愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

NHK世論調査を使って明恵夫人の証人喚問を拒否した安倍首相が憲法改正を優先課題に挙げた人は1割に満たないNHKの世論調査は黙殺して「改憲の機は熟した」とNHK報道の翌日に演説!これがまともか!

2017-05-03 | 安倍語録

日本の情報伝達手段のテレビ・新聞は安倍語録を徹底的に糺せ!

「フェイクチェック機能全くなし」は恥ずべきことだろう!

自分の都合のよいことだけをつまみ食いして正当化し

吹聴するのはルール無視=民主主義否定だろう!

そもそも日本国憲法制定を押し付けられたと評価することそのものがウソ!

ポツダム宣言を受諾したのは何故か!全く隠ぺいしている!

日本国憲法は侵略戦争の反省の上に

更に日本の2千年の歴史の結晶だ!

日本国憲法の草案はメイドインジャパン - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=PyfIDlaLGLA

NHKドキュメンタリー - NHKスペシャル「憲法70年 “平和国家”はこうして

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586919/index.html

「連合国軍総司令部の憲法も国際法も全くの素人の人たちが、たった八日間でつくり上げた代物」だと憲法制定過程を貶めた安倍晋三首相の大ウソを官邸宣伝部NHKが暴いた! 2017-05-02 | 安倍語録

産経 安倍晋三首相、改憲について「機は熟した」 新しい憲法制定推進大会で 2017.5.1 21:02更新

http://www.sankei.com/politics/news/170501/plt1705010023-n1.html

安倍晋三首相(自民党総裁)は1日、憲法改正について「機は熟した。今求められているのは具体的な提案だ。理想の憲法の具体的な姿を自信を持って国民に示すときで、しっかりと結果を出さなければならない」と述べた。その上で「この節目の年に必ずや歴史的一歩を踏み出す。新しい憲法を作っていくことに全力を傾けると誓う」と強い意欲を示した。首相は東京・永田町の憲政記念館で行われた「新しい憲法を制定する推進大会」で述べた。大会は超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」(会長・中曽根康弘元首相)が3日の憲法施行70年の節目を前に開催した。大会に現職の首相が出席するのは初めて首相は自民党総裁として出席したと断った上で「政治とは結果だ。評論家、学者ではない。立派なことを言うことに安住の地を求めてはいけない。結果を出すために汗を流さなくてはいけない」と強調した。また、憲法改正の国会での発議後に国民投票で是非を決めることを踏まえ、「自民党は、圧倒的な第一党として現実的かつ具体的な議論を(衆参両院の)憲法審査会においてリードしていく覚悟だ」と決意を表明。「憲法改正を党是に掲げてきた自民党の歴史的な使命ではないか」と訴えた。首相は「足元の政局や目先の政治闘争ばかりにとらわれ、憲法論議がおろそかになることがあってはならない」とも主張した。今国会では憲法審査会の審議は衆院で3回、参院は0回と議論が停滞している。首相は改憲案の国会発議に向けて具体的な議論に進むよう与野党に求めた。同時に、首相は自民党が平成24年に公表した憲法改正草案について「そのまま憲法審査会に提案するつもりはない。柔軟性を持って現実的な議論を行う必要がある」と語り、他党に譲歩する可能性に言及した。大会には、自民党のほか、民進、公明、維新、日本のこころの各党の議員も出席した。民進党の福島伸享衆院議員は「具体的な条文改正の議論が起こるようわれわれも野党として責任を持つ」と明言した。今月27日で99歳になる中曽根氏もあいさつに立ち、「国民が自らがつくり上げる初めての憲法を目指し、一層の奮起をお願いする」と述べ、各党に改憲の機運を高めるよう努力を促した。(引用ここまで)

FNN  中曽根元首相、改憲訴える 05/01 22:48

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00356950.html

5月に99歳の誕生日を迎える中曽根元首相が、憲法改正を訴えた。中曽根元首相は「憲法改正は、何よりもまして国民参加のもとで、国民自らの手で、国民総意に基づく、初めての憲法を作り上げる作業だろうと自覚するものであります」と述べた。中曽根元首相は1日、自らが会長を務める団体が主催する「新しい憲法を制定する推進大会」に出席した。中曽根氏は、明治憲法や日本国憲法について、「その時代に果たした役割と意義を大いに認め、評価するものだ」と述べる一方で、その成立過程には疑義を呈し、憲法改正については、「国民総意に基づく、初めての憲法を作り上げる作業だ」と必要性を訴えた。そして新しい憲法には、直面する課題も盛り込み、「日本の新たな未来を切り開いていかなければならない」と強調した。 (引用ここまで)

安倍首相・中曽根元首相の発言を正確に報道しないNHK

憲法改悪を狙う安倍弁護スタンス浮き彫り!

NHKの堕落極まる!

