愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

NHK5月世論調査を見れば内閣支持率51%なのに安倍政権応援質問言葉なのに憲法改正大いに評価10%!9条明記賛成32%!共謀罪賛成25%しかいない!安倍政権と国民のかい離に確信して打倒を!

2017-05-16 | 世論調査

これほど国民とかい離している安倍政権なのに!

さっさと引導を渡すべきなのに!

「一強」論・偽装・偽造・架空の内閣高支持率の実態を隠蔽せず

しっかりを暴いて

安倍晋三首相のデタラメ言動に終止符を!

さもないと日本は危ないぞ!

報道関係者は勇気をもって、無用な忖度を排して

安倍晋三政権を告発すべし!

5月NHK世論調査内閣支持率51%だが積極的支持は17.3%!消極的支持33.7%!自公維政党支持42.7%!内閣支持の無党派は8.3%!無党派の内閣不支持19%!野党は受け皿を打ち出せ! 2017-05-15 | 世論調査

世論調査結果の「表題」では世論の動向は判らない!

NHK世論調査   安倍内閣 支持する51% 支持しない30%   5月15日 19時02分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010982331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_024

NHK世論調査  政党支持率    5月15日 19時44分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010982621000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019

NHKは、今月12日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2203人で、57%にあたる1253人から回答を得ました。

愛国者の邪論の検証  安倍政権の支持率の虚構を暴く!

内閣支持      51  %  639.0人
政権積極的支持   17.3%  217.3人
政権消極的支持   33.7%  421.7人
政権政党支持    41.3%  517.5人
政権派政党支持   42.7%  535.0人
内閣不支持     30  %  375.9人
政権打倒派政党   11.0%  137.8人
無党派の政権支持   8.3%  104.0人
無党派の政権打倒  19  %  238.1人
政権支持不支持不明 19  %  238.1人
無党派       46.3%  580.1人

そもそもNHKは安倍首相の改憲発言の違憲性を全く問題にしていない!

だから、安倍首相の発言を違憲かどうか、検証する設問になっていない!

安倍応援団・安倍官邸宣伝部のNHKの体質浮き彫り!

安倍晋三首相の詭弁を容認するトリック!

NHK職員の正義と良心はどうなっているのか!

NHK職員は安倍晋三政権に奉仕するのではなく

国民全体に奉仕する、憲法を活かす!でなければならない!

安倍総理大臣が今月3日、憲法を改正して2020年の施行を目指す意向を初めて明らかにしたことについて、評価するか聞いたところ 1253人
「大いに評価する」 10%  「ある程度評価する」 34% 44% 551.3人
「あまり評価しない」25%  「まったく評価しない」20% 45% 563.9人
「不明」                          11% 137.8人

愛国者の邪論 設問事態にトリックがあります。更に設問の中身にもトリックがあります。それは「大いに・ある程度」「評価する」という聞き方です。曖昧です。
「大いに」と「まったく」の語感の違い・判断の確信の持ち具合を考えると、「評価されていない」ことが判ります!菅官房長官の「口癖」を思い出すと判ります。「まったく問題はありません」という言い方です。「大いに」は10%!「まったく」は、その倍の20%!

しかも、これらの数字を安倍政権支持派政党42.7%、安倍政権支持51%と比べると、安倍首相の思惑は失敗であることが浮き彫りです。
逆に「評価しない」45%と政権不支持30%と野党4党支持11%を考えると、無党派層から支持を受けていないことがわかります。

「9条を素直に読めば自衛隊は違憲」(高村正彦副総裁)

9条本文をそのままにして「自衛隊」を明記すれば「違憲」論は封じ込められるか!

「自衛隊は合憲」だが「違憲」論を封じるために

わざわざ憲法に自衛隊を明記して「合憲」を確認するというトリック

9条解釈改憲の手口はそのままにした

9条名文改憲でも高村副総裁の主張する自衛隊違憲論は残るぞ!

9条はそのままにして自衛隊の活用は好き勝手にさせていただきます!

国民にお墨付きを与えていただきました!

これが安倍首相の狡猾・稚拙な言い分だろう!

国民を愚弄する言い訳詭弁満載首相だな!

