愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

自衛隊が合憲だって言ってたのに、違憲だって言ってるからと、国防軍では賛成が得られないから自衛隊を9条に加える!しかも9条をそのまま読めば違憲だって白状している!詭弁の極致!退廃!

2017-05-14 | 安倍式憲法改悪

9条を字句通り解釈すれば、現在の自衛隊は憲法違反

だから解釈改憲をやってきた!

立法改憲もできないから、解釈改憲でゴマカス!

首相の改憲案は同党の改憲草案より穏当な内容

9条を旧三要件で違憲を正当化し、

そして新三要件に改悪しても基本的には何も変わっていないと詭弁を吐く安倍首相!

首相が2020年の新憲法施行というスケジュールを提起したのは、

改正に向けた強い意欲を示すためだろう

これそのものが憲法違反だと言っている!

気が付いていないのか、意図的なのか!思考回路狂っている!

幅広い支持を得ている自衛隊の明文化ならば、国民の理解が得やすく、

乱れがちな改憲勢力の足並みもそろうと判断したのではないか。

 自衛隊員にこれ以上、肩身の狭い思いをさせないためにも憲法に明文化する意味

どのような形であれ国民に直接説明し、理解を得る必要があるのではないか

目的のためには手段を択ばず!

憲法を殺すには、何をやってもオッケー!

数さえあれば、現実がどうなろうと

文句は言わせない!

結果責任もとらない!

理屈抜きの感情論で自衛隊員を殺す装置に放り投げる!

9条に自衛隊を明記しても戦力不保持・交戦権否認は消せない!

国家による戦争・武力行使・武力による威嚇は永久に放棄したことは消せない!

日本語判っていない!

小学校に戻って勉強し直せ!

言葉を現実に対応して解釈めちゃくちゃにしてきて

更に言葉をないがしろに!

言葉は動物の中で唯一の最高の伝達手段なのに

その言葉の高貴さを否定する不道徳反知性は人間をやめるしかない!

憲法9条改憲派は、全く判っていない!

ウソ・詭弁・方便を正当化することが社会の無秩序化を構築することになるということを!

富山新聞   自衛隊の合憲明記/改憲論議進まぬ現状に一石   5/13

安倍晋三首相が自民党総裁の立場で発した改憲案に波紋が広がっている。自民党の憲法改正推進本部は12日開いた全体会合で、9条1項の戦争放棄、2項の戦力不保持を維持したまま、自衛隊の合憲性を明文化するという首相案を受け、態勢づくりを進める方針を確認した。
自民党の改憲草案は、9条2項を削除し、集団的自衛権も含む「自衛権」の明記を提言している。首相の改憲案は同党の改憲草案より穏当な内容となり、公明党が主張する「加憲」の立場に近い。2020年の新憲法施行というスケジュールを提起したのは、改正に向けた強い意欲を示すためだろう
憲法改正の必要性を認める「改憲勢力」が衆参両院で3分の2を占めているにもかかわらず、改憲論議は停滞している。論議をリードすべき憲法審査会は与野党対立の影響を受け、改正項目の絞り込みもできていない。
安倍首相があえて踏み込んだ発言をしたのは、一歩も進まぬ現状に一石を投じ、改憲論議を加速するためだろう。幅広い支持を得ている自衛隊の明文化ならば、国民の理解が得やすく、乱れがちな改憲勢力の足並みもそろうと判断したのではないか。
2015年に行われた内閣府の世論調査では、現状の自衛隊について「よい印象を持っている」との回答は92・2%に達している。必要最小限の自衛隊の防衛力は「戦力」に当たらないという政府解釈を国民は是認しているとはいえ、戦力の保持を否定した9条を字句通り解釈すれば、現在の自衛隊は憲法違反であり、憲法学者の多くも違憲の見解を示している。
20万人を超える自衛隊員にこれ以上、肩身の狭い思いをさせないためにも憲法に明文化する意味はある。衆参両院の憲法審査会に提案する自民党案のとりまとめを急いでほしい。
民進党などは、安倍首相が9条改正案について国会で説明しないことを問題視している。行政府の長の立場で憲法を論じるわけにはいかないという首相の言い分は分かるが、どのような形であれ国民に直接説明し、理解を得る必要があるのではないか。(引用ここまで)

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三首相の勝手な言い分... | トップ | 安倍首相は沖縄の米軍に脅威... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。