愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

中朝の脅威と危機と国民の恐怖感を扇動すればするほど米軍による脅威と危機恐怖感に冒されている沖縄の国民は我慢を強いられる!誹謗中傷の対象となる!先軍政治推進の安倍政権の作戦は国民分断だ!

2017-05-18 | テレビの劣化腐敗

つづき

脅威を煽り危機を叫びながら恐怖感を植え付ける安倍政権の狙いは

先軍政治と憲法改悪の土壌づくり!

沖縄の人たちと本土の人たちを分断し誹謗中傷書き散らしで社会を沈黙させる!

合法的に誹謗中傷が可能になる共謀罪!

その最終到着駅は憲法否定の社会だな!

だからこそ、憲法平和主義・非核三原則を活かす政権を一刻も早く!

NHK放送文化研究所
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/pdf/20170516_1.pdf

辺野古基地「建設」を「移設」とゴマカシて観には合意していないのに日米「合意」を盾に世論調査を実施する安倍検定宣伝部NHK!の調査結果を検証すると安倍政権は国民とかい離している!打倒しかない! 2017-05-18 | テレビの劣化腐敗

 

沖縄の経済は、米軍基地がないと成り立たない?米軍基地の存在は、今後の沖縄経済の発展にとって、プラスかマイナスか?米軍基地と沖縄の振興予算を是認するNHK世論調査に歴史偽造の本質を見る! 2017-05-18 | テレビの劣化腐敗

安倍官邸宣伝部NHKの沖縄復帰45年を記念した世論調査を見ると安倍政権のオレオレ詐欺安全保障論が浮き彫りになる!現人神信仰と同じ日米安保安全神話信仰世論調査を告発する! 2017-05-18 | テレビの劣化腐敗

沖縄と本土の“溝”を形成しているのは日米核軍事同盟安全保障神話だな!NHKの沖縄復帰45年世論調査に基づく報道でわかる!これは現人神信仰と同じレベルだ!抜けているのは!  2017-05-18 | 沖縄

第11問 ところで、現在、本土の人は、沖縄の人の気持ちを理解していると思いますか。次に読み上げる4つの中から1つお答えください。
十分理解している              2.7      6.0
まあ理解している            16.3    24.4
あまり理解していない      50.2    47.8
まったく理解していない   19.4    11.7
わからない、無回答         11.4    10.2

第12問 本土の人の沖縄の人への理解の度合いは、5年くらい前と比べてよくなったと思いますか、悪くなったと思いますか。 次に読み上げる5つの中から1つお答えください。
良くなった                               5.9       4.6
どちらかといえば良くなった      30.5     18.5
変わらない                             39.8     52.9
どちらかといえば悪くなった       7.0        8.2
悪くなった                              4.5        3.0
わからない、無回答                12.2      12.8

愛国者の邪論 「本土の人」論が出てきました。「沖縄の人」と合わせて、この言葉をの持つ意味を歴史的に捉えていく必要がありますが、NHKは無自覚的に使っています!いやいや自覚的に使っている?そうだろしたら、問題です。それとも無自覚的に使っているとしたら、これも問題です。そもそも「本土」論は、「本土防衛」と「捨て石」論がセットで使われていることです。明治期にできた『蛍の光』の段階では『本土』論はありません。

そのことを踏まえて、観ると、『沖縄』と『本土』を分断しているのは、『溝』をつくっているのは、『本土』の側の政府であり、政府の意向をそのまま垂れ流している情報伝達手段であることを確認しておかなければなりません。

「本土の人は、沖縄の人の気持ちを理解しているかどうか」では「あまり理解していない」がどちらも一番多い!「国全体」47.8%です。本土の人の沖縄の人への理解の度合いは、5年くらい前と比べてよくなったかどうか」では「変わらない」がどちらも一番多い!「国全体」52.9%の場合ですから、「本土の人たち」は、最初からずっと、「沖縄の人の気持ちは理解していない」のでしょう。ということになります。

ま、このような質問の立て方が問題かもしれません!これは何も「沖縄」でなくても、どこの県でもいいわけですから。「沖縄の人たちは、静岡県の人たちの気持ちを理解しているか」などという問題設定をみれば、一目瞭然です。これは、米軍基地があるかないか、どうかという質問になっていないのですから、当然と言えば、当然です。質問の仕方に問題があります。分断を浮き彫りにしたいのだな、という見方はどうでしょうか!

