愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

NHK憲法世論調査でも9条「改正」は25%しかいない!57%は不必要!憲法9条が日本の平和と安全に役に立つ82%!

2017-04-29 | 世論調査

NHKニュースの見出しを見ると

何を隠ぺいして何を強調したいか!

官邸の姑息が浮き彫りになる!

世論調査は見出しでかけではダメだ!

中身をきちんと検証すべし!

FNNと産経が憲法「改正」が52.9%と小躍りして報道して国民を洗脳しようとしているが、全くのデタラメ!9条「改正」反対は59.9%だ!恥を知れ!(2017-04-18 | 産経と民主主義)

FNN産経4月世論調査の慰安婦・TPP・豊洲・憲法「改正」でもスリカエ世論調査浮き彫り!憲法9条「改正反対」は59.8%だ!この時期に!(2017-04-17 | 世論調査)

 憲法改正「必要」43% 「必要ない」34% 

NHK世論調査  4月29日 19時38分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170429/k10010966601000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

日本国憲法は来月5月3日で施行から70年を迎えます。NHKの世論調査で、今の憲法を改正する必要があると思うか聞いたところ、「改正する必要があると思う」が43%、「改正する必要はないと思う」が34%でした。「戦争の放棄」を定めた憲法9条について聞いたところ、「改正する必要があると思う」が25%、「改正する必要はないと思う」が57%でした。

調査概要 NHKは、3月、全国の18歳以上の4800人を対象に、憲法についての世論調査をおこないました。今回は電話による調査ではなく、直接会って聞く個人面接法で実施し、55.1%にあたる2643人から回答を得ました

憲法改正「必要」43% 「必要ない」34%

この中で、今の憲法を改正する必要があると思うか聞いたところ  2643人
「改正する必要があると思う」43% 1136.5人
「改正する必要はないと思う」34%  898.6人
「どちらともいえない」   17%  607.9人
「不明」           6%  158.6人

同じ方法で行った憲法に関する過去の調査と比較すると、「改正する必要があると思う」と答えた人は、1974年1992年2002年の調査では増加を続け、アメリカの同時多発テロ事件の翌年の前回2002年58%に上りましたが、今回の調査では前回を15ポイント下回りました。「改正する必要はないと思う」と答えた人は、前回より11ポイント増えました。

愛国者の邪論 憲法「改正」という曖昧な質問に問題があります。「改正」に対するイメージは回答者にとって「様々」だからです。こんな世論調査はやめるべきです。この「改正」の数字を使って「改正」の「空気」をつくってきた「改悪」派の姑息を見破るべきです。しかし、「改悪」派の「改正」とするスリカエ・ゴマカシ・デタラメ・大ウソのトリックは、国民には、なかなか通用していません。以下ご覧ください。

改憲賛否の理由は
「改正する必要があると思う」と答えた人にその理由を聞いた 1136.5人
「日本を取りまく安全保障環境の変化に対応するため必要だから」  54%・613.7人
「プライバシーの権利や環境権など新たな権利を盛り込むべきだから」16%・181.8人
「国の自衛権や自衛隊の存在を明確にすべきだから」        15%・170.5人
「アメリカに押しつけられた憲法だから」             12%・136.4人
「不明」                             3%・・34.1人

愛国者の邪論 テレビを通じて振りまいている「諸事実」をあげて質問していますが、最近の「事実」に対して一番反応していることに、テレビをとおして煽動していることが、改めて浮き彫りになります。
しかし、安倍派=憲法改悪派のネライの項目=理由にあげているのは少数派です。ここに憲法改悪派の野望が貫徹していないことが判ります。

「改正する必要はないと思う」と答えた人にその理由を聞いたところ 898.6人
「戦争の放棄を定めた憲法9条を守りたいから」 51% 458.3人
「すでに国民の中に定着しているから」     23% 206.7人
「基本的人権が守られているから」       21% 188.7人
「アジア各国などとの国際関係を損なうから」   3%  27.0人
「不明」                    2%  18.0人

9条改正「必要」25% 「必要ない」57%

また、「戦争の放棄」を定めた憲法9条を改正する必要があると思うか聞きました。2643人

「改正する必要があると思う」 25%  660.8人
「改正する必要はないと思う」 57% 1506.5人
「どちらともいえない」    11%  290.7人
「不明」            3%   79.3人

前回の2002年の調査と比較すると、「改正する必要があると思う」は5ポイント減り、「改正する必要はないと思う」は5ポイント増えました。

愛国者の邪論 「改正する必要があると思う」43%・1136.5人にもかかわらず。9条「改正する必要があると思う」25%。660.8人というところに、この種の曖昧な世論調査の実態が浮き彫りになりました。9条を「改正する必要はないと思う」57%・1506.5人のいる!これだけ「危機」「脅威」を扇動しているのに!

