憲発議は通常国会会期末の来年6月ごろか
それでいいのではないか。できるだけ衆参両院の憲法審査会で論議する時間を取りたいので、早く国会に出した方がいい。

-国会で採決する際、党議拘束を外すべきだとの意見が党内にある。
自民党だけ党議拘束を外すわけにはいかない。しかし、憲法審査会の話し合いで「党議拘束を外そう」ということは一考の余地がある。党議拘束が外されても、党内で反対に回る議員は極めて少ないだろう。

-国民投票と衆院選を同時に実施することの是非は。
絶対にやってはいけないというわけではないし、それを目指すべきものでもない。一緒にやったら国民が混同すると決め付ける必要もない。

-改憲の目標期限を区切ったことは、国民から理解が得られるか。
憲法改正が70年間で1ミリも動かなかったのは、今までのリーダーが誰も目標期限を定めなかったからだ。期限を定めたからこそ、党内はもちろん国民の中でも論議が活性化すると思う。
愛国者の邪論 ここでもウソのトリック浮き彫り!憲法否定浮き彫りに!自民党が目標期限を定めなかったのは、「立法改憲」論が破たんしたからであり「解釈改憲」に依拠していたからだな!

高村 正彦氏(こうむら・まさひこ)中大法卒。法相、防衛相、外相など歴任。衆院山口1区、当選12回、75歳。(無派閥)。(引用ここまで) 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9条・森友・加計・稲田発言・... | トップ | 「あまりにも批判が続くから... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍式憲法改悪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。