愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

日テレ7月世論調査安倍内閣不支持49.2%!都民ファーストの国政に対する期待市内55.2%!安倍自公政権への不信感情を新しい政権に収れんさせる受け皿を!

2017-07-10 | 国民連合政権

安倍政権のデタラメぶり随所で浮き彫りに!

国民は安倍政権に代わる政権を求めている!

どんな政権か!はっきりさせる必要がある!

憲法を活かす・非核三原則を活かす政権だ!

日テレ 支持率31.9% 第2次安倍政権で最低  2017年7月9日 19:32

http://www.news24.jp/articles/2017/07/09/04366544.html

安倍内閣の支持率が、第2次安倍政権発足以来、最低を更新した。

NNNが7~9日に行った世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比7.9ポイント下落して31.9%となり、2012年12月の第2次安倍政権発足以来、最低を更新した。一方、「支持しない」は前月比7.4ポイント増え49.2%に上っている。

また、核やミサイルの開発を続ける北朝鮮への安倍政権の対応については、「十分だと思う」が12.1%だったのに対し、「十分だと思わない」が74.8%に達した。

先の東京都議会議員選挙の結果については「妥当だと思う」が67.7%だったが、小池都知事が率いる「都民ファーストの会」が次の衆議院選挙で全国に候補者を立てることについては、「期待しない」が55.2%、「期待する」が26.6%となっている。


<NNN電話世論調査>
【調査日】7月7日~9日
【全国有権者】1687人
【回答率】42.7%
http://www.ntv.co.jp/yoron/

日テレ 内閣支持率急落…政府・与党に危機感広がる  2017年7月9日 20:02

http://www.news24.jp/articles/2017/07/09/04366547.html


NNNが週末に行った世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比7.9ポイント下落して31.9%となり、2012年12月の第2次安倍政権発足以来、最低を更新した。首相官邸前から青山和弘記者が伝える。

安倍政権で入閣経験もある自民党のベテラン議員は、この支持率に「えー」と驚きの声を上げた。政府・与党内には危機感が広がっている。

政府・与党内には都議選の結果からも、ある程度、厳しい数字を予想する声はあった。しかし、第2次安倍政権発足以来最低だった2015年8月を6ポイント近く下回る支持率には衝撃が広がっている。

自民党のベテラン議員は「おととしは安全保障関連法をめぐる政策論だったが、今回は政権への不信感だ。早く対応しないとまずい」と語っている。与党・公明党の幹部は「自民党全体で危機感が足りない」と嘆いているが、政権幹部は「内閣改造をすれば、がらっと雰囲気が変わる」と来月上旬にも行われる内閣改造の効果に期待を寄せる。

しかし、交代は避けられないとみられている稲田防衛相など閣僚の顔の入れ替えが、どこまで政権浮揚につながるかは不透明。政府・与党内には「小手先の内閣改造では乗り切れない」との声も相次いでいる。加計学園の問題などに対する安倍首相の説明責任をどのように果たすのかなど、信頼回復に向けた政権の対応が問われることになる。

一方、野党・民進党の幹部は「国民が総理の言葉を信じられなくなっている」などと攻勢を強めている。ただ、今回、民進党の支持率も9.2%にとどまっていて、政権批判の受け皿になっていないというジレンマを抱えている。民進党幹部は「正直ショックだった」と語っている。

民進党・野田幹事長「野党第一党として、一つ一つ信頼を勝ち得ていくように、がんばっていきたいと思う」

民進党内には蓮舫代表など執行部に対する不満がくすぶっている。

一方、世論調査では「都民ファーストの会」が次期衆院選で全国に候補者を立てることに「期待する」が26.6%だったのに対し、「期待しない」が55.2%に上った。今の政権批判がこれからどこに流れるのか、今後の政治の行方を左右することになる。(引用ここまで)

愛国者の邪論の検証

1.ようやく安倍政権の化けの皮、安倍首相の語録・言動の矛盾が白日の下にさらされてきた。

2.高支持率の虚構が浮き彫りになってきた。

3.日本の情報伝達手段のテレビ・新聞の甘やかしが利かなくなってきた。

4.安倍首相の身勝手に対する国民的疑念が批判に転換してきた・

5.夜な夜な会食してきたマスコミ関係者との会話の実態が明らかになる日も近い!

6.安倍政権批判を展開してきた民進・共産は都民ファーストにいいところを持っていかれた形。いわゆる油揚げをさらわれたが、その原因を分析する必要がある。

7.国民は都民ファーストにも期待していないことが、この間の世論調査ではっきりしている。

8.安倍自公政権に対する不信感が、ある意味「仕方なし」感で都民ファーストに流れたことを想えば、安倍政権よりまし政権、憲法と非核三原則を活かしたよりまし政権をつくる展望を打ち出すべき!政権構想と公約です。これを国民とともに完成させることが、急務だということです。

9.さもなければ、安倍晋三首相の首を挿げ替える、単なるたらい回し政権になるでしょう。今や、その動きの前兆が随所で見えてきています。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法改悪「スケジュールあり... | トップ | 読売7月世論調査内閣不支持52... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国民連合政権」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。