「改正する必要があると思う」と答えた人にその理由を聞いたところ 660.8人
「自衛力を持てることを憲法にはっきりと書くべきだから」  57% 376.7人
「国連の平和維持活動などにより積極的に貢献すべきだから」 24% 158.6人
「自衛隊も含めた軍事力を放棄することを明確にすべきだから」 8%  52.9人
「海外で武力行使ができるようにすべきだから」        7%  46.3人
「不明」                          4%  26.4人

愛国者の邪論 ここでもデタラメの項目が使われています。そもそも、政府は、当初は「自衛権も否定していた」のですが、朝鮮戦争の時以来、「9条は自衛権までは否定していない」という見解でずっときています。このことを踏まえれば、この設問そのものはナンセンスです。「海外武力行使」「容認」はたった7%しかいません!

「改正する必要はないと思う」と答えた人にその理由を聞いたところ 1506.5人
「平和憲法としての最も大事な条文だから」      58%
「海外での武力行使の歯止めがなくなるから」     22%
「改正しなくても、憲法解釈の変更で対応できるから」 11%
「アジア各国などとの国際関係を損なうから」      5%
「不明」                       4%

憲法9条が日本の平和と安全にどの程度役に立っていると思うか聞いたところ 2643人
「非常に役に立っている」  29%
「ある程度役に立っている」 53%
「不明」          18%

これまでの調査の中で「役に立っている」と答えた人が初めて8割(82%)を超えました。

愛国者の邪論 決定的です。82%とは2167.3人ということになります。このような意見があるにもかかわらず「改正」論が出てくるのは、何故か!「ためにする」「改正」論が、改めて浮き彫りになりました。しかも、憲法「改正」論の「理由」を見ると、更に9条「改正」論の「理由」を見ると、如何に憲法を活かした政治が行われていないのか、このことを強調しておかなければなりません。

自衛隊について

自衛隊は憲法で認められるものだと思うか聞いたところ 2643人
「認められると思う」   62% 1638.7人
「認められないと思う」  11%  290.7人
「どちらともいえない」  22%  581.5人
「不明」          5%  132.2人

同じ方法で調査した25年前、1992年の結果と比べますと、「認められると思う」が14ポイント増え、「認められないと思う」が7ポイント減りました。

愛国者の邪論 自衛隊「容認」は、これだけとは、驚きです。

また、自衛隊が、今後どのような面に力を入れていったらよいと思うか複数回答で聞いたところ
「人命救助や災害復旧」        90%
「テロの防止、対策」         63%
「他国からの侵略や攻撃に対する防衛」 62%
「国連の平和維持活動への参加」    47%
「同盟国と共同で行動すること」    33%

愛国者の邪論 順当です。戦後自民党政権が自衛隊違憲論を凌駕するために自衛隊を使ってきたことの「成果」が、改めて浮き彫りになりました。ここでも安倍政権のネライは貫徹していません。

国連の平和維持活動に参加する自衛隊について、活動の範囲が拡大され、国連の関係者などが武装グループなどに襲われた場合武器を使って助けられるようになったことについて聞いたところ 2643人
「賛成」          23%
「どちらかといえば、賛成」 39% 62%
「どちらかといえば、反対」 25%
「反対」           8% 33%
「不明」           5%

愛国者の邪論 「国連の平和維持活動」と「同盟国と共同で行動すること」と「海外で武力行使ができるようにすべきだから」などは、回答者の頭の中には連動していないことが判ります。それは9条と憲法に対するスタンスがはっきりしていないからでしょう。ここに「憲法を活かす」論が徹底されていないことが判ります。これが課題です。

