愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

ヤンキーも怒る似非ヤンキー先生=義家文科副大臣の脅し論法=違憲発言!もう一度、中学の『公民』・高校の『現代社会』『政治経済』を学習し直せ!

2017-06-14 | 安倍語録

安倍晋三詭弁危機増幅憲法否定消去法政権も極まれり!

義家文科副大臣は国家の最高法規日本国憲法を遵守すべき!

国家公務員法は守秘義務違反の前に大事だことを明記している!

守秘義務違反の前に公務員のなすべきことを明記している!

日本国憲法

第十五条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
○2  すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない
○3  公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
○4  すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
第十章 最高法規
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない
○2  日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ
 
国家公務員法
 
(この法律の目的及び効力)
第一条 この法律は、国家公務員たる職員について適用すべき各般の根本基準(職員の福祉及び利益を保護するための適切な措置を含む。)を確立し、職員がその職務の遂行に当り、最大の能率を発揮し得るように、民主的な方法で、選択され、且つ、指導さるべきことを定め、以て国民に対し、公務の民主的且つ能率的な運営を保障することを目的とする。
○2 この法律は、もつぱら日本国憲法第七十三条 にいう官吏に関する事務を掌理する基準を定めるものである。
○3 何人も、故意に、この法律又はこの法律に基づく命令に違反し、又は違反を企て若しくは共謀してはならない。又、何人も、故意に、この法律又はこの法律に基づく命令の施行に関し、虚偽行為をなし、若しくはなそうと企て、又はその施行を妨げてはならない。
○4 この法律のある規定が、効力を失い、又はその適用が無効とされても、この法律の他の規定又は他の関係における適用は、その影響を受けることがない。
○5 この法律の規定が、従前の法律又はこれに基く法令と矛盾し又はてい触する場合には、この法律の規定が、優先する。
(平等取扱の原則)
第二十七条 すべて国民は、この法律の適用について、平等に取り扱われ、人種、信条、性別、社会的身分、門地又は第三十八条第五号に規定する場合を除くの外政治的意見若しくは政治的所属関係によつて、差別されてはならない
 
地方公務員法
第六節 服務
(服務の根本基準)
第三十条 すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。(引用ここまで

TBS 義家文科副大臣、“加計文書”告発者は国家公務員法違反の可能性も  13日22時43分

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3077953.html

加計学園の獣医学部新設で「総理のご意向」と書かれた文書などが流出したことについて義家文部科学副大臣は、文書の存在を告発した内部告発者が守秘義務違反で国家公務員法違反に問われる可能性があるとの認識を示しました。

「今回の件で告発した方とか特定するためにいろいろやっていると思いますが、公益通報者ですからね。きちんとその方の権利を守るという意識はおありですか」(自由党 森裕子 参院議員)

「当該の告発の内容が具体的にどのような法令違反に該当するのかを明らかにすることがまずは必要となります」(義家弘介 文科副大臣)

「(今回の告発者は)国民のために働いているからこそ、告発したんです。いろんな理屈いいですから、そういう人たちの権利は守ると言っていただけますか」(自由党 森裕子 参院議員)

「一般論として当該告発の内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可なく外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になると認識しています」(義家弘介 文科副大臣)

 義家副大臣は一般論としながら、告発の内容が法令違反にあたらない場合、行政運営上のプロセスを許可なく流出させることは、国家公務員法違反に問われる可能性があるとの認識を示しました。これに対して森議員は「残念です」と述べました。(引用ここまで

時事通信 義家文科副大臣「法違反の可能性」=加計文書の外部流出  2017/06/13-19:35

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061301165&g=soc

学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐる文書問題で、義家弘介文部科学副大臣は13日の参院農林水産委員会で、「一般論として、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可なく外部に流出させることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」と述べた。

公文書管理法改正案を提出=維新との協議焦点-4野党

 自由党の森裕子氏が、文書の存否に関する文科省の再調査について「(文書が存在すると告発した)犯人捜し、罰を与えるためにやっているとの話も出ている」と指摘し、「告発した人は公益通報者に当たると思うが、権利を守る意識はあるか」と質問したのに答えた。(引用ここまで

朝日 加計問題の内部告発者、処分の可能性 義家副大臣が示唆南彰 2017年6月13日15時59分

http://www.asahi.com/articles/ASK6F4D3JK6FUTFK00D.html

「一般論」を語り恫喝するのは、事実上の独裁国家指向だな!

『守秘義務違反』をいうのであれば、「公文書」ということになるぞ!

文書の再調査をしなければならないことそのものが

憲法・国家公務員法違反だろう!

言っていることがめちゃくちゃ!

これが政権の実態!

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山口敬之「準強姦疑惑事件」... | トップ | NHK「共謀罪」の構成要件を改... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。