その最大の要因は情報伝達手段のテレビ・新聞にあります。

だからこそ、日常的に米軍基地情報の「沖縄通信」を発行すべきです。しかし、安倍官邸を忖度している日本の情報伝達手段のテレビ・新聞では、かなり無理があるでしょう!憲法と地方自治・非核三原則を活かした政治ができるかどうか!全ては、そこにかかっています。

国家の最高法規をないがしろにして「日米安保条約」の保体系と思考回路が日々垂れ流されています。この思考回路を憲法法体系に基づく思考回路に転換しなければならないわけですから、大変な労力を必要としています。だからこそ、安倍政権を倒して憲法と非核自治体宣言を活かす政治が求められてくるのです。

第13問 沖縄には在日アメリカ軍の専用施設のうちおよそ70%があります。アメリカ軍基地について、沖縄は他の県とくらべどう扱われていると思いますか。 次に読み上げる4つの中から1つお答えください
差別的だと思う                                  36.4   16.8
どちらかといえば差別的だと思う           33.1   36.6
どちらかといえば差別的ではないと思う  10.0   16.7
差別的ではないと思う                           6.8   13.2
わからない、無回答                            13.7   16.7

愛国者の邪論 この質問もトリックです。以下のような質問に対して、ほとんど肯定的に考えている日本国民ですから、「差別的ではない」29.9%は当然です。しかし、逆に言えば、「差別的だと思う」53.4%は何をなすべきか!全く質していません。展望=選択肢がないのです。ここにNHK世論調査の最大の問題=狙いがあります。混迷させておけば、国民を分断できる!解決の方向に向かう世論は出てこない!そのままにしておいて既成事実だけを積み重ねる!「脅威」「危機」を扇動しておくだけ!米軍基地も日米安保条約も、全く問題なし!ということになります。「沖縄のひとたち」と「本土の人たち」の「心」の『溝』を扇動することで分断するのです!

日本の安全にとって、沖縄にアメリカ軍基地があることについて
「必要だ」「やむをえない 」 43.9%(10.9・33.0)・70.8%(21.2  49.6)
沖縄のアメリカ軍基地について
「現状のままでよい」15.1・ 32.9
「本土並みに少なくすべきだ」50.6・45.8
「全面撤去すべきだ」25.7・ 9.5
日米安全保障条約は、日本の平和と安全に
「とても重要だ」「ある程度重要だ」 63.5%(21.9 42.6)・83.2%(34.748.5)

ということで、「現状維持」「現状追認」です。「いろいろ問題はあるが、解決は難しいから、少しでも改善できるとことろからやっていけば」式の「解決」論です。

だから、米軍基地の解決のために出されている項目は、「本土並みに少なくすべきだ45.8%です。これは、「差別的だと思う53.4%とほぼダブっています。しかし、その「本土並み」については「仮にあなたの住む都道府県にアメリカ軍基地が移設されてくるとすれば
賛成」「どちらかといえば賛成33%(7.2・25.8)
どちらかといえば反対」「反対57.8%(28.7・29.1)

とあるように、「身勝手」が浮き彫りになるのです。出口が全く見えてきません!

そもそも「本土並みに少なくすべき」とは、沖縄の基地をどれだけにするのか、全くイメージできていません!沖縄の米軍基地を本土に移転して、47都道府県で米軍基地の面積と機能を平均化するというのでしょうか!最高の提案です!マンガです!ギャグです。しかし、面白い提案です。安倍首相は何と答えるでしょうか!

