愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

元気に教育勅語暗唱・叫び安倍首相を応援する森友学園の子どもを見て「あれは共産党と同じだ」と叫んだ高齢者がいた!?そう、あの姿は将軍様の国と同じだから!でもだったら日本共産党と安倍首相は一致してしまう!

2017-04-04 | 教育勅語

教育勅語礼賛教育の終着駅は将軍様の国と同じだったな!?

勿論戦前の大日本帝国憲法下の日本です!

教育勅語は良いことも書いてあるという教育勅語礼賛者の妄想妄信を検証すると教育勅語そのものに不道徳部分が満載だと判る! 2017-04-04 | 教育勅語

教育勅語礼賛者は大ウソつき!こんな輩が道徳を解く教育勅語そのものがウソの塊で日本最大の不道徳文書となっている! 2017-04-04 | 教育勅語

塚本幼稚園は戦前の大日本帝国と現在北朝鮮と同じ!それを応援しているのは安倍首相!金正男暗殺事件などをやっている時か!  17-02-25 | 教育勅語

「産経」(2015.1.8)と(2017.2.24 )を見れば安倍夫妻の「森友学園」との関係がはっきりする!だが産経は追及しない!安倍応援団だから! 2017-02-26 | 産経と民主主義

コメントいただいた方へ返信したコメントをここで記事に!

教育勅語礼賛教育の行き先は

安倍首相派が」脅威」と煽っている将軍様のお国です!

あの子どもの映像は何よりの証拠です!

 森友学園の子供を見て叫んだ!あれは共産党だ!と。教育勅語礼賛教育が共産党って大爆笑! 

(愛国者の邪論)2017-04-03 01:01:00ロックさん
>あなたは日本共産党党員ですか?
だったら、どうなんですか?
違っていたら、どうなんですか?

今問題なのは、私が日本共産党員であるかどうか、が問題ではないでしょう!

問題なのは、ロックさんのおっしゃっていることについて、どうするか!ではないでしょうか!

>「自立」型のロボットは、丁度中国共産党や、北朝鮮のような存在です。
彼らの侵略が目の前に迫ってきているのに、あなたのような人が妨害するため、何も対処できず、下手をすると日本は絶滅しますよ。この現実の前で、なぜ今、憲法9条なのですか。

安倍首相こそ、中国共産党・北朝鮮のような存在ではないでしょうか?

私のオトモダチから聞いた話を紹介しましょう。それは、あの森友学園の幼児たちが叫んでいたテレビを見た80歳を超えるご婦人の語った言葉です!

あれは共産党だ。怖い!

安倍首相も籠池氏も橋下氏も松井氏も一連托生ではありませんか!?
籠池氏が設立・創立しようとしていた学校こそ、安倍首相が狙っている教育再生=教育勅語復活再生復活の一里塚だった!映像を見れば一目瞭然です。
あの学校をパイロットスクールとして立ち上げ、全国に拡散させる!これがすべての始まり!原点です。
だらこそ、明恵夫人も動く!そして官僚も動かす!

これこそ戦前の大日本帝国憲法下の日本を取り戻す!ことだったのではないでしょうか?

そうした学校の典型がヘイトを当たり前のように日常化させる教育であり、学校であった!しかも、安倍首相を応援するスローガンの連呼に見るように、また教育勅語などの暗唱を見るように、全くどこかの独裁国家と五十歩百歩だった!

だからこそ、「共産党だ」という感想を80歳代のお方が、思わず本音を吐露したのです。

教育勅語礼賛派の安倍首相らは「共産党と同じ」だということを見れば、ロックさんのご指摘は、どうでしょうか?

しかも、問題なのは、教育勅語礼賛派の皆さんは、ポツダム宣言に明記されている日本の非軍事化と民主化を具体化した教育勅語の失効国会決議すら黙殺・隠ぺいして子どもに叫ばせるのです。しかも憲法平和主義・人権尊重主義・主権在民主義を否定するのです。

こんな歴史を逆行することが許されていいはずはありません。

そもそも憲法9条と何か!それは
国際紛争を解決する手段として国家による戦争・武力行使・武力による威嚇=脅し=核軍事抑止力を永久に放棄すると、国際社会に宣言したのです。国家の最高法規として!

