愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

NHKの報道をよくよく読めば北朝鮮の脅威と危機扇動のスリカエ・ゴマカシ・デタラメ・大ウソが浮き彫りに!北朝鮮を利用して日米核軍事同盟を強化すること、軍事強化を通じて死の商人の儲けを保障することが狙い!

2017-07-31 | 北朝鮮

北朝鮮の「脅威」を口実に岸田外相は被爆地出身の議員なのに

核兵器禁止条約批准こそ、北朝鮮の核兵器保有の道を閉ざすことになるのに!

アメリカの「核抑止」の「重要性を改めて確認」!

どさくさに紛れてヒバクシャを裏切る!

「核兵器保有国と非保有国の橋渡しが日本の役割」論は大ウソ!

われわれの神聖な領土や領海、領空に、わずかでも侵略の兆候が見えた場合・敵がわが国を相手に無謀な挑発を再び行えば・米国の核戦争の威嚇に終止符を打つために核兵器を保有する!という論理は安倍首相と同じ!2017-07-29 | 北朝鮮

そして、両外相は、北朝鮮の脅威を抑止するためには日米防衛体制の能力向上のための具体的行動を進めることが重要だとして、アメリカが核戦力などの軍事力で同盟国を守る「拡大抑止」の重要性を改めて確認しました。(引用ここまで)

北朝鮮政府の言動をきちんと読めば判るが

テレビは何を繰り返し垂れ流し

国民の脳ミソに刷り込んでいるか!

安倍式印象操作浮き彫り!

NHK   北朝鮮「米国が制裁に執着すれば断固とした行動」  7月30日 19時07分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170730/k10011080891000.html

北朝鮮は、ICBM=大陸間弾道ミサイルの2回目の発射実験に成功したという発表に関連して談話を発表し、「アメリカが軍事的な圧力や制裁に執着すれば断固とした行動で応える」として対抗措置も辞さない構えを示し、トランプ政権をけん制しました。北朝鮮は28日、弾道ミサイル1発を発射し、今月4日に続くICBM=大陸間弾道ミサイル「火星14型」の2回目の発射実験に成功したと発表しました。これに関連して北朝鮮外務省は、30日午後、国営メディアを通じて報道官談話を発表しました。談話では、今回の発射について「分別を失ったアメリカに厳重な警告を送るためだ」として、発射に立ち会ったキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の主張を繰り返しました。そのうえで「アメリカは世界的な核強国、ミサイル強国となったわが国の戦略的地位をきちんと認識すべきだ。もしもアメリカがわれわれに対する軍事的な圧力や制裁に執着すれば断固とした行動で応える」として、新たな弾道ミサイルの発射など対抗措置も辞さない構えを示しました。また30日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、「アメリカが国連安全保障理事会を動員して制裁を拡大し、独自の制裁も強化しようとしている」と非難する論評を掲載し、圧力を強めるトランプ政権をけん制しました。(引用ここまで)

あたかも日本の上空を飛ぶかのようなデタラメ報道が繰り返される!

北朝鮮から米国に向かう航路はどうなっているか!

渡米した人ならわかるはずだが、印象操作浮き彫り!

射程1万キロなら…

ニュース画像

北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルだとする「火星14型」。7月4日に発射したときは、最大射程が8000キロに達する可能性もあると見られていました。しかし、この「火星14型」の2回目の実験だったとする、28日深夜に発射した弾道ミサイルの高度は3700キロ(韓国軍発表)。前回と同じく通常より角度をつけて高く打ち上げる「ロフテッド軌道」が使われたと見られていて、専門家は、通常軌道で発射した場合、最大射程は前回より伸びて1万キロに達する可能性があると分析しています。射程1万キロは、アメリカ本土に、ゆうに届く距離で、西海岸のサンフランシスコやロサンゼルスが射程に入ります。(引用ここまで

「日本の上空」が印象操作!

「高度」はどれくらいか!?

