愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

「共謀罪」の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案を強行してしまえば、国民は、そのうち忘れるから大丈夫!森友のように加計も忘れるから大丈夫だ!国民愚弄限りなし!

2017-06-15 | アフリカ

テレビ・新聞など、情報伝達手段は不正を糺し気はあるか!

真実はどこまで明らかになるのでしょうか!

この問題も、これで幕引きとなるか!

TBS   “加計文書”「存在を確認」 “共謀罪”成立の午後に・・・3時間前

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3079772.htm

いわゆる「共謀罪」法が15日朝、成立しました。与党側はなぜ「禁じ手」とも言われる手法を駆使してまで成立を急いだのでしょうか。そして午後には、加計学園をめぐる文書について、政府は「存在を確認した」と発表しました。この2つの動き、実は密接にからみあっているようです。ついに文部科学省が文書の存在を認めました。

 「同趣旨の記述のある3つの文書を含め、同内容の文書の存在が確認できました」(松野博一文科相)

 これまで「確認できない」とされてきた“総理のご意向”と記された文書。一転して、「確認できた」というのです。一体、何があったのでしょうか。

 「こうなったからには何の調査でもやったらいいんじゃないの」(政府関係者)

 政府・与党は、今国会の最重要法案に決着をつけてから加計学園問題の再調査結果を発表しようと判断していたものとみられます。文部科学省の会見の6時間ほど前、“共謀罪”法案をめぐる与野党の攻防がクライマックスを迎えていました。

 「中間報告を求められましたので、現在までの委員会の審査の経過をご報告申し上げます」(秋野公造法務委員長)

 「共謀罪」の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案の成立を急ぐ与党側は、法務委員会での採決を省略し、「中間報告」という形で採決に踏み切ったのです。与野党双方の怒号が飛び交う中、投票が進みます。そして・・・

 「よって本案は可決されました」(伊達忠一参院議長)

 採決の結果は、賛成165、反対70。自民、公明、維新の会などの賛成多数により可決・成立しました。

 「我が国の安全・安心のためにぜひとも必要な法律であったと思っています」(金田勝年法相)

 15日午後、松野文部科学大臣は官邸で、加計学園をめぐる文書の再調査結果について、安倍総理からこう指示されたことを明かしました。

 「『国民の皆さんによくご理解いただけるように丁寧に説明するように』という指示を頂いた」(松野博一文科相)

 そのおよそ30分後、松野大臣は記者会見で、文書の存在を初めて認めました

 「19の文書のうち14の文書については、調査対象としたフォルダ及びメールボックスにおいて同内容の文書を確認できた」(松野博一文科相)

 松野大臣は、文科省が内閣府から「総理のご意向」と伝えられたなどとする19の文書のうち、同内容の14の文書が職員のパソコンの共有フォルダなどから見つかったことを明らかにしました。一方で、文書のうち2つは確認できず、残りの3つは「法人の利益に関わり、慎重な対応が必要」として、現時点では存否を含めて明らかにできないとしています。

 問題の文書を民進党などが公表したのは先月17日。しかし、菅官房長官は、その日の記者会見で・・・

 「怪文書みたいな文書じゃないでしょうか。出所も明確になっていない」(菅義偉官房長官 先月17日

 この2日後、文科省は「文書の存在は確認できなかった」と公表しました。ところが、文書がやりとりされていた当時の事務方トップ、前川・前事務次官が「文書は本物」と証言。さらに複数の文科省の現役職員が、文書はメールに添付されて複数の職員に送られ、共有されていたことを認めました。

 そして先週金曜、松野大臣は一転して再調査の実施を表明。職員26人から聞き取りなどを行った結果、14の文書が見つかったと15日、明らかにしたのです。

 「私としても、この結果を真摯に受け止めているところ」(松野博一文科相

 文書に記された「官邸の最高レベルが言っている」という事実があったかについては・・・

 「このメモが作成されている以上は、その場でそういう発言があったんだろうと思う。同時に具体的な話があったわけでもないので、真意は自分は分からない」(松野博一文科相

 15日午後、文科省の現役職員がJNNの取材に応じました。

 「文書の存在を認めたことについては素直によかったと思います。ただ、『細部まで覚えていない』などと不明瞭な部分もあり、これが内閣府の調査が何らかの結果ありきで行われることのステップの一つでないと信じたいです」

 文科省の会見の直後、もう一方の当事者、内閣府も会見を開きました。

 「内閣府においても、文科省における追加調査結果に対応して改めて調査を行う必要があると判断した」(国家戦略特区を担当する 山本幸三内閣府特命相

 山本大臣はこれまで「信憑性の疑わしい文書だ」などと再調査を拒んでいましたが、一転して調査を行うと発表しました。また、文書について「怪文書だ」などとして調査を一蹴していた菅官房長官は・・・

 怪文書という言葉だけが独り歩きしている、ここについては極めて残念なこと」(菅義偉官房長官

 一方、民進党は文科省の幹部らを呼び、なぜ調査結果の公表に時間がかかったのかなどと追及しました。

 「どうして発表するまでに時間がかかったのか。官邸の指示だったのか」(民進党 杉尾秀哉参院議員)

 「きょうの朝もヒアリング継続してやっています。ギリギリまでやっていたというのが事実」(文科省の担当者)

