愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

内閣支持率57.6%のFNN10月世論調査でも社会保障政策評価31.5%!景気経済政策評価36.7%!内閣打倒の条件あるぞ!

2016-10-18 | 産経と民主主義

偽装・偽造・やらせのFNN世論調査!

不真面目・不道徳の典型がこれです!

政治に関するFNN世論調査

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=FNN%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

※「政治に関するFNN世論調査」は、2016年10月15日(土)~10月16日(日)に、全国から無作為抽出された満18歳以上の1,000人を対象に、電話による対話形式で行った。

Q1. あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
支持する                       [今回]57.6  [前回]56.6  [増減]+1.0
支持しない                     [今回]35.5  [前回]33.3  [増減]+2.2
わからない・どちらともいえない [今回] 6.9  [前回]10.1  [増減]-3.2

Q2. あなたは、どの政党を最も支持していますか。次の中から1つだけお知らせください。
(1)政権政党 [今回]44.8 [前回]45.7 [増減]-0.9
  自民党 [今回]40.3  [前回]39.9   [増減]+0.4
  公明党 [今回] 4.5  [前回] 5.8   [増減]-1.3
(2)政権亜流政党 [今回]6.1 [前回]5.6 [増減]-0.5
  日本維新の会                [今回]4.0  [前回]4.2  [増減]-0.2
  日本のこころを大切にする党  [今回]0.4  [前回]0.5  [増減]-0.1
  その他の政党                [今回]1.7  [前回]0.9  [増減]+0.8
(3)政権打倒派政党 [今回]16.8 [前回]17.0 [増減]-0.2
  民進党 [今回]10.3  [前回]10.0   [増減]+0.3
  共産党 [今回] 4.7  [前回] 5.0   [増減]-0.3
  社民党 [今回] 1.2  [前回] 1.2   [増減]0
  自由党 [今回] 0.6  [前回] 0.8   [増減]-0.2
(4)無党派層 [今回]32.3 [前回]31.7 [増減]-0.6
 支持する政党はない   [今回]32.1  [前回]31.5  [増減]+0.6 
 わからない・言えない  [今回] 0.2  [前回] 0.2  [増減]0

Q3. 安倍政権について、次に挙げるものを、あなたは評価しますか、評価しませんか。それぞれについてお知らせください。
A) 首相の人柄   評価する 64.5   評価しない 30.7   わからない・どちらともいえない 4.8 
B) 首相の指導力    評価する 61.4   評価しない 32.7   わからない・どちらともいえない 5.9 
C) 景気・経済対策    評価する 36.7   評価しない 56.8   わからない・どちらともいえない 6.5 
D) 社会保障政策    評価する 31.5   評価しない 61.7   わからない・どちらともいえない 6.8 
E) 外交・安全保障政策   評価する 52.0  評価しない 40.6   わからない・どちらともいえない 7.4 

愛国者の邪論 内閣支持率57.6%、不支持率35.5%、政権政党支持率4.8%、政権打倒派政党支持率16.8%と比べると、安倍内閣の政策の目玉が、如何に支持されていないか、浮き彫りなります!自公政党支持者でさえも!

「外交・安全保障政策」は「脅威」論のお陰です。しかし、逆に考えれば、あれだけ繰り返されている中国・北朝鮮「脅威」論ですが、この程度の支持率しかないのです。安倍首相の対話サボタージュを批判するテレビ・新聞は皆無です。ここに大きな問題があります。ロシアプーチン大統領との対話と、この問題をリンクさせない、隠ぺいする手口こそ、問題にしなければなりません!プーチン大統領と同じように習・金会談で、平和外交で問題を解決すべきです。このことを情報伝達手段のテレビ・新聞は徹底して糾すべきです。

Q4. 安倍政権は、TPP(環太平洋経済連携協定)の承認案と関連法案を、今の国会で成立させたい考えです。あなたは、このことに賛成ですか、反対ですか。
賛成 47.7   反対 40.1   わからない・どちらともいえない 12.2 