安全保障への意識

日本が戦争や紛争に巻き込まれたり、他国から侵略を受けたりする危険性がどの程度あると思うか聞いたところ 2643人
「非常にある」  24%
「ある程度ある」 63% 87% 2299.4人 
「あまりない」  10%
「まったくない」  1% 11% 290.7人

愛国者の邪論 最近の煽動を反映した世論であることが判ります。

また、これらの人が憲法9条の改正についてどう考えているかをみると、
「危険がある」と答えた人    2299.4人では 2643人で見ると
「改正する必要があると思う」27%  620.8人  23.5%
「改正する必要はないと思う」56% 1287.7人  48.7%
「不明」          17%  390.9人  14.8%
と答えています。

「危険はない」と答えた人     290.7人では   2643人で見ると
「改正する必要があると思う」 13%    37.8人  1.4%
「改正する必要はないと思う」 72%   209.3人  7.9%
「不明」           15%    43.6人  1.7%

愛国者の邪論 連日「危機」と「脅威」が煽動されているのに、9条「改正」には、はっきりした回答をしていることが判ります。56.6%だからです。いろいろな言葉を使った粉飾にもかかわらず、9条水脈は「不動」です。

5つの事柄について、安全保障の面でどの程度脅威を感じるか聞いたところ、
①「北朝鮮による核開発や弾道ミサイル実験などの挑発的な行動」について、
「大いに脅威を感じる」  60%
「ある程度脅威を感じる」 33% 合計 93%
「不明」          7%

このほか、「脅威を感じる」とした数字は以下のとおり
②「中国の軍事力増強や、海洋における活動の拡大・活発化」 88%
③「国際テロ組織の活動が活発になっていること」      85%
④「韓国との間で竹島の領有権をめぐる問題があること」   66%
⑤「ロシアの極東における軍の施設や装備増強の動き」    59%

愛国者の邪論 「脅威」「危機」を扇動していることの反映が浮き彫りになります。しかも、何を強調しているか!全くリンクしています。このことは逆に言えば、テレビの煽動がなければ、また、安倍首相が対話路線=憲法平和主義をつかっら外交交渉を強め具体化していれば、このような数字にはならないでしょう。その意味でも、安倍首相の憲法平和主義と非核三原則を使っていない外交内政政策の矛盾。無能無策無責任ぶりが、ここでも浮き彫りになります。

日米安保条約に基づくアメリカとの同盟関係を今後どうしていくべきだと思うか聞いたところ
「同盟関係をより強化していくべきだ」    27%
「現状のまま維持していくべきだ」      56%
「協力の度合いを今より減らしていくべきだ」  9%
「日米安保の解消をめざしていくべきだ」    3%

愛国者の邪論 安倍政権の集団的自衛権行使の日米軍事同盟深化論は支持されていないことが、ここでも浮き彫りになります。
核軍事抑止力論との関係を質問すべきです。紛争を平和的手段を使って解決することが憲法9条の本質ですが、このことについては黙殺です。
NHKの姑息が、ここでも浮き彫りです。
いわゆる「護憲」派こそが、憲法に対する国民のホンネを引き出すための世論調査をすべきだと言うことを、改めて強調しておきたいと思います。
憲法をどうやって使うか!活かすか!「護憲」論ではなく「憲法を活かす」論で、「空気」をつくることができるか!

九州大学 井上武史准教授
憲法を「改正する必要がある」と答えた人の割合と「改正する必要はない」と答えた人の割合の差が前回の調査よりも縮まったことについて、改正に向けた議論を進めるべきだという立場の九州大学の井上武史准教授は、「意外な結果だ。日常生活や国の政治で特段の不都合はないという考え方が広まっているのではないか」と分析したうえで、「安全保障法制の論議をへて法律ができたことで喫緊の憲法改正の必要がなくなり、憲法を変えなくてもいいという観念が広まった可能性はある」と述べました。
また、憲法9条を「改正する必要はない」という回答が「必要がある」を上回り、前回の調査より差が広がったことについては、「日本の平和が保たれているという評価と、安全保障環境が厳しいと指摘されている中で、9条がなければ歯止めなしに突き進んだのではないかという評価が入り交じっている」としたうえで、「9条の中身は時代とともに変わってきているにもかかわらず変える必要がないというのは中身よりも吸引力や文言を抱きしめておきたいという感覚に近いのではないか」と指摘しました。さらに、施行から70年となる憲法が果たしてきた役割について、「立憲主義に基づき民主主義や基本的人権という普遍的な価値が日本社会の基本原理であり続けてきたことは誇りに思ってよいことだ。ただ、憲法を変えることで今よりもっとよくなる可能性もある。単に憲法を守る、変えるという0か1かの議論ではなく立憲主義や民主主義をよりよくしていくという観点で憲法をみることが必要だ」と述べました。