 また、蓮舫代表は、引き続き事実関係を究明する必要があると述べました。

 「まさか共謀罪を究極の強行採決して、国会を閉じて、“加計学園、もうこれで打ち切り”ということはないと思いますので、行政が正しく機能していたかどうか明らかにさせていただきたい」(民進党 蓮舫代表)

 今の国会は、16日が事実上の最終日。自民・民進両党は、16日午後に安倍総理も出席して予算委員会の集中審議を行うことで合意したほか、自民党は、国会が閉会した後に集中審議に応じる可能性も示しました。真実はどこまで明らかになるのでしょうか。(引用ここまで)

TBS  前川前文科次官コメント「文書あったと確認は当然」  2時間前

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3079788.html

加計学園の獣医学部新設計画をめぐる文書の再調査結果の公表を受け、前川・前事務次官は、「文書があったと確認されたのは当然のこと」などとするコメントを発表しました。文部科学省の前川・前事務次官は15日、代理人を通じてコメントを発表しました。このなかで前川氏は、「もともとあった文書が『あった』と確認されたのは当然のこと」としたうえで、「文部科学省の中で多くの人が苦しい思いをしていることに大変心をいためています。松野大臣は精いっぱいの誠実な調査を実施されたと受け止めております」としています。また、一転して再調査を行うことを表明した内閣府については、「国家戦略特区の制度の主務官庁は内閣府です。責任を文科省に押しつけるなど言語道断です」と厳しく指摘。内閣府が今後、さまざまな疑問点について説明責任を果たすよう強く求めました。(引用ここまで)

またまた自己弁護のスリカエ・ゴマカシ・デタラメ!大ウソつき官房長官!

こんな言い分が許されたら、なんでもアリ!

「当初は、信ぴょう性も出所もわからない文書だった。怪文書という言葉だけが独り歩きしているのは残念

個人攻撃と怪文書発言を繰り返し独り歩きさせていたのは

菅官房長官その人ではないか!

FNN 「総理の意向」文書...再調査で一転「あった」 06/15 17:47

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00361380.html

この1カ月、安倍政権を揺るがし続けてきた「総理のご意向」などと書かれた文書。その存在が文部科学省の追加調査で一転、確認された。国会の閉幕直前。この問題も、これで幕引きとなるか。
15日午後1時30分すぎから行われた、松野文科相の緊急記者会見。
松野文科相は「民進党等から提示された19の文書のうち、14については同内容の文書の存在が確認できましたが、2つの文書については、存在が確認できなかったとの調査結果が得られた」と述べた。
5月の調査で、確認できなかったとしていた加計学園の獣医学部新設をめぐる文書の大半が、再調査の結果、見つかったことを明らかにした。
確認できたのは、19の文書のうち、様式や構成が異なっているものもあったものの、「総理のご意向」、「官邸の最高レベルが言っている」などと書かれたものを含む14の文書の存在を確認。
残りの5つのうち、萩生田官房副長官の発言を記したものなど、2つについては、存在を確認できなかったとしているが、3つの文書については、学校法人の利益に関わるものだとして、あったかなかったか明らかにできないとしている。
文書は、前回の調査より調べる対象を拡大したところ、確認できたという
松野文科相は「前回調査は、その時点において合理的な調査であったと考えるものの、前回確認できなかった文書の存在が明らかになったことは、大変申し訳なく、私としても、この結果を真摯(しんし)に受け止めている」と述べた。
調査の責任者の文科省の義本博司総括審議官は、「総理のご意向」などと書かれた文書を、ある課長補佐が作成したことを認めたうえで、「ここに、こういう記述がある以上は、こうした趣旨の発言があったものだということだと。ただし、その真意はわからない」と述べた。
ヒアリングの結果、真意はわからないものの、実際、そうした発言があったと、課長補佐は話しているという。
5月、この文書について、前川前文科事務次官は「あったものを、なかったことにはできない。官邸の最高レベルが誰のことだかわからないが、一番上であれば総理、その次なら官房長官だから、お二方のどちらかなのかなと思った」と述べていた。
15日の会見では、「官邸の最高レベル」などの発言が、内閣府の誰からあったのかについても質問が出た。
義本総括審議官は「責任ある立場から話があったと理解している。自分がそういうことを聞いたと同趣旨のことを聞いたと、ここに書かせてもらっているので、それ以上でもそれ以下でもない」と述べた。
文書の存在が確認されたことについて民進党の蓮舫代表は「結果としては、隠蔽(いんぺい)していた。この文書を怪文書と言い放ち、個人攻撃を繰り返してきた菅官房長官の責任が問われているとあらためて強く言わせてもらう」と述べた。
文書の発覚直後、「怪文書みたいな文書じゃないか」と話していた菅官房長官は、会見で「当初は、信ぴょう性も出所もわからない文書だった。怪文書という言葉だけが独り歩きしているのは残念」と述べた。
文科省が、文書の一部を確認したことを受けて、これまで調査に消極的だった内閣府も、調査を行うことを明らかにした。
山本地方創生相は「今晩、徹夜してでもやって、明朝には結果を発表することにしたい」と述べた。
この問題をめぐっては16日、参議院の予算委員会で、安倍首相も出席のもと、集中審議が行われることになった。 引用ここまで

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文書は確実に存在していたが... | トップ | 怪文書を独り歩きさせた菅官... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。