愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

安倍詭弁脅威政権北朝鮮のミサイルを口実に都道府県担当者に臨時説明会!やるべきことをやらずトリックを使った準戦時体制づくりだ!

2017-04-21 | 安倍式憲法改悪

連日テレビを使って

北朝鮮の「脅威」と日本の「危機」を扇動しているが

じっくり考えてみれば、問題ははっきりしていくる!

火事場のドロボーのような手口を使って

日米軍事同盟の核軍事抑止力向上のために

憲法9条改悪の地ならし・共謀罪法案強行のための

プロパガンダだな!

そもそも

ミサイルに備え 政府が都道府県担当者に臨時説明会

などをやる前に

やるべきことをやるのがスジだろう!

愚かな挑発ゲームを止めるためには何をなすべきか!

「対話」を提案することだろう!

そのための条件は何か!

米韓軍事演習はやらないことだ!

弾道ミサイル発射はやめることだ!

核兵器保有国は

「核兵器禁止条約」締結に参加することだ!

南シナ海・東シナ海・日本海に

中露朝の軍隊が集結して軍事訓練をしたら

日本はどうするか!

全く詭弁とトリック満載の煽動報道は止めろ!

北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す中

アメリカのトランプ政権が圧力を強めていることから

ではなく

「核超大国米国の核兵器による抑止力がある中」

「米韓合同軍事演習が行われている中」

北朝鮮が弾道ミサイルを「抑止力」として

発射しているのは何故か!

「抑止力」「挑発」はどっちもどっちだろう!

安倍政権のスリカエ・ゴマカシ・デタラメ・トリック

キャンペーンの本質を見抜くことだ!

好戦的「空気」「風評」の被害者は国民だぞ!

ミサイルに備え 政府が都道府県担当者に臨時説明会

北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す中、政府は、都道府県の担当者を対象にした臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際に住民がとるべき行動などについて周知するよう要請しました。政府は、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す中で、アメリカのトランプ政権が圧力を強めていることから、情勢がさらに緊迫する事態に備える必要があるとして、21日、都内で都道府県の危機管理の担当者を対象とした臨時の説明会を開きました。
この中で、内閣官房の担当者は、弾道ミサイルが落下した際の住民がとるべき行動として、屋外では頑丈な建物や地下街などに避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなどを説明しました。そして、こうした内容を内閣官房のウェブサイトに掲載していることなども紹介し、住民に周知するよう求めました。
また、総務省消防庁の担当者は、弾道ミサイルが日本に飛来するおそれがある場合には、Jアラート=全国瞬時警報システムを通じて直ちに情報を伝達するとしたうえで、弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力して早期に行うよう要請しました。
会議に出席した自治体の担当者は「政府と相談しながら訓練を行うなど、住民の安全・安心の確保に向けて万全を期していきたい」などと話していました。

 アメリカは過去に大きな紛争などが起きたときは

国際法に従って軍事行動をおこしていないぞ!

歴史を偽造して現在の軍事行動を正当化するな!

ウソを吐いて正当化するのは国民を愚弄するものだ!

NHKは戦前のような過ちは繰り返すな!

米空母との共同訓練検討 元海将「北朝鮮抑止が狙い」

朝鮮半島の周辺海域に向けて航行しているアメリカの空母と、海上自衛隊の護衛艦との共同訓練が検討されていることについて、海上自衛隊の司令官を務めた元海将は「日米の関係は危機が起きても、たじろぐことはないことを政治的に見せるものだ」と述べ、北朝鮮が挑発的な行動をとらないよう、日米で抑止する狙いがあると指摘しています。

海上自衛隊で自衛艦隊司令官などを務めた、元海将の香田洋二さんは、今回、日米の共同訓練が検討されていることについて、「海上自衛隊とアメリカ海軍は常に緊密な関係を築いていて、アメリカにとっては日米安保の体制が非常に大きなエンジンになっている。共同訓練の検討は、日米の関係が危機が起きてもたじろぐことはないことを政治的に見せるものだ」と述べ、北朝鮮が挑発的な行動を取らないよう日米で抑止する狙いがあると指摘しています。
また、アメリカが空母を朝鮮半島の周辺海域に派遣する意味について、「アメリカは過去に大きな紛争などが起きたときは、空母をカードとして切ってきた。1つの空軍基地に匹敵する攻撃力を持った空母が展開することの意味を、相手に読み取らせることで、アメリカの決意を知らせて、戦闘が始まる前に事態を抑えたいということだ」と話しています。
そのうえで、今後については「『核実験をしてはダメですよ。それを行ったら私も刀を抜かなければならない。そうしたらお互いに無傷ではすまないですよ』ということを、北朝鮮に理解させようとしているのが今の段階だ。緊張は高まるが、一喜一憂せずに冷静に推移を見る必要がある」と話しています。(引用ここまで)
 
火事場のドローボーとはこれ如何に!
北朝鮮=金正恩様様!
米韓日が日本海で北朝鮮を仮想敵国にして
日韓は米軍支援するための訓練を公然とやる!
これは中ロに対しても「圧力」を意味する!
今や19世紀・20世紀型軍事同盟で
米国の東アジア支配を保障するものだ!
海自護衛艦2隻が佐世保出港 米空母と共同訓練を検討

アメリカのホワイトハウスの報道官は19日の記者会見で、空母カール・ビンソンを中心とする艦隊が朝鮮半島に向けて航行していると説明しています。
こうした動きに合わせて海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」の2隻が21日午前8時ごろ長崎県の佐世保基地を相次いで出港しました。
この2隻について、防衛省はアメリカの空母の北上に合わせて共同訓練を行うことを検討しているとしています。
国防総省の当局者は空母は来週前半にも日本海に入り朝鮮半島周辺の海域で活動する見通しだとしていますが、防衛省関係者によりますと共同訓練の日程や海域などはまだ決まっておらず、今後、最終調整が行われるということです。
今月25日は北朝鮮の朝鮮人民軍の創設記念日になっていて、共同訓練には日米の連携態勢を見せることで北朝鮮をけん制する狙いがある見られます。
一方、アメリカの空母は8日に西太平洋への展開が公表されて以降、時間をかけて航行している様子が見られるということで防衛省の幹部は「北朝鮮が挑発に出なければ抑制的に対応するというアメリカ側の意図ではないか」と話しています。(引用ここまで)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法改悪のための一里塚であ... | トップ | 安倍政権派のデタラメ言動を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。