東京大学 石川健治教授
憲法を「改正する必要がある」と答えた人の割合と「改正する必要はない」と答えた人の割合の差が前回の調査よりも縮まったことについて、今は憲法を変えるべきでないという立場の東京大学の石川健治教授は、「2002年は小泉総理大臣の時代で、改革がよいことだという気分と同時多発テロ事件に対する危機感とが相乗効果になって、改正が必要だという回答が多くなった」と分析したうえで、「立憲主義に対する理解が一定程度深まり、憲法は常に時代に合わせて更新しなければならないものではないという考えが広がったことがこの結果につながっているのではないか」と指摘しました。また、憲法9条を「改正する必要はない」という回答が「必要がある」を上回り、前回の調査より差が広がったことについては、「東アジアの安全保障の環境に加え、中東の情勢も絡んで状況が複雑になる中で、9条の平和ブランドを掲げていることの意味に関心を持つ人が増えることは自然だ」としたうえで、「危機にあおられて改正するのはいちばん危険で、そうではなくて冷静に、じっくり考えたいという人が多かったのは、大事なことだと思う」と述べました。さらに、施行から70年となる憲法が果たしてきた役割について、「戦時中と比べれば、どれだけ風通しのよい、息苦しくない社会を生きているかがわかる。日本国憲法が制定されたことで明らかによい社会になったことは否定のしようがない。調査結果からは憲法に対する問題への関心の深まりを読み取ることができ、施行70年を迎えて憲法が定着したと感じる」と述べました。(引用ここまで)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮の「挑発」一覧と米軍... | トップ | 憲法施行70年!憲法と9条を評... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日のニュースみてました。 (近)
2017-04-30 08:26:07
NHKニュースで「改憲賛成が43%」というアナウンスに、愛妻が「おかしいんじゃない!」と言うので、ボク、「総論賛成、各論で賛否を取れば、結果は違う、聞き方に問題がある」と邪論さんと同じことを言ってました。
安倍首相忖度装置! (愛国者の邪論)
2017-04-30 10:46:32
近さん
コメントありがとうございます!

テレビも新聞も世論調査結果を詳しく報道していません!
見出しが問題ですね。

産経もFNNも憲法9条「改正反対」は多数派なのに、「憲法改正」が多数派であると扇動しています。

自分のところの調査について、でさえもウソをつく!

もうめちゃくちゃですね。

主権者国民は、自分の考えを総点検してい視る必要があります。

誰かが言っていましたっけ?

全てのものを疑え!と。

日々深化していくためには、一時も留まることはできません。

進化=深化とはそういうものです!

ところですでに記事にしましたが、安倍首相のイギリスにおける記者会見、籠池問題は質問しませんでしたね。

安倍偽善危機増幅憲法否定内閣を忖度する日本の情報伝達手段は堕落していますね。

勿論すべてではありませんけど。中にはまともさを維持している番組もあります。

しかし、事、安倍首相の限度になると、忖度がはじまり、オレオレ詐欺のような報道になってしまう!

韓国のメディアの方が、先を行っていますね。

韓国では中央日報は朴槿恵大統領の不正問題では、その追及を徹底させていたそうです。この新聞、日本では読売新聞と同じいちにあるそうです。

しかし、日本では安倍首相と読売の渡辺氏は、最近も夜な夜な会食している!

マジに、堕落ですね。私も堕落していますが、その比ではありません!

私の堕落は、国民にとっては何らの利害もなし!日本の情報伝達手段のテレビ・新聞は、直、国民生活と日本の平和に連動しています!

ま、メディアの民主化=憲法を活かす‼も、日本の焦眉の課題です。

頑張りましょう!

愛国者の邪論

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世論調査」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。