愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

NHK参院予算委集中質疑報道をみれば安倍晋三政権忖度報道浮き彫り!安倍晋三首相曰く!「みずからが働きかけたことは1度もない」!だがホントか!?誰が信用するか!?

2017-06-16 | 安倍語録

時には総理首相として!時には自民党総裁として!

時には公人として!時には私人として!

時には国家戦略特区議長として!

内閣としては証人喚問招聘は言えない!国会で決めてくれ!

憲法9条改悪は首相としてではなく自民党総裁として発言しているので

国会質疑では答えられない!

と言いながら質疑に応え、「改正」の段取りまで

お気に入りメディアで語るのは首相として!

加計「忖度」問題も、全く同じ手口!

時系列的に見れば、証拠隠滅の「指示」乱発で正当化を謀る!

その都度安倍語録を徹底的に糺していないことに問題あり!

NHK報道を見れば

安倍晋三首相の発言ばかりを切り取り正当化を拡散する意図浮き彫り!

NHK 加計学園 首相「指示や働きかけ 1度もない」  6月16日 18時15分

安倍総理大臣は、参議院予算委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる文書の追加調査について、対応に時間がかかったことは反省するとした一方で、特区の指定などは法令にのっとって行われており、みずからが働きかけたことは1度もないと強調しました。

参議院予算委員会の集中審議では、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる文書の追加調査について質疑が相次ぎました。

この中で民進党の福山幹事長代理は、文部科学省の追加調査で14の文書の存在が確認されたことなどに関して、「『総理のご意向』とか『官邸の最高レベルが言っている』とのやりとりがあったという疑念は全然払拭(ふっしょく)されていない。どう見ても安倍総理大臣が言ったのではないか」とただしました

これに対し安倍総理大臣は「文書の問題をめぐって対応に時間がかかったことは率直に反省したい」と述べました。その一方で安倍総理大臣は、「特区の指定、規制改革項目の追加、事業者の選定のいずれのプロセスも適切に実施している。岩盤規制改革を全体としてスピード感をもって進めるように常々指示をしてきているが、本件について具体的に指示したり働きかけをしたことは1度もない」と述べました。そのうえで「内閣府の職員がほかの省庁と議論するプロセスで主張がぶつかり合うのは当然であり、法律にのっとった意思決定だったことに1点の曇りもない。これからも先頭に立ってあらゆる岩盤規制に挑戦する」と強調しました。

共産党の小池書記局長は文部科学省の前川前事務次官の証人喚問について「与党はなぜ反対するのか。国民の大多数は納得しておらず、安倍総理大臣のイニシアチブで証人喚問を実現すべきだ」と迫りました

これに対し安倍総理大臣は、「国会においてどのような形で審議を進めていくのかは、まさに委員の皆様が決めており、誇りを持って決めていただきたい」と述べました。

また松野文部科学大臣は、追加調査で確認された今治市での獣医学部の開学に向けたスケジュール表について、獣医学部の新設が決定される前の去年9月から10月初旬にかけて作成されたことを明らかにしましたただ松野大臣は、「『加計学園』ありきだったのではないか」と問われたのに対し、「検討が進んでいる区域が今治市という認識で、京都産業大学で検討が進んでいるという認識がなかった」と説明しました。

さらに山本地方創生担当大臣は、文部科学省が公表した萩生田官房副長官の関与を指摘するメールについて、「メールを作ったのは文部科学省から出向してきた職員で、不適切なことだが、陰で隠れて本省にご注進したメールだ。事実を確認して出したものではない」と述べたほか、萩生田官房副長官も関与を否定しました。

一方、菅官房長官は、当初、文書を「怪文書」と指摘したことを撤回するのかを問われ、「現在の認識ではない」と述べました。

中国「一帯一路」地域に貢献なら協力

このほか、安倍総理大臣は、中国が提唱する経済圏構想「一帯一路」について、「国際社会の共通の考え方を十分に取り入れ、地域と世界の平和と繁栄に貢献していくことを期待しており、こうした観点から協力をしていきたい」と述べました。そして、中国が主導するAIIB=アジアインフラ投資銀行については、公正に融資が行われる体制が確立され、環境への影響が配慮されているのかなど、運用の動向を注視していく考えを示しました。

日米「2+2」早期開催を

また、安倍総理大臣は、日米の外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2+2の開催時期について、「早期に開催し、日米両国のおのおのの役割、任務および能力の見直しを含め、日米同盟をさらに強化するための方策を特定し、抑止力、対処力を一層強化していく」と述べました。(引用ここまで)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱりな!「スピード感を... | トップ | 反省は口にするが 「スピー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。