愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

新たな任務の付与について命令を発出したのは私自身だから、全ての責任は私にあるという稲田さん!自衛隊員の命と幸福追求権はあなたの責任は対等ではありません!

2016-11-20 | アフリカ

稲田大臣は自分の責任を言うことで安倍首相の責任を不問に!

だが安倍・稲田氏と等価交換の対象とされた自衛隊員とそのご家族は怒らなければならない!

安倍・稲田氏と同じではないだろう!

産経 【南スーダンPKO】 稲田朋美防衛相「責任は全て私にある」「駆け付け警護」を命令 2016.11.18 11:15

http://www.sankei.com/politics/news/161118/plt1611180019-n1.html

稲田朋美防衛相は18日午前、南スーダン国際平和維持活動(PKO)に向け20日派遣の陸上自衛隊第11次隊に対し、来月12日から「駆け付け警護」を任務に加える自衛隊行動命令を出した。宿営地の共同防護も任務に加え、医官を3人から4人に増やす。活動地域は首都ジュバとその周辺に縮小する。稲田氏は同日の記者会見で、駆け付け警護などで自衛官に犠牲者が出た場合の対応に関し「新たな任務の付与について命令を発出したのは私自身だから、全ての責任は私にある」と述べた。(引用ここまで

産経は書いたが、NHは責任問題発言の隠ぺいした!

その証拠記事!

ここに、懸け付け警護等、戦争法の本質浮き彫りに!

対応できる範囲で助けられる人を見捨てないという感情論を持ち出すのであれば

自衛隊員の命はどうなんだ!

 憲法の理念をスリカエ・ゴマカスデタラメは止めるべき!

そもそも南スーダンの内戦終結のために平和的手段を使うことこそ唯一の方策だろう!

NHK 「駆け付け警護」など新任務 来月から可能の命令 防衛相   11月18日 11時51分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161118/k10010773831000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_032

稲田防衛大臣は、20日から南スーダンに交代で派遣れる自衛隊の部隊に対し、安全保障関連法に基づいて、来月12日から「駆け付け警護」などの新たな任務の実施を可能とする命令を出しました。

政府は、国連のPKO=平和維持活動にあたるため、アフリカの南スーダンに交代で派遣される自衛隊の部隊について、安全保障関連法に基づき、国連の関係者らが襲われた場合に救援に向かう「駆け付け警護」などの新たな任務を付与することを決めました。これを受けて稲田防衛大臣は、18日の閣議の後の記者会見で、20日から順次、南スーダンに派遣される部隊に対し、来月12日から、「駆け付け警護」と、宿営地が襲撃された場合に他国の部隊とともに守る「宿営地の共同防護」の、新たな2つの任務の実施を可能とする命令を出したと発表しました。そのうえで、稲田大臣は「『駆け付け警護』の意義は、緊急の要請を受けて、対応できる範囲で助けられる人を見捨てないということだが、まだまだその意義の説明を浸透させることができていないと思うので、しっかり努力していきたい」と述べました。(引用ここまで)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豪軍へ弾薬提供=物品協定を... | トップ | 万一の備えをしなければなら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アフリカ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。