最大射程は1万キロか    夜間発射は情報収集阻むため  (2017年7月29日)

28日夜、北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、海上自衛隊で司令官を務めた元海将の香田洋二さんは「単純に計算できるものではないが、高度や飛行時間を踏まえると最大射程は8000キロから1万キロに至る可能性が考えられる」と述べ、アメリカ本土に到達する可能性があると指摘しました。

また北朝鮮が今月4日と同じ「火星14型」を発射したと発表したことについては「前回は火星14型の初めての発射で失敗が許されないため、搭載する燃料を減らしてエンジンへの負担を抑え、成功させることを第1の目的として撃った可能性がある。そこで十分なデータを得たうえで今回は燃料を増やして発射し、その結果、高度が30%ほど伸びたのではないか」と話しています。夜間に発射したことについては「混乱させる目的もあったかもしれないが、アメリカ本土に届く可能性があるミサイルなので、映像を公開する際に有利な情報を取らせないようにした可能性も考えられる」と話していました。そして短期間に2回続けてICBM級のミサイルを発射したことについては「ミサイルの弾頭部分が大気圏に再突入する時に摩擦熱などに耐えられるか、十分なデータを得るために短期間に繰り返したことが考えられる。今後はアメリカに届く能力を示すため日本の上空を通過させて太平洋に向けて発射する可能性は否定できない」と話していました。(引用ここまで

北朝鮮が奇襲=先制攻撃を考えている?

ここでも印象操作浮き彫り!

先制攻撃の歴史は日本とアメリカを見れば、結果は一目瞭然!

北朝鮮が先制攻撃の危険を冒すか!?

奇襲能力の誇示狙いか   (2017年7月29日)

ニュース画像

北朝鮮による今回のミサイル発射について北朝鮮情勢に詳しい南山大学の平岩俊司教授は、国際社会の目が注がれる中、「北朝鮮は奇襲能力を見せつけることが目的だったのだろう」という見方を示しました。

平岩教授は、29日未明、NHKの電話インタビューに答え、北朝鮮がなぜ、このタイミングでミサイルを発射したのかについて「北朝鮮は朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた7月27日を『戦勝記念日』と位置づけていて、これに合わせてアメリカにメッセージを送るべくミサイルを発射したかったのだろう。しかし、天気や技術的な問題があり、このタイミングで発射したのではないか」という見方を示しました。また、北朝鮮が今月4日の日中に北西部のピョンアン北道からICBM=大陸間弾道ミサイルだとするミサイルを発射したのに対し、今回、北部のチャガン道から深夜にミサイルを発射したことについては、「国際社会が注目しているピョンアン北道ではない場所で発射し、さらに時間帯も国際社会が監視を強めていないタイミングで発射することで奇襲能力を見せつけることが目的だったのだろう」と分析しました。(引用ここまで

北朝鮮の「脅威」を口実に「軍備強化「を謀るのは何故か!

「軍備強化」は大型公共事業だ!

B-1 (航空機)

 https://ja.wikipedia.org/wiki/B-1_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

 米軍 爆撃機2機を朝鮮半島周辺に派遣 7月30日 13時00分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170730/k10011080601000.html?utm_int=detail_contents_news-related-manual_002

アメリカ軍は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射への対抗措置として、朝鮮半島の周辺に爆撃機2機を派遣し、韓国軍の戦闘機と合同の演習を実施し北朝鮮を強くけん制しました。北朝鮮は28日の夜、弾道ミサイル一発を発射し、今月4日に続くICBM=大陸間弾道ミサイル「火星14型」の2回目の発射実験に成功したと発表しました。これを受けてアメリカ軍は、29日、グアムの基地からB1爆撃機2機を派遣して、日本の周辺で航空自衛隊のF2戦闘機と合流して飛行したあと、朝鮮半島に向かい、韓国軍のF15戦闘機と合同で演習を実施したということですアメリカ軍では、一連の行動は北朝鮮のミサイル発射への対抗措置だとしています。アメリカ太平洋空軍は「北朝鮮はこの地域の最も緊急な脅威であり、引き続き外交が主導するが求めがあればわれわれの決定的な力で応じる用意はできている」として北朝鮮を強くけん制しました。アメリカ軍は、今月4日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際も、グアムからB1爆撃機を派遣し朝鮮半島周辺の上空を飛行させています。(引用ここまで

 産経 米軍がグアムにB1戦略爆撃機を配備、「地球規模の攻撃能力」で中朝ににらみ 2016.8.9 13:15更新

http://www.sankei.com/world/news/160809/wor1608090025-n1.html

米太平洋軍は8日、米領グアムに従来のB52戦略爆撃機に代わって複数のB1戦略爆撃機を配備したと発表した。B1はB52と比べて高速で、低空飛行が可能。太平洋軍は「非常に高速な地球規模の攻撃能力」により、即応性と抑止力が保たれると強調した。核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対する抑止力を強化するとともに、南シナ海への進出を強める中国を牽制する狙いがあるとみられる。太平洋軍によると、B1は6日、グアムのアンダーセン空軍基地に到着した。(共同)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暴力政党で中国北朝鮮の兄弟... | トップ | 稲田前防衛相!防衛相職員を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。