愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

国会が意のままに動かぬとみるやいきなり結論を打ち出すような焦り・不誠実な安倍首相には国会と国民の間の信頼関係は望めるだろうかといいながら、それでも退場を勧告しない北海道新聞社説!

2017-05-05 | 安倍式憲法改悪

ここまで言ってもなお安倍首相に引導を渡さない!

マンネリ!わがまま甘やかし!

憲法改悪のレールに国民を乗せる安倍首相の違憲言動を容認!

首尾一貫しない国会軽視のの安倍首相の姿勢は問題だ

有権者にも国会にも語らなかった内容を改憲派だけに一方的に発信するような安倍首相

国会が意のままに動かぬとみるやいきなり結論を打ち出す安倍首相

20年の東京五輪・パラリンピックを政治利用するかのような発言は見過ごせない

いまの首相の下で国会と国民の間の信頼関係が望めるだろうか

北海道新聞 首相「20年改憲」国会に委ねたはずでは 2017/5/5

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0113196.html

安倍晋三首相が憲法記念日に改憲派の集会で2020年の改定憲法施行を目指す意向を表明し、9条の1・2項を残しつつ自衛隊の存在を明記することが「国民的議論に値する」と訴えた。
改憲内容は国会に委ねる姿勢を示してきた首相が、衆参の憲法審査会の議論が本格化する矢先に一転、時期まで明示した。首尾一貫しない国会軽視の姿勢は問題だ
改憲が大きな焦点となった昨年の参院選で、首相は具体論には触れぬまま、改定発議が可能な衆参3分の2の改憲勢力を手にした。
今国会の施政方針演説でも「憲法審査会で具体的な議論を深めよう」と呼びかけたばかりである
有権者にも国会にも語らなかった内容を改憲派だけに一方的に発信した不誠実ではないか
背景には審査会の議論が首相の思い描くようには進んでいないことへの焦りがあろう。審査会は民進党などとの合意形成を重視し、丁寧な運営を心がけてきた。
自民党総裁として目指す改憲案を封印すべきだとは言わないだが国会が意のままに動かぬとみるやいきなり結論を打ち出す。そんな進め方では民進党は反発し、合意形成はむしろ遠のくだろう。
首相はそこを見越し、民進党の改憲派に揺さぶりをかけた上で発議を強行し、国民投票と国政選挙の「ダブル選挙」で賛成を訴えるのが狙いではとの観測もある
改憲まで数の力で押し切ることがあってはならない。
自衛隊が合憲か違憲か、憲法に明記すべきかどうかは確かに長年論議を呼んできた。だが「9条の下での自衛隊」であることによって、日本の平和主義と専守防衛政策が確立されてきた歴史がある。
安全保障法制で集団的自衛権の行使を認めた上に自衛隊を明記すれば、その歯止めがさらに失われかねない危険性を指摘したい。
20年の東京五輪・パラリンピックを政治利用するかのような発言も見過ごせない
首相は高度経済成長期に開催された前回の東京五輪と比較しながら、20年を「新しく生まれ変わった日本がしっかりと動きだす年、新しい憲法が施行される年にしたいと強く願っている」と述べた。五輪は改憲に賛成の人も反対の人も、国民挙げて成功を願っている。発言には五輪を前に国民の分断が進みかねない危うさがある
憲法を議論するにしても大前提は国会と国民の間の信頼関係だ。いまの首相の下で、それが望めるだろうか。(引用ここまで)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法遵守擁護の義務を負って... | トップ | 自民党の党是は違憲の国防軍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。