愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

安倍官邸宣伝部NHKは「憲法改正の項目絞り込みの議論 いつ始まるのか見通し立たず』と安倍首相を忖度するニュースを垂れ流す!NHKの世論調査に見る国民の要求を無視して!

2017-05-03 | テレビの劣化腐敗

安倍官邸宣伝部NHKも

国民世論を無視して

憲法改正のレールにしゃにむに乗せようと必死に!

NHKは何のために世論調査をしているのだ!

姑息な世論調査でさえも

国民は憲法「改正」など求めていないぞ!

今やるべきは、「国民生活改善政治」だろう!

ここでもアベノミクスの失敗をスリカエる姑息浮き彫り!

何としても憲法「改正」に持ち込みたい安倍政権を忖度したNHKの世論調査でも「憲法活かす」が「道半ば」だと判る!もっとまともな世論調査をやるべし! (2017-04-30 | テレビの劣化腐敗)

憲法改正の項目絞り込みの議論 いつ始まるのか見通し立たず 5月3日 6時44分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170503/k10010969271000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_001

3日は憲法記念日です。安倍総理大臣は、憲法の施行から70年となることし、憲法改正に向けて国会での議論を前進させたい考えですが、衆参いずれの憲法審査会も各党の意見の隔たりが大きく、改正項目の絞り込みの議論が、いつから始まるのか見通しは立たない状況です。

衆参両院は、憲法改正に前向きな勢力が改正の発議に必要な3分の2の議席を占めていて、安倍総理大臣は1日、憲法の施行から70年となることし、憲法改正に向けて国会での議論を前進させたいという考えを示しました。こうした中、衆議院憲法審査会が去年11月、およそ1年5か月ぶりに議論を再開し、今の国会では大規模災害などに対応するための緊急事態条項を憲法に設けるべきかなどをテーマに、各党の意見表明や参考人質疑を行いました。そのうえで、憲法改正を目指す自民党日本維新の会は、今後できるだけ早く、改正項目の絞り込みに向けた具体的な議論に入りたい考えで、テーマとして、緊急事態条項の新設や、教育の無償化などを想定しています。

これに対し民進党は党内に憲法改正に積極的な議員と慎重な議員の双方を抱えているのに加え、次の衆議院選挙での連携を協議している共産党などと、「立憲主義を脅かす憲法改悪の阻止」で一致していることから、自民党が主導する改正項目の絞り込みには慎重です。

さらに公明党は、憲法改正の議論は野党第1党の民進党の理解を得ながら進めることが不可欠だという立場で、自民党の中からも、今の国会で改正項目の絞り込みの議論を始めるのは難しいのではないかという見方が出ています。

一方、参議院憲法審査会は議論のテーマや進め方をめぐって、各党の折り合いがつかないため、今の国会では1度も開かれていませんこのように、衆参いずれの憲法審査会も各党の意見の隔たりが大きく、改正項目の絞り込みの議論が、いつから始まるのか見通しは立たない状況です。(引用ここまで)

NHK世論調査を使って明恵夫人の証人喚問を拒否した安倍首相が憲法改正を優先課題に挙げた人は1割に満たないNHKの世論調査は黙殺して「改憲の機は熟した」とNHK報道の翌日に演説!これがまともか!(2017-05-03 | 安倍語録)

国の政治に優先的に取り組んでほしいことを複数回答で聞いたところ、

社会保障や福祉政策」が62%、

景気・雇用対策」が55%、

少子化対策や教育政策」が37%などとなり、

憲法改正」は6%で、

9つの選択肢の中で最も低くなりました。

男女別や年代別に見ても、「憲法改正」を優先課題に挙げた人は

すべての層で1割に満たず、最も低くなっています。

また、国民の間で、憲法を変えるか、変えないかという議論がどの程度深まっていると思うか聞いたところ、

「かなり深まっている」が3%、

「ある程度深まっている」が26%でした。合計29%

一方、「あまり深まっていない」は57%、

「まったく深まっていない」は10%でした。合計67%

内閣支持率が高い高いと言っているが

これほど国民無視の政権はないだろう!

憲法『改正』より飯を食わせろ!との叫び声が

全国津々浦々に轟いているということだ!

「安倍詭弁脅威増幅憲法否定内閣」は国民とかい離!

こんな政権は一刻も早く退場処分だろう!

憲法平和主義と非核三原則を活かす安倍政権よりまし政権の樹立を!

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法第99条違反であることを... | トップ | 中国北朝鮮の脅威の演出・東... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビの劣化腐敗」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。