愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

都議選の自民党候補の個人演説会で反省は口したがやっぱり野党の責任を糺している!稲田大臣発言では言及せず!とNHK!読売は念頭に陳謝したと!ここでも謝罪せず!稲田発言は首相の指示か!?

2017-06-28 | 安倍語録

首相・総理としてのお詫びはしていない!

稲田発言について直接お詫びしていない!

売り言葉に買い言葉で政策的議論ができない!?

ウソだろう!

長々と自説と成果を語り自慢し

何を言っているのか、判らない答弁を繰り返し

質問にはまともに答えない!

ヤジを飛ばすなと言いながら自分でヤジを飛ばす!

ここでお得意の責任転嫁性格浮き彫り!

残念ながらこの国会では政策的な議論があまりできなかった。

いろんな理由があるが、1つは売り言葉に買い言葉。私もつい強い口調になってしまう。

この私の姿勢にも大きな原因があった

自民党総裁としても、そういう厳しいお叱りをいただき、おわびを申し上げたい

稲田防衛大臣応援演説については直接言及しませんでした

稲田防衛相が都議選の応援演説を念頭に

「厳しいおしかりをいただいており、党総裁としておわび申し上げたい」と陳謝した

「くだらない質問で終わっちゃったね」って吉田茂首相の『バカヤロー』と同じヤジを飛ばした安倍首相は議員を辞めるべき!糾弾しない世論はどうなっている! 2017-06-06 | 安倍語録

【悲報】安倍総理が完全にぶっ壊れたみたい・・

「印象操作」を連発!「ヤジ」も連発!放送禁止用語も!委員長が注意・与党から批判

健康になるためのブログ  2017/06/06

http://健康法.jp/archives/30760

NHK 「厳しいお叱り受けおわび」首相 都議選応援で 6月28日 21時33分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170628/k10011033631000.html?utm_int=news_contents_news-genre-politics_003

安倍総理大臣は28日夜、東京都議会議員選挙の自民党候補の個人演説会で、先の国会で強い口調で反論したみずからの姿勢に触れたうえで「自民党は厳しいお叱りをいただいており、党総裁としておわびしたい」などと述べ、信頼回復に努める考えを示しました。

この中で安倍総理大臣は先の通常国会について「残念ながらこの国会では政策的な議論があまりできなかった。いろんな理由があるが、1つは売り言葉に買い言葉。私もつい強い口調になってしまう。この私の姿勢にも大きな原因があった」と述べました。そのうえで安倍総理大臣は「国民の皆さまに申し訳ない。反省をしている次第でございますし、『自民党は何をやっているんだ』という厳しいお叱りもいただいている。自民党総裁としても、そういう厳しいお叱りをいただき、おわびを申し上げたい」と述べ、信頼回復に努める考えを示しました。一方、安倍総理大臣は稲田防衛大臣が27日に東京都議会議員選挙での応援演説で「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」などと述べたことについては直接言及しませんでした。(引用ここまで

読売 厳しいおしかりをいただいており、党総裁としておわび申し上げたい 2017年06月28日 19時30分

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170628-OYT1T50080.html?from=ytop_main2

安倍首相(自民党総裁)は28日夜、東京都台東区で開かれた都議選の自民党候補の集会で、稲田防衛相が都議選の応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言したことなどを念頭に、「厳しいおしかりをいただいており、党総裁としておわび申し上げたい」と陳謝した。(引用ここまで

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「頭に来たから全国に獣医学... | トップ | 都議選自民一人区全滅危機!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。