安倍総理大臣が、憲法改正の具体的な項目として、憲法9条の1項と2項を維持したうえで、自衛隊の存在を明記することを挙げたことについて賛否を聞いたところ
「賛成」32%  「反対」20%  「どちらとも言えない」41%  「不明」7%

愛国者の邪論 『賛成』が多くなっていますが、注意深く検証する必要があります。一つは自衛隊は国民の中に定着している。二つは、その定着は軍事より災害救助部隊としての自衛隊である。三つは、定着している自衛隊だから憲法に挿入しても問題はないのではないか。直観では、このような「回答」になるでしょう。そこを狙った世論誘導改憲発言という点では成功していると言えます。

しかし、ここでも安倍政権支持率と安倍政権派政党支持率からみても、安倍首相のトリックは完全には賛同を得ていないことがわかります。4野党支持派より「反対」が多い!しかも、48%が安倍首相のトリック発言について、その真意の判断ができていません。『賛成』していません!

このトリックの両面を見ていくと、安倍派は、判断不明の世論に依拠して切り崩してくるでしょう!

しかし、同時に「憲法平和主義活かす」派は、このデタラメ・スリカエ・ゴマカシの手口に対して、憲法9条の中身と意味、「憲法平和主義を活かす」とはどのようなことか、憲法第9条第一項・二項をそのままにしていれば、安倍首相や高村副総裁が、いみじくも語った「9条=自衛隊違憲」論はそのまま残るという矛盾だらけの安倍派の策略を暴いていくことが必要不可欠です。

そもそも9条と専守防衛・集団的自衛権を否定し個別的自衛権のみを容認した旧三要件と集団的自衛権行使を容認し、米国以外の諸国との集団安全保障容認・地球儀を俯瞰して自衛隊の海外派兵と武力行使を容認した新三要件の矛盾はそのままです。しかも公明党が語っていた「9条改憲の必要性はなくなった」論、安倍首相自身が閣議決定記者会見で語った、「これまでの9条解釈と全く同じである」論と、今回の自衛隊挿入論の詭弁とトリックを暴いていくことです。その最大の争点は「憲法平和主義を活かす」とはどのようなことか!国民的議論と合意を形成していくことです。

教育費無償化を願う国民要求を憲法に絡めた姑息・不道徳浮き彫り!

民主党政権時代には無償化反対だった自民党!

無償化要求の根底には

戦後自民党政権の貧困な文教政策があることを隠蔽!

安倍総理大臣が、憲法9条とともに高等教育の無償化についても具体的な改正項目として例示したことに関連して、高等教育の無償化を憲法に盛り込むことへの賛否を聞いたところ
「賛成」34% 「反対」19% 「どちらとも言えない」39% 「不明」8%

愛国者の邪論 『賛成』の中身は「無償化に賛成」しているのであって、憲法を改正しなくてもできること、民主党政権時代に自民党は反対していたこと、そもそも怠ってきた「無償化」を、憲法問題と絡めて要求するほど教育費が高いこと、こんなデタラメは、そもそも自民党政権の無能・無策・無責任の結果であることを暴露していくことでしょう。こうした手口に怒る国民を増やしていくことです。いい加減にしろ!ということです。この手の手口が多すぎるというか、ほとんど!というのが安倍晋三首相です。

「憲法の条文を使って憲法を否定する」手口です!

このことは前歴があります。消費税増税の環境を整備できなかった公約不履行の責任を不問に付して、消費税増税反対の国民世論を悪用して消費税総勢延期を打ち出すことなど、安倍政権の姑息を暴いていかなければなりません。

朴槿恵前大統領の不正を弾劾して誕生させた大統領と国民に対して

無礼千万な設問だぞ!

NHKは他国のことより

安倍首相の森友学園問題・閣僚の不祥事を糺せ!

そもそも金権問題で言えば

甘利問題・白紙領収書・ガソリン代・政党交付金問題はどうした!

韓国の大統領選挙で、革新系の最大野党「共に民主党」のムン・ジェイン(文在寅)氏が新しい大統領に選ばれたことを受けて、今後の日韓関係が全体として今よりも良くなると思うか聞いたところ
「良くなる」7%  「悪くなる」24%  「変わらない」56%  「不明」13%

愛国者の邪論 この設問には韓国の新しい政権に対する日本国民の不信感を助長する悪意を感じます。その理由は、新政権が北朝鮮に対する『融和』政策を採用しようとしていること、慰安婦少女像の撤去の日韓合意をないがしろにしようとしていること、迎撃ミサイルTHAADに対して確信をもっていない、拒否をするかもしれないなど、安倍政権の意向と真逆の政策を採用しようとしているからです。こうした文政権に対する安倍政権の思惑を忖度している世論調査と言えます。全く内政干渉容認世論調査と言えます。

そもそも、このような姑息と忖度に沿った世論調査に日本国民が判断できるでしょうか。安倍政権支持派から見れば遥かに低い「賛同」があること、69%が「判断不明」であることを見れば、この設問の意図のデタラメさが浮き彫りです。このような世論調査をすることそのものの不当性と必然性のなさが浮き彫りになるだけです。

このようなデタラメ世論調査を「安倍内閣の政策」について、韓国のKBSが実施したら、日本の情報伝達手段と国民は「反日」というでしょう!