しかし、この沖縄の「負担軽減」論と米軍基地の移転には、スリカエがあります。全く抜けていることです。本土に移転したとして、沖縄の「負担」を軽減できるのか!全くはっきりしていません。更に言えば、沖縄の負担を他県に移したとして、その県の負担は増したことになるのです。これはどうするのか!これも全く隠ぺいされています。このように「悪魔の負担のサイクル」をグルグルたらい回しするだけなのです。

この「悪魔のサイクル」の致命的毛間は、日米安保条約を廃棄するという選択肢が全く想像できないような仕組みになっているのです。日本国民は日米安保条約の土俵とレールの上にあって、それ以外のところは、全く見えない!思考回路が回転できないような中に陥れられているのです。
それは、まさに「天皇は神だ」という「現人神信仰」論そのものです。「何かあれば、神風が吹いてきて助けてくれる!」信仰と全く同じなのです。

第14問(沖縄調査のみ) ここ5年ほどの間に、沖縄を誹謗中傷する言動や行動が増えたと感じますか。次に読み上げる4つの中から1つお答え下さい。
感じる                               27.9
どちらかといえば感じる        29.2
どちらかといえば感じない     16.6
感じない                            10.4
わからない、無回答             15.9

愛国者の邪論 「危機」と「脅威」と「恐怖感」を煽ることで日米安保条約渡米具基地の正当化している安倍政権ですが、この日米安保条約こそが、「脅威」と「危機」と「恐怖」の大本となっている沖縄という視点は全く想像すらできないような装置が張り巡らされているのです!「脅威」「危機」「恐怖」の元凶である中国・北朝鮮に対する抑止力を考えれば、沖縄の国民の犠牲など大したことではない!寧ろ、安倍政権の安全保障政策に意を唱える輩こそ問題であるという「風潮」「風評」をネットを通して扇動していることこそが沖縄を、またしても『捨て石』に仕立て上げていくものであると言わなければなりません。

こうして国民分断を謀っていると言われても仕方のない「やらせ」を行っている安倍政権こそ、「沖縄誹謗中傷言動」の権化・温床だということです。NHKは、そのことを自らの世論調査から解明できていません。それは何故か!NHK自身が日米安保条約を容認する報道をしながら、沖縄の米軍基地の弊害を系統的に伝達しないまま、中国・北朝鮮の危機と脅威を垂れ流しながら、米軍基地を容認する政府の言い分を一方的に大量に垂れ流しているからです。

こうやって沖縄を、そして日本国民同士を分断させているのです。こうした「風潮」「風評」の上に、「沖縄誹謗中傷言動」が大きくなってきたのです。これでほくそ笑んでいるのは一体全体誰か!一目瞭然です。

第16問 支持する政党について伺います。あなたは、ふだん、どの政党を支持していますか。政党の名前を1つだけおっしゃってください。  
政権政党 25.0   40.1
自民党  21.8  37.6
公明党    3.2  3.5
政権亜流政党   1.6  0.9
日本維新の会   0.5  0.6
日本のこころ   0.0  0.0
その他の政治団体 1.1  0.3
政権打倒派政党  14.6   14.0
民進党        5.7     8.6
共産党        3.6     4.5
自由党        0.1     0.0
社民党        5.2     0.9
無党派           58.6    44.1
特に支持している政党はない 40.3  31.9
わからない、無回答     18.3  12.2

愛国者の邪論 この世論調査は政権の政策の是非について、また内閣の支持率について、不問です。あるのは政権の意向がどう評価されているか!政権が使う言葉を使って世論調査を行った!ということです。

しかし、そのような世論調査でも、国民とかい離していることが浮き彫りになるほど、安倍政権がひどい!ということです。だからこそ、国民の気分・感情・要求を根こそぎ拾い上げて、公約・政策に収れんさせていく取り組みが野党に求められているのです!一刻を争って、沖縄をどうするのか!安全保障政策はどうするのか。9条はどうするのか!この間確認されてきた合意を、さらに政権構想と公約にまで発展させていくことが必要不可欠です。

このことを各種の世論調査結果は教えていると確信するものです。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺野古基地「建設」を「移設... | トップ | 人口10万人当たりの自殺者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。