NHK  首相 新憲法制定目指す大会で「歴史的一歩を」 5月1日 19時01分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170501/k10010968201000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_014

安倍総理大臣は、東京都内で開かれた新しい憲法の制定を目指す大会で、「目標に向かって必ずや歴史的な一歩を踏み出す」と述べ、憲法の施行から70年となることし、憲法改正に向けて国会での議論の前進を図る決意を強調しました。この中で、安倍総理大臣は「かつては憲法に指一本触れてはならないという議論すらあったが、もはや憲法を『不磨の大典』と考える国民は非常に少数になってきた。改憲か護憲かといった抽象的で不毛な議論から卒業しなければならない」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「自民党は谷垣総裁時代に憲法改正草案をまとめ、国民に示したが、これをそのまま提案するつもりはない。どんなに立派な案も、衆参両院で3分の2を形成できなければ言っているだけに終わってしまう。さらに、国民投票で過半数の賛成を得なければ憲法改正は実現できない」と述べました。そして、安倍総理大臣は「自民党は圧倒的第一党として現実的かつ具体的な議論を国会の憲法審査会でリードしていく。足元の政局や目先の政治闘争だけにとらわれ、憲法論議がおろそかになってはならない。憲法改正という大きな目標に向かって、この節目の年に必ずや歴史的な一歩を踏み出す」と述べ、憲法の施行から70年となることし、憲法改正に向けて国会での議論の前進を図る決意を強調しました。
一方、大会では、安倍総理大臣に先立って、主催した「新憲法制定議員同盟」の会長を務める中曽根元総理大臣があいさつし、「現行憲法による70年は、確かにわれわれの生活に豊かさをもたらした。しかし、憲法の欠陥とともに、さまざまな問題に直面していることも事実だ。こうした社会現象を憲法に集約し、政治、経済、外交などを新しい国民憲法に反映させながら、日本の新たな未来を切り開いていかなければならない。各政党には、国民の意見や考えを調整しながら、国民みずからが作り上げる初めての憲法を目指して、一層の奮起をお願いしたい」と述べました。(引用ここまで)

時事通信 憲法施行70周年で式典=衆参両院-首相祝辞「新時代の姿描く」 2017/04/26-15:39

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042600883&g=pol

日本国憲法施行70周年記念式典で祝辞を述べる安倍晋三首相(中央)=26日午後、東京・永田町の憲政記念館

衆参両院は26日、憲政記念館で憲法施行70周年記念式典を開催した。首相は祝辞で「憲法は国の未来、理想の姿を語るものだ。私たちには、憲法の基本原則の普遍的価値を心に刻みながら、新しい時代の理想の姿を描くことが求められている。それが時代の要請だ」と、憲法改正の必要性を強調した。首相はこれまでの70年間の時代の変化に言及。人口減少やデフレ北朝鮮による核・ミサイル開発をはじめとする安全保障環境の変化を挙げ、「困難な課題に真正面から立ち向かい、未来への責任を果たさなければならない」と語った。(引用ここまで)

NHKの意図的世論調査でも平和を求める国民の願い浮き彫りに!

何としても憲法「改正」に持ち込みたい安倍政権を忖度したNHKの世論調査でも「憲法活かす」が「道半ば」だと判る!もっとまともな世論調査をやるべし!(2017-04-30 | テレビの劣化腐敗)

憲法施行70年!憲法と9条を評価する国民圧倒的多数!NHKも読売も産経も、安倍政権も野党世論調査をしっかり分析すべき!(2017-04-30 | 世論調査)

NHK憲法世論調査でも9条「改正」は25%しかいない!57%は不必要!憲法9条が日本の平和と安全に役に立つ82%!(2017-04-29 | 世論調査)

 NHK 憲法変えるかの議論 “深まっていない”が3分の2 4月30日 19時19分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170430/k10010967271000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_001

来月3日で施行から70年を迎える日本国憲法に関するNHKの世論調査で、国民の間で、憲法を変えるか変えないかという議論がどの程度深まっていると思うか聞いたところ、「かなり深まっている」が3%、「ある程度深まっている」が26%でした。一方、「あまり深まっていない」は57%、「まったく深まっていない」は10%でした。

憲法改正の賛否

NHKは先月、全国の18歳以上の4800人を対象に、個人面接法で世論調査を行い、55.1%にあたる2643人から回答を得ました。この中で、今の憲法を改正する必要があると思うか聞いたところ、「改正する必要があると思う」が43%、「改正する必要はないと思う」が34%、「どちらともいえない」が17%でした。

憲法改正への意識

国の政治に優先的に取り組んでほしいことを複数回答で聞いたところ、「社会保障や福祉政策」が62%、「景気・雇用対策」が55%、「少子化対策や教育政策」が37%などとなり、「憲法改正」は6%で、9つの選択肢の中で最も低くなりました。男女別や年代別に見ても、憲法改正」を優先課題に挙げた人はすべての層で1割に満たず、最も低くなっています。また、国民の間で、憲法を変えるか、変えないかという議論がどの程度深まっていると思うか聞いたところ、「かなり深まっている」が3%、「ある程度深まっている」が26%でした。一方、「あまり深まっていない」は57%、「まったく深まっていない」は10%でした。(略)(引用ここまで)
 
明恵夫人の証人喚問拒否の口実に
NHK世論調査・内閣支持率の高さを使って詭弁を吐く!
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビも新聞も4.29英国にお... | トップ | 憲法第99条違反であることを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍語録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。