全く馬鹿げた世論調査です。国営放送のNHKは恥を知れ!です。

安倍政権と日本のメディアは

「すべての選択肢」に核兵器の使用があることを隠蔽しているぞ!

「武力行使も排除しない」という場合の『武力行使』の中身も不問だ!

しかも、日本が出撃基地になることも不問だ!

アメリカのトランプ政権が、核実験やミサイル発射など挑発行為を繰り返す北朝鮮に対し、「すべての選択肢がテーブルの上にある」として、武力行使も排除しない姿勢を示していることについて、評価を聞いたところ
「大いに評価する」  9%  「ある程度評価する」 36%  45%
「あまり評価しない」33%  「まったく評価しない」14%  47%
「不明」                            8%

愛国者の邪論 ここでも「大いに」「ある程度」と「あまり」「まったく」にトリックがあります。しかしそれでも、「武力行使」賛成は内閣支持率より少ない!「評価しない」は野党4党より、内閣不支持より多いのです。安倍政権の目論見は完全に失敗です。

それにしてもトランプ大統領の「姿勢」に対する安倍首相の支持表明の「是非」は全く不問です。憲法9条と集団的自衛権行使など、いわゆる安保法制=戦争法との矛盾についても、全く不問です。とりわけ米艦保護と共同軍事演習についても!こうやって既成事実化を推進するのです。

しかも、ここにトランプ大統領のシリア攻撃の「是非」とシリア攻撃に対する安倍首相の判断の「是非」を問うことすらしていません!北朝鮮に国際法遵守を要求するのであれば、国連無視のシリア攻撃も同じように扱わなければなりません!このようなデタラメ世論調査を糺していかなければなりません!安倍政権応援の姑息が浮き彫りになる、こんな世論調査はやめるべきです。

国民を見ザル・聞かザル・言わザルに持ち込む「共謀罪」を

「テロ対策」と偽装・偽造するな!

真の「テロ対策」は

憲法平和主義・非核三原則を世界に拡散することだ!

NHKは安倍政権を忖度したまやかしの世論調査はやめろ!

政府は、テロなどの組織犯罪を未然に防ごうと「共謀罪」の構成要件を改めて、「テロ等準備罪」を新設する法案を国会に提出し、審議が行われています。与党側は、テロ対策は急務だとして今の国会での成立を目指していますが、民進党や共産党などは1億総監視社会になりかねないなどとして、廃案に追い込みたい考えです。この法案への賛否を聞いたところ
「賛成」25%  「反対」24%  「どちらとも言えない」42%  「不問」9%

愛国者の邪論 「構成要件を改めて」という聞き方にトリックが浮き彫りです。ウソをウソでないものとして質問することそのものが恥ずべきことです。全くの不道徳浮き彫りです。どこを「改めた」のか!NHKははっきりさせるべきです。

そうであっても「賛成」の数と内閣支持率と自公維政党支持率を見れば、また「丁寧な説明」論を見れば、如何にゴマカシてきているか!浮き彫りです。「判断不明」が51%!全く馬鹿げた提案であることが、ここでも浮き彫りになります。これでは「採決」はできないでしょう!徹底審議で廃案にすべきです。

しかし、この間も同じ傾向の中で採決を強行してきました。採決後に「今後も丁寧な説明を行って国民の理解を得ていきたい」ということでしょう!これが日本の民主主義です。偽装です。「自由・人権・民主主義・法の支配を価値観とする日本」という詭弁が浮き彫りになります。この言葉通りの運営を行えば、安倍政権は存在できないことは一目瞭然です。国民はこの手のやり方をする安倍政権に引導を渡すべきです。甘やかしは禁物です。 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月NHK世論調査内閣支持率51... | トップ | 産経『正論』に核兵器による... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。