では、国際紛争はどうやって解決するのだ!ということになります。
それは憲法前文にあるように、国家・民族・国民・宗教は対等平等であること、自らの主張と権利を保障してほしいのであれば、相手の権利・主張も認めること、意見の違いは徹底して話し合いと交流によって解決すること、これらのことを『政治道徳』として、また「普遍的原則」として明記・宣言しているのです。

この原則を、中国・北朝鮮に使っていないのが安倍首相その人であることは、拉致問題を見ても、尖閣を見ても、竹島を見ても一目瞭然です。

安倍首相の手口は「やらせ」に徹しています。中国・北朝鮮・韓国を「反日国」として描くこと、これを扇動して危機感と脅威を煽り、それを解決するとして軍備拡大と憲法の改悪のための世論の醸成を高めていくということにあります。

安倍首相が北京に、そして平壌に乗り込んで話し合いで解決する姿勢も言葉も、全くないことを見れば一目瞭然です。

因みにロシアのプーチン大統領とは、どうでしょうか!?
ウクライナ・クリミアではどうでしょうか?それに対して欧州はどのように対応しているでしょうか!
更に言えば、北方4島にミサイル基地を設置しているにもかかわらず、対中朝のような対応をしているでしょうか!?
また北方4島についても、経済交流を優先して、2島変換でごまかそうとしていないでしょうか?
そもそも北方4島は国際法に違反してスターリンが占領したものであることは歴史の事実です。これは中国が行っている南シナ海の手口とどこが違うというのでしょうか!?
しかし、安倍首相のやっていることは全く逆です。
国際紛争を解決する手段として話し合いと交流を重視することはロシアだけではなく中国・北朝鮮とも、同等に行うべきではないでしょうか?

もう一つ紹介します!それは自民党政権は千島列島のうち北千島については、全く不当にも、放棄しているのです。これほど許せないことはありません!
何故か!
北千島は南千島同様、1975年樺太千島交換条約によって日本の領土となっているからです。
だからこそ「蛍の光」の4番にあるように千島を北の防衛の最前線として位置づけ、子どもらを教育してきた!

しかもアッツ島の守備隊を「玉砕」させた!アッツ島にはおびただし「英霊」の屍と人生がうずもれているのです。しかし、自民党政権と安倍首相はどうでしょうか!
「英霊」が祀られているとされている靖国神社に参拝する時に必ずと言って使っていることばあります。
それは「尊崇の念」とか「感謝」などという言葉を使って靖国参拝を正当化し、参拝に反対する中国韓国を「反日『として描いています。日本の情報伝達手段のテレビ・新聞も同様です。
しかし、アッツ島で玉砕を強制され虐殺された「英霊」は、北千島を放棄している自民党政権と安倍首相に対して、どのように思うことでしょうか!

このようなことを繰り返し発言しているのは、愛国者の邪論だけではないでしょうか!
安倍首相らの『似非愛国心』を糾弾するものです。

>しかも「愛国者」という言葉を冠したブロガー名を名乗るとは!あなたは実質的に詐欺師でしかない。
ロックさん、この言葉は撤回すべきです。少なくとも、愛国者の邪論が展開してきた主張に対して、事実をもって反論できなければ、ロックさんは、恥べき人間だということになりませんか!デタラメを言ってはなりません!

>彼らの侵略が目の前に迫ってきているのに、あなたのような人が妨害するため、何も対処できず、下手をすると日本は絶滅しますよ
このお言葉は、そのまま、ロックさん、安倍首相にお返し申し上げます。

中国北朝鮮の「侵略が目の前に迫ってきている」というのも、繰り返しますが、安倍首相のプロパガンダです。国際法で『侵略』行為は違法です。
しかも、中国北朝鮮が日本を侵略する戦争目的は一体全体何でしょうか!どうやって侵略戦争を終結させるというのでしょうか!?
そのようなことすら曖昧にして、危機感と恐怖感に扇動されるのは、いかがなものでしょうか!

更に言えば、中国北朝鮮が日本を侵略して植民地にするとでもいうのでしょうか!?侵略して日本をギブアップさせるためには、どんな中身で侵略するというのでしょうか!軍事力の程度は?どうやって日本列島を侵略してくるというのでしょうか!
過去の歴史をしっかり学んでほしいものです。

愛国者の邪論の記事

「建国記念の日」に国民に「覚悟」を説教する産経の無知・不道徳を嗤う!2015-02-12 | 教育勅語

憲法否定の読売の道徳教育推進社説に大喝!憲法教育こそ道徳教育の原点だろう!2014-08-28 | 教育勅語

「私」と「公」を対立させ殺人装置教育勅語の偽装「公」論で個人の尊厳を否定する産経にレッドカード!2014-04-17 | 教育勅語

人殺し装置教育勅語復活狙う暴挙!発端は下村文科大臣発言!安倍首相派の教育再生政策にレッドカードを! 2014-04-17 | 教育勅語

他民族蔑視・大和民族優越意識の発信源=産経の時代錯誤と大ウソは教唆扇動=公共の福祉違反! 2014-04-12 | 教育勅語

道徳教育教科化に教育勅語復活を企図煽動の産経!侵略戦争正当化・真実隠蔽・教唆煽動罪でレッドカード! 2014-04-12 | 教育勅語 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今村復興大臣「二度と来ない... | トップ | 安倍首相上野公園日本料理店... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育勅語」カテゴリの最新記事