Q5. TPP(環太平洋経済連携協定)の推進により、日本産の農産物は世界の市場で、シェアを拡大することができると思いますか、思いませんか。
思う 47.2   思わない 43.8   わからない・どちらともいえない 9.0 

愛国者の邪論 国民に真実が知らされていないことが判ります。農産物問題に矮小化されています。同時に「秘密主義」に行われた「交渉」経過問題は不問にされています。「どちらともいえない」の数に浮き彫りです。成立に賛成の国民の中でも、不信感があることが、若干ですが、浮き彫りになりました。

Q6. 安倍政権が進める「働き方改革」についてお伺いします。
A) 同じ仕事をするなら、正社員と非正規社員の賃金に格差をつけない「同一労働同一賃金」の導入に賛成ですか、反対ですか。
賛成 58.0   反対 35.8   わからない・どちらともいえない 6.2 
B) 1週間に残業が40時間を超えてはならないなど、労働者の残業時間に上限を新たに設けることに賛成ですか、反対ですか。
賛成 72.1   反対 23.2   わからない・どちらともいえない 4.7

愛国者の邪論 これについては「成果主義賃金」「自助・自己責任」論が振りまかれていることを反映した結果で出ていることについては、すでに述べました。憲法の平等原則・労働生産性の価値について正当に評価していない現実を反映しています。「使用者」と「労働者」は「対等平等」の原則に基づいて賃金・労働条件を締結・契約しなければならないことは労働基準法にも明記されていることです。しかし、三六協定によって、この原則が骨抜きにされているのです。これについても、職場に憲法なし!の状態が当たり前として国民の中に既成事実化されているのです。こうした現実を反映した結果だということが判ります。

Q14. 安全保障関連法の施行により、PKO(国連平和維持活動)で海外に派遣されている自衛隊が、国連の職員や他国軍の兵士らが武装集団などに襲われた場合に助けに向かう「駆けつけ警護」が可能となりました。あなたは、自衛隊が駆けつけ警護を行うことに賛成ですか、反対ですか。
賛成 58.0   反対 38.1  わからない・どちらともいえない 3.9 

愛国者の邪論 誘導尋問的世論調査の典型です。違憲かどうか、を問うべきです。更に言えば、PKO5原則を問うべきです。こうやって既成事実化を謀ってきたのが、戦後自民党政権ですが、その典型を視る世論調査と言えます。この結果を独り歩きさせるのです。ケシカラン話です。

Q15. 政府は、高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含め抜本的な見直しを行うことを確認しました。あなたは、「もんじゅ」を廃炉にすべきだと思いますか、廃炉にすべきでないと思いますか
廃炉にすべき 76.3   廃炉にすべきではない 14.6   わからない・どちらともいえない 9.1 

愛国者の邪論 新潟県知事選挙にも反映しました。福井県民はどのように考えるでしょうか!同時に原発立地地域の反応です。それにしても、新潟でも、沖縄のように安倍政権は民意を否定する暴挙に出るのでしょうか!これだけでも内閣打倒の対象には余りあると言わなければなりません。

Q16. 今の衆議院議員の任期は再来年(2018年)12月までですが、与野党の間で、ことし(2016年)末から来年(2017年)初めにかけての衆議院の解散・総選挙が取りざたされています。あなたは、この時期に衆議院の解散・総選挙を行ってもよいと思いますか、思いませんか
よいと思う 33.3   よいと思わない 60.3   わからない・どちらともいえない 6.4 

愛国者の邪論 このような世論調査結果㋐出たとしても、スリカエ・ゴマカシ・デタラメを言いながら解散総選挙で政権不信をリセット選挙で免罪免責正当化していくのです。『あたらしい判断』『道半ば』論は、そのことを象徴しています。問題は情報伝達手段のテレビ・新聞がどれだけ、批判を展開できるか!野党が論戦できるか!です。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野田幹事長どのオール新潟の... | トップ | FNN世論調査の異常ぶりは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。