愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

官邸宣伝部NHKは共謀罪なのにテロ等準備罪新設法案と報道し、この期に及んで安倍政権の言い分を垂れ流すNHKのニュースを観ると、如何に説明になっていないか、逆に浮き彫りになる!廃案だろう!

2017-05-19 | マスコミと民主主義

NHKの記事を見ると安倍政権の言い分の方が圧倒的に多い!

しかも、何回も同じこkとを繰り返しているだけだ!

これが公平・公正中・立か!

違憲報道だろう!

国民に「説明十分」か?「丁寧に説明」したか?

世論調査してみろ!

議会制民主主義・主権者主義否定の採決強行・違憲報道浮き彫りに!

こんな政権と情報伝達手段は

マジでリセットだろう!

これは自由・人権・民主主義・法の支配を価値観とする国のことか!

採決を強行しなければならないほど、人権・民主主義=憲法違反だということだ!

NHK テロ等準備罪新設法案 衆院法務委で修正のうえ可決  5月19日 13時19分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170519/k10010987521000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案は、衆議院法務委員会で、民進党や共産党などが抗議するなか採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で、修正のうえ、可決されました共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案をめぐって、19日朝の衆議院法務委員会の理事会で、与党側は「審議は尽くされた」として、19日の質疑終了後に採決を行うことを提案したのに対し民進党と共産党は、「安倍総理大臣に対する質疑も不十分であり、採決は認められない」と主張しましたこのあと、衆議院法務委員会が開かれ、与野党各党が出席して、およそ4時間質疑が行われたあと、自民党が、質疑の終局と法案の採決を求める動議を提出し、自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で、動議は可決されました。これを受けて、民進党や共産党などが、鈴木委員長を取り囲んで抗議する中採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で、テロ等準備罪の取り調べの際の録音や録画の在り方を検討することなどを盛り込む、修正を行ったうえで可決されました。与党側は、来週23日に衆議院本会議を開いて、法案を可決して、参議院に送りたい考えですが、野党側は「問題点を隠すための強行採決は無効だ」と主張するなど、廃案に追い込みたい考えで法案の衆議院通過をめぐる与野党の攻防は山場を迎えます。

目的

政府は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどを控え、テロなどの組織犯罪を未然に防ぐために、一定の要件が満たされた場合には、犯罪の実行前の段階でも処罰できるよう、テロ等準備罪を新設することが必要だとしています。また、テロ等準備罪を新設すれば、国際組織犯罪防止条約の締結が可能になり、他国の捜査当局と直接、情報交換できるケースが大幅に増えるなどのメリットがあるとしていて、日本が国際的な組織犯罪捜査の穴になることを防げると説明しています。
これに対して、民進党などは、罪の新設は、憲法が保障する内心の自由を侵害する可能性が極めて高いとした上で、現行の法制度のもとでも条約を締結することは可能だと主張しています。そのうえで、組織的な人身売買と詐欺に、新たに予備罪を設ける独自の法案を今の国会に提出しました

要件

テロ等準備罪は、かつて政府が導入を目指して、3回廃案になった共謀罪の構成要件を改めたものです。テロ組織や暴力団などの組織的犯罪集団が、ハイジャックや薬物の密輸入などの重大な犯罪を計画し、メンバーの誰かが、資金または物品の手配、関係場所の下見その他の準備行為を行った場合、計画した全員を処罰するとしています。これまでの国会審議で、政府は、組織的犯罪集団について、当初は別の目的で設けられても、その後犯罪を目的とする団体に一変した場合には、組織的犯罪集団と認定される可能性があると説明しています。

これに対し、民進党や共産党は、「団体が一変したかどうか判断するために、一般の人も捜査の対象になるのではないか」と指摘し、政府は、「組織的犯罪集団と関わりの無い人が一般の人であり、捜査の対象にはならない」としています。

また、処罰の対象になる重大な犯罪について、政府は、組織的犯罪集団が関与することが現実的に想定される277の犯罪に絞り込んだとしています。これに対し、民進党などは、「保安林の区域内で森林の産物を盗む罪など、組織的犯罪集団との関連が想定しにくいものが含まれているのはおかしい」と指摘し、政府は、「暴力団などが、保安林でコンクリートの原料となる砂を大量に採掘して売却し、資金を得ることが考えられる」などと説明しています。さらに、処罰するために必要な準備行為の具体例として、政府は、テロ組織のメンバーが化学テロを計画し、必要な物質を調達した場合などがあてはまるとしています。
これに対し、民進党などは、「どのような行為が準備行為にあたるのかあいまいで、捜査機関が恣意的に判断するおそれがある」と批判し、政府は、「準備行為の行われた状況など、外形的な事情で判断できる」と反論しています。

金田法相「努力重ね誠実に対応してきた」

金田法務大臣は記者団に対し、「国会での議論の進め方は、法務委員長にお任せするしかない。党派を超えて理解していただくことが大切だと思っているが、努力は重ねてきたつもりだし、誠実に対応してきた。法案はテロ対策はもちろん、国民の安全と安心を維持するために重要なものであり、1人でも多くの理解を得られるように頑張りたい」と述べました。

衆院法務委 自民 鈴木委員長「しっかり議論した」

衆議院法務委員会の自民党の鈴木淳司委員長は記者団に対し、「残念ながら、こうした形の採決となったが、しっかりと審議はしたし、金田法務大臣もしっかり答弁されていた。参議院でも国民に理解されるよう、十分議論してもらいたい」と述べました。

菅官房長官「できるだけ早く成立を」

菅官房長官は、午後の記者会見で、「政府としては国民の皆さんに法案の必要性、重要性をご理解頂き、与党のみならず野党にも幅広く支持を頂けるよう丁寧な説明を尽くしてきた。その中で、与野党の協議で決める時は決めるのは当然だ」と述べました。そのうえで、菅官房長官は「東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を3年後に控える中、昨今の国内外のテロを含む組織犯罪情勢等を鑑みると、国際組織犯罪防止条約の締結は急務だ。今後とも十分な審議をいただいたうえで、できるかぎり早く成立させたい」と述べました。また菅官房長官は、記者団が法案に対する国民の理解が深まっていると考えるかと質問したのに対し、「世論調査の中では、このテロ等準備罪の必要性を訴える方が多くなってきており、理解はだんだん得られてきているのではないか」と述べました。

民進 逢坂氏「やり直し求めたい」

党側の筆頭理事を務める、民進党の逢坂誠二氏は記者団に対し、「言語道断で認めるわけにはいかない。われわれは採決をしないと確約しなければ、委員会を開くことすら、まかりならないと言ってきたのに、抜き打ちのような、だまし討ちのような採決であり、やり直しを求めたい」と述べました。(引用ここまで)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京新聞は「根拠欠く安保法... | トップ | テロ対策を口実にした「凶暴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。