愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

「首相から稲田氏続投の意向が示されたことを説明した」菅官房長官も「誤解を受けるような発言は注意するように」と言った!安倍首相一度も国民の前に出て丁寧な説明なし!

2017-06-28 | 安倍語録

安倍首相は豊田議員を含めて総裁・首相としての責任感全くなし!

一刻も早く退場せよ!の声を全国津々浦々から!

野党4党は安倍政権よりまし政権構想を!急げ!怠慢だ!

時事通信 稲田氏発言、火消し急ぐ政府・自民=野党、都議選にらみ攻勢  2017/06/28-17:37

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062800902&g=pol

東京都議選の応援演説で防衛相が「自衛隊としてもお願いしたい」と発言、その後に撤回した問題をめぐり、政府・自民党は28日、野党の罷免要求を拒否、火消しを急いだ。これに対し、民進党など野党4党は首相の任命責任を厳しく追及する方針を確認。地域政党「都民ファーストの会」代表の小池百合子都知事も稲田氏批判の輪に加わっており、都議選の結果を左右しかねない情勢だ。
官房長官は28日の記者会見で、首相から稲田氏続投の意向が示されたことを説明。菅氏も「しっかり説明責任を果たし、今後も誠実に職務に当たってもらいたい」と述べ、辞任は必要ないとの認識を示した。
稲田氏の発言について、菅氏は「都議選に影響を与えることはない」と強調。「都民が直面する地域の問題について候補が具体的な政策を訴え、地元の皆さんが判断する選挙だ」と語り、国政課題の争点化を狙う民進党などをけん制した。
これに対し、民進、共産、自由、社民の野党4党は28日、国会内で国対委員長会談を開き、4党首の連名で稲田氏罷免を改めて要求する方針で一致した。
小池氏は都庁で記者団に、稲田氏の発言について「あり得ない」と述べ、自民党との対決姿勢をさらに鮮明にした。 
政府・自民党内には、学校法人「加計学園」の問題を発端とする逆風が、稲田氏の発言でさらに強まることへの懸念が広がっている。外相は東京都内で記者団に「都議選などに影響が出ないことを望みたい」と述べ、稲田氏の進退については「今後の推移を注視していきたい」と述べるにとどめた。(引用ここまで

稲田発言を国民が誤解したと菅官房長官!

全くデタラメ!本末転倒!退場!

NHK 官房長官 稲田防衛相に発言の撤回促す 6月28日 12時41分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170628/k10011032971000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007

菅官房長官は午前の記者会見で、稲田防衛大臣が東京都議会議員選挙の応援演説で「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」などと述べたことに関連し、みずから稲田大臣に発言を撤回するよう促したことを明らかにしたうえで、辞任の必要はないという考えを示しました。

稲田防衛大臣は、27日、東京都議会議員選挙の自民党候補の応援演説で、「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」などと述べて投票を呼びかけ、その後、発言を撤回しましたが、野党側は「自衛隊を選挙で私物化するものだ」などとして辞任を求めています。

これについて、菅官房長官は午前の記者会見で、27日夜に稲田大臣から電話で報告を受けたことを明らかにしたうえで、「私からは『誤解を受けるような発言は注意するように』と言った。そのときに、稲田大臣が『誤解をされる発言だった』と言われたので、『それであれば早く撤回して謝罪したほうがいい』と話した」と述べました。そして、菅官房長官は「稲田大臣は発言を撤回し、『政府の機関は政治的にも中立であって特定の候補者を応援することはありえない』と述べている。稲田大臣には、しっかりと説明責任を果たし、今後とも誠実に職務にあたってもらいたい」と述べ、辞任の必要はないという考えを示しました。また、菅官房長官は、東京都議会議員選挙への影響について、「選挙では、東京都民が直面するさまざまな地域の問題で具体的な政策を訴え、地元の皆さんが判断する。影響を与えることはないと認識している」と述べました。さらに、菅官房長官は「政府の機関は政治的に中立であり、特定の候補者を応援することはありえない。そうしたことに十分気をつけたうえで応援するのが当然だ」と述べたほか、今回の発言が内閣改造や自民党役員人事の時期に影響を与えることはないという認識を示しました。

稲田防衛相「きのう話したとおり」

稲田防衛大臣は28日午前、防衛省に登庁した際、記者団が、野党側が辞任を求めていることなどについて質問したのに対し、「きのう話したとおりだ」と述べるにとどめました。(引用ここまで

  NHK 防衛相「防衛省・自衛隊」の名を挙げ投票呼びかけ 発言を撤回 6月28日 6時21分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170628/k10011032701000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_009

稲田防衛大臣は27日、東京都議会議員選挙の自民党候補の応援演説で、「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」と述べて投票を呼びかけ、その後、「誤解を招きかねない発言だった」として発言を撤回しました。野党側は、「自衛隊を選挙で私物化するものだ」などとして稲田大臣の辞任を求めるとともに、安倍総理大臣の任命責任を追及する考えです

稲田防衛大臣は27日夕方、東京都議会議員選挙の自民党候補の応援演説で、「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いをしたい」と述べて、投票を呼びかけました。

自衛隊法は隊員の政治的行為を制限しており、稲田大臣は、27日夜遅く記者団に対し、「近くに駐屯地もあり、自衛隊の活動自体が地域の皆さんの理解無くして成り立たないということについて感謝をしていると申し上げたかった。誤解を招きかねない発言に関して撤回したい」と述べて、発言を撤回しました。そのうえで、稲田大臣は、「防衛省・自衛隊に限らず政府の機関は政治的にも中立であって、特定の候補者を応援することはあり得ない」と述べました。また、稲田大臣は、記者団が、発言の責任をとって防衛大臣を辞任する考えがないか質問したのに対し、「しっかりと職務をまっとうして参りたい」と述べ、辞任しない考えを示しました。

稲田大臣の発言に対し、野党側は、民進党の蓮舫代表が、「自衛隊を政治的に利用し、選挙で私物化するもので、看過できず、即刻、辞任すべきだ」とコメントするなど、一斉に批判しています。民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は、28日、国会対策委員長が会談するなどして、稲田大臣の辞任を求めるとともに、安倍総理大臣の任命責任を追及する考えです。(引用ここまで

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊ポスト2017年7月7日号が... | トップ | 時事通信の都議選終盤情勢の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍語録」カテゴリの最新記事