愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

北朝鮮には圧力=軍事力の威嚇を!平和は力によってのみ初めて達成される!南シナ海は非武装化を!ってウソ!非武装化をいうのであれば憲法9条を使うことだろう!そして頭も使う!

2017-04-21 | 集団的自衛権

北朝鮮・南シナ海・東シナ海を口実に

着々と憲法9条を形骸化させる安倍首相!

今や戦前の三国同盟思想で軍事と外交を動かしている!

口では「非武装」「平和的解決」を口走るが

実際は

「平和は力によってのみ初めて達成される」

「北朝鮮が真剣に対話に応じるよう圧力をかけていく」

これこそ最大の挑発だな!危険だ!

この政策の裏側には国内の民主主義否定政策がある!

戦前の歴史を見れば一目瞭然!

対北朝鮮、圧力強化で一致=南シナ海「非武装化を」-日豪2プラス2

時事通信 2017/04/20-22:14

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042000707&g=pol

日本、オーストラリア両政府は20日、東京都内で外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開催した。北朝鮮による核・ミサイル開発で緊張が高まる中、日豪が緊密に連携して北朝鮮への圧力を強化していくことで一致。また、東・南シナ海情勢の安定化に向けた協力も確認し、中国が軍事拠点化を進める南シナ海の非武装化を求めた。

〔写真特集〕北朝鮮の軍事パレード~弾道ミサイル、続々登場~

 日豪2プラス2は2015年11月以来で、今回が7回目。岸田文雄外相と稲田朋美防衛相、豪側からビショップ外相とペイン国防相が出席した。4閣僚は共同声明を発表し、北朝鮮の核・ミサイル開発を「最も強い表現で非難」した上で、制裁の徹底による圧力強化が重要と指摘した。
 協議後の共同記者会見で、岸田氏は「日米と豪米の同盟がアジア太平洋地域で果たす役割の重要性を踏まえ、日豪米での連携強化が重要との認識で一致した」と説明。ビショップ氏は「北朝鮮が態度を変えるよう中国に促していきたい」と強調した。
 協議では、自衛隊と豪軍が食料や弾薬などを融通する物品役務相互提供協定(ACSA)改定が日本側で今月14日に承認されたことを受け、共同訓練など防衛協力を強化する方針でも一致した。(引用ここまで)

米副大統領、対北朝鮮「力で平和達成」=安倍首相、トランプ政権の姿勢評価

時事通信 2017/04/18-19:16

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041800647&g=pol

安倍晋三首相は18日午後、ペンス米副大統領と首相公邸で会談した。北朝鮮の核・ミサイル開発への対応について、ペンス氏は「米国は平和を追求しているが、平和は力によってのみ初めて達成される」と述べ、軍事力行使も排除せず厳しい態度で臨む考えを強調。首相も「北朝鮮が真剣に対話に応じるよう圧力をかけていくことが必要だ」と主張した。

〔写真特集〕北朝鮮の軍事パレード~弾道ミサイル、続々登場~

 

ペンス氏は、この後に行われた日米経済対話後の記者会見で「北朝鮮が核開発を放棄するまで圧力をかける。全てのオプションがあり得る」と指摘。「中国を含め国際社会が団結して経済的圧力をかけることで朝鮮半島の非核化を実現する」とも語った。
会談で首相は、トランプ政権の強い姿勢について「評価する」と表明。さらに、「日米同盟の強固な絆は揺るがないと明確に示していきたい」と強調した。
これに対し、ペンス氏は「日本が絶えず挑発の中に置かれている厳しい状況を理解している。米国は100%日本と共にある」と述べ、緊密に連携していく考えを示した。「日米同盟は北東アジアにおける礎石だ」とも語った。
首相とペンス氏は、北朝鮮問題で中国にさらに大きな役割を果たすよう求めていくことで一致。ペンス氏は「中国は問題をきちんと理解し、同じ行動を取ってもらえる」との認識を表明した。この発言について、萩生田光一官房副長官は会談後、「ペンス氏は米中が意識を共有しているとの感触と、中国がさらなる圧力につながる対応を取るとの期待を示した」と記者団に説明した。
一方、北朝鮮が近く6回目の核実験に踏み切るとの観測も出ているが、米側からその場合に軍事行動に踏み切るかどうか説明はなかった。会談では中国の東シナ海への海洋進出についても意見交換し、ペンス氏は沖縄県・尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用範囲だとの認識を表明した。
1月のトランプ政権発足後、ペンス氏の来日は初めて。会談は首相主催昼食会の形式で約60分間行われ、岸田文雄外相や世耕弘成経済産業相、米側からはロス商務長官らが同席。その後、岸田氏を含む少人数で約35分間議論した。(引用ここまで)

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中川俊直衆議院議員・経済産... | トップ | 憲法改悪のための一里塚であ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。