愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

野党との論戦で「ちょっとむきになったところがあったのを改めて、ソフトに対応していきたい」と語った安倍首相は政治家退場!「こんな人たち」「レッテル貼」「印象操作」にも政治家向きでないことが暴露!

2017-07-13 | 安倍語録

感情をコントロール・ブロックできない人間は政治家には不向き!

安倍語録を徹底的に検証すればするほど安倍首相の本質浮き彫りに!

今まで築き上げてきた世界的な指導者との関係が良好と錯覚している!

何故か!

日本国民の勤勉さや平和憲法にこそ信頼があることを全く判っていない!

 

安倍式思考回路で言えば

国民の血税を使ってばらまきをしてきただけ!

 

安倍晋三個人との関係ではないからだ!

 

この発言そのものがおめでたい!

 時事通信 安倍首相「今後はソフト対応」=国会論戦念頭に 2017/07/13-16:19

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071300881&g=pol

首相は13日、自民党の幹事長と首相官邸で会談した。首相は、通常国会での野党との論戦を念頭に「ちょっとむきになったところがあったのを改めて、ソフトに対応していきたい」との意向を示した。首相は「国民の求めることを一生懸命やるのみだ。今まで築き上げてきた世界的な指導者との関係に立脚して、世界の平和と安定に努力していきたい」とも語った。会談に同席した政治評論家の森田実氏が記者団に明らかにした。憲法改正や内閣改造・自民党役員人事は話題にならなかったという。(引用ここまで

NHK  安倍首相「国民が求めることを一生懸命やるのみ」 7月13日 15時46分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011057131000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_009

安倍総理大臣は自民党の二階幹事長と会談し、各種の世論調査で内閣支持率が下落していることを念頭に、「国民が求めることを一生懸命やるのみだ」と述べ、着実に実績を積み重ねることで国民の信頼回復に努めたいという考えを示しました。会談は総理大臣官邸で昼食をとりながらおよそ1時間半にわたって行われ、政治評論家の森田実氏も同席しました。この中で、安倍総理大臣は、各種の世論調査で内閣支持率が下落していることを念頭に、「国民が求めることを一生懸命やるのみだ。外交でも、今まで築き上げてきた各国の指導者との関係をいかし、世界の平和と安定のために全力を尽くしていきたい」と述べ、着実に実績を積み重ねることで国民の信頼回復に努めたいという考えを示しました。また、安倍総理大臣は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設などをめぐる先の国会での答弁について「少しむきになったところがあった面は改めて、もう少し柔らかくソフトに対応していきたい」と述べました。(引用ここまで)

愛国者の邪論 安倍晋三首相という人間のデタラメさが、ここでも浮き彫り!この御仁、腹の中は、口で語ったことと違っているので、語れば語るほどウソがバレル!やっぱり「野党の責任に転嫁」している!

自分の性格に、そして政治家としての資質には言及していない!普通の人間ではないのだ!こんな感情的な人間が自衛隊員の命を預かっていることに呆れる!はっきり言ってオオバカヤローです!

しかも「各国の指導者との関係」を強調することで、いつものように「手柄話・自慢」を強調しているのです!ホントにそうか!核兵器禁止条約採択に反対する安倍政権!慰安婦問題で真摯な態度を示さない・侵略戦争を正当化する安倍首相!オバマ前大統領とトランプ現大統領に対する態度の変わり身の早さを示す政治家安倍晋三首相!核兵器使用を公言しているプーチン大統領との親交を繰り返しているがヒロシマ・ナガサキには招待せず、自分の地元に招待した政治家安倍晋三首相!などなど、現行の不一致ぶりには目を覆うばかり!

だが日本の情報伝達手段のテレビ・新聞は安倍首相の言行を徹底して糺していないし、むしろ何を言っても許してきた!その甘やかしが日本社会の無秩序さを浮き彫りにしている!

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官邸に「1日に300人から... | トップ | 都議選自民党23惨敗・都民フ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。