愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

米高官の金正恩殺害発言は挑発ではなく抑止力であり北朝鮮のオバマ殺害のミサイル攻撃は挑発であり抑止力ではない!あなたはどう思う?

2016-10-15 | 北朝鮮

北朝鮮が核攻撃能力を持てば、金正恩朝鮮労働党委員長は死ぬことになる

オバマ(大統領)はホワイトハウスを去る前にその代価を思い知ることになる

北朝鮮は自国最高指導者に対する冒涜(ぼうとく)と受け取り

日米韓は北朝鮮が弾道ミサイル発射など挑発行為に出る可能性があると評価し

横須賀基地を拠点とするアメリカ軍の原子力空母、「ロナルド・レーガン」などが参加

ということは日米軍事同盟違反だな!

米韓軍事演習は

北朝鮮にしてみれば朝鮮半島情勢を危機に追いやる軍事的挑発だ

日米韓からみれば

核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮に対し、軍事的な圧力を強めるため実施され

北朝鮮の核やミサイルの重要施設を攻撃することなどを想定して両軍が連携を確認

北朝鮮をけん制し、弾道ミサイル発射などの挑発を抑止する狙い

だから、横須賀基地からも出撃している!

時事通信 米高官発言は「最大の挑戦」=金正恩氏の「死」言及で-北朝鮮 10/15-21:18

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101500234&g=int

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は15日、ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が「北朝鮮が核攻撃能力を持てば、金正恩朝鮮労働党委員長は死ぬことになる」と警告したとする報道に関して声明を発表、「最大の挑戦であり、宣戦布告を実行に移す敵対行為」と強く反発した。声明はラッセル次官補の発言について「オバマ(大統領)はホワイトハウスを去る前にその代価を思い知ることになる」と警告した。

米メディアによれば、ラッセル次官補は12日、記者団との懇談で、北朝鮮が核攻撃能力を得た場合の仮定の話として、金正恩氏の死に言及した。北朝鮮は自国最高指導者に対する冒涜(ぼうとく)と受け取り、弾道ミサイル発射など挑発行為に出る可能性もある。

一方、韓国軍合同参謀本部によると、米韓両軍が黄海など海上で実施していた大規模な合同演習は15日、終了した。朝鮮労働党創建71年の記念日である10日に開始された演習には、米原子力空母「ロナルド・レーガン」などが参加北朝鮮をけん制し、弾道ミサイル発射などの挑発を抑止する狙いがあった。(引用ここまで

 

NHK 米韓合同軍事演習が終了 北朝鮮の挑発に備え警戒継続 10月15日 17時28分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161015/k10010731141000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_005

米韓合同軍事演習が終了 北朝鮮の挑発に備え警戒継続

動画を再生する

北朝鮮への軍事的な圧力の一環として、アメリカ軍と韓国軍が行っていた海上での合同軍事演習が、15日午後、終了しました。米韓両軍は、演習が終わったあと、北朝鮮が軍事的な挑発に出る可能性は排除できないとして、警戒と監視を続けることにしています。

今月10日から始まったアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習は、朝鮮半島西側の黄海など韓国周辺の海域で行われ、横須賀基地を拠点とするアメリカ軍の原子力空母、「ロナルド・レーガン」などが参加しました。

演習は、核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮に対し、軍事的な圧力を強めるため実施され、北朝鮮の核やミサイルの重要施設を攻撃することなどを想定して両軍が連携を確認しました。

韓国軍によりますと、演習は予定どおり15日午後、終了しました。

この演習について北朝鮮は今月12日、国営メディアで「朝鮮半島情勢を危機に追いやる軍事的挑発だ」と非難したほか、15日も、「われわれの報復攻撃が始まれば、アメリカ本土と太平洋地帯の基地はもちろん、南も完全に火の海になるだろう」と主張するなど繰り返し反発しています。

演習の期間中、北朝鮮は弾道ミサイルの発射などは行いませんