愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

ニーューヨークタイムスに風刺された安倍首相!国内では一安心ムードが漂っているが、羅針盤のない航海を漂うことになることは確実だ!憲法平和主義を隠ぺいするからだな!

2017-02-12 | 憲法を暮らしに活かす

「国際法に則って」と言いながら

日米軍事同盟のために国際法違反の米国の侵略戦争を擁護免罪している安倍首相!

中東・東南アジア・東アジア・中南米でトランプにひきづり回される!

これぞ地球儀を俯瞰する積極的平和主義だ!

日本国民は脅威と危機には憲法平和主義を使うことに確信をもって!

安倍晋三首相、ニューヨーク・タイムズに風刺画を掲載される!トランプ大統領の召使い?

情報速報ドットコム 2017.02.10 20:30

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15438.html

s_ice_screenshot_20170210-191403.jpeg

時事通信 安倍首相は「請願者」=トランプ氏、アジアを優先-欧州メディア 2017/02/11-21:03

【ベルリン、パリ、ロンドン時事】日米首脳会談について、ドイツのラジオ局ドイチュラントフンクは11日までに、専門家の解説として「日本は多くの面で米国に依存している」と伝えた上で、安倍晋三首相は今回「請願者として訪米した」と論じた。
 同ラジオは、首相が共同記者会見で「公職経験がないのに厳しい選挙戦を勝ち抜いた」とトランプ米大統領をたたえたことを紹介し、「再びおもねった」と指摘した。
 フランス紙ルモンドは、安倍首相が沖縄県・尖閣諸島の防衛を共同声明に盛り込むなど一定の成果を上げたと説明した。首相が記者会見で、トランプ氏のゴルフの実力について「私の腕前は大統領にはかなわない」と述べたことを、「追従しているような様子だった」と評した。
 一方、英紙タイムズは、安倍首相が異例の厚遇を受けたことと、トランプ氏が習近平中国国家主席との電話会談で「一つの中国」原則の堅持を表明したことに言及し、トランプ氏が欧州の同盟国以上に「アジアの大国との関係構築」を優先したと指摘した。 (引用ここまで)

   時事通信 米の「干渉」消滅に期待=日本との協力拡大に弾み-ロシア 2017/02/11-15:16

ロシアのプーチン大統領=2日、ブダペスト(AFP=時事)

【モスクワ時事】ロシアのプーチン政権は、ロシアに融和的な姿勢を見せるトランプ米大統領と対ロ外交に強い意欲を示す安倍晋三首相による10日の首脳会談を期待を込めて注視したとみられる。プーチン政権はかねて日ロ対話を進める上での米国の干渉に不満を表明。トランプ政権で干渉がなくなれば、日本からの経済協力を引き出しやすくなると見込む。
 タス通信は9日、米高官が安倍首相訪米に関する電話記者会見で「米国は対ロ外交に取り組む安倍首相を尊重し、干渉することはしない」と発言したことを至急電で報道。「トランプ政権はロシアとより緊密な関係を築こうとする日本の試みを妨害しない」と伝えた。
 ウクライナ危機やシリア内戦をめぐりプーチン政権と対立してきたオバマ前政権は、安倍首相とプーチン大統領の対話にたびたび懸念を表明。ウクライナ危機をめぐる対ロ制裁で経済が苦しく日本との協力を拡大させたいロシアは、「米国の圧力」(外務省)が日ロ対話を阻害していると反発してきた。 
 プーチン政権は、対ロ関係の進展に前向きな日米首脳が歩調を合わせれば、先進7カ国(G7)の枠組みでも日米が制裁解除を主導する力になると期待を寄せる。(引用ここまで)

時事通信  米の「干渉」消滅に期待=日本との協力拡大に弾み-ロシア 2017/02/11-15:16

ロシアのプーチン大統領=2日、ブダペスト(AFP=時事)

 【モスクワ時事】ロシアのプーチン政権は、ロシアに融和的な姿勢を見せるトランプ米大統領と対ロ外交に強い意欲を示す安倍晋三首相による10日の首脳会談を期待を込めて注視したとみられる。プーチン政権はかねて日ロ対話を進める上での米国の干渉に不満を表明。トランプ政権で干渉がなくなれば、日本からの経済協力を引き出しやすくなると見込む。
 タス通信は9日、米高官が安倍首相訪米に関する電話記者会見で「米国は対ロ外交に取り組む安倍首相を尊重し、干渉することはしない」と発言したことを至急電で報道。「トランプ政権はロシアとより緊密な関係を築こうとする日本の試みを妨害しない」と伝えた。
 ウクライナ危機やシリア内戦をめぐりプーチン政権と対立してきたオバマ前政権は、安倍首相とプーチン大統領の対話にたびたび懸念を表明。ウクライナ危機をめぐる対ロ制裁で経済が苦しく日本との協力を拡大させたいロシアは、「米国の圧力」(外務省)が日ロ対話を阻害していると反発してきた。 
 プーチン政権は、対ロ関係の進展に前向きな日米首脳が歩調を合わせれば、先進7カ国(G7)の枠組みでも日米が制裁解除を主導する力になると期待を寄せる。(引用ここまで)

時事通信 関係修復期し米大統領と会談=パレスチナ和平など協議へ-イスラエル首相 2017/02/11-14:21

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021100431&g=int

 

イスラエルのネタニヤフ首相=6日、ロンドン(AFP=時事)

 【エルサレム時事】トランプ米大統領とネタニヤフ・イスラエル首相が15日、ワシントンで会談する。ネタニヤフ氏はオバマ前政権時代に冷え込んだ両国関係の修復を図り、パレスチナ和平やイラン対策などの主要課題をめぐりイスラエルへの支援と協力を働き掛ける。
 米国が仲介したイスラエルとパレスチナの和平交渉は2014年に中断された。トランプ氏は10日付のイスラエル紙のインタビューで「合意に達することは可能だ」と述べ、交渉の仲介に前向きな姿勢を表明。イスラエルと将来のパレスチナ国家との「2国家共存」による解決策を支持するかが注目されている。
 トランプ氏はまた、イスラエル政府が占領地ヨルダン川西岸などで進めている入植活動について、米政府の公式な立場を示すとみられている。トランプ氏は既に「入植拡大は和平にとって良くない」として、現存の入植地は許容するものの、新規建設や拡大を自制するよう事実上促している。(引用ここまで)

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺野古基地建設をトランプ大... | トップ | 安倍首相派トランプ大統領の... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の感想 (近)
2017-02-13 18:23:39
今日はご苦労さま、DJオバタの面目躍如、気合の入ったお話しでした。ボクも反省しながら聞いていました。
二つだけ、いかに広げるかという問題、先日、渡部さんともやりとりしました。この国の人びとの受け止める力が弱くなっている、あるいは、受けとめたくないという人たちに、私たちの考えや思いをいかに伝えることができるか、悩ましい課題です。世の中は言葉が浪費されて、勝ちと力が落ちているようです。そこに乗じて右派勢力やABEのウソが罷り通っています。カレラに論理はないので、論破できません。朝日新聞がABEのファクトチェックを始めたようですが、続きません。メディアの調査報道の力量もありません。
二つ、地域で生きる…。授業で「地理を勉強すると地域づくりに役立つ」と話していました。若いうちは地域とのつながりが弱くても、退職すれば否応なく地域と関わるようになります。小幡さんに同意です。
と、いうことで、今後ともよろしく。名刺にアドレスがあるので一度メールしてください。祝!開通のお祝いでもしましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

憲法を暮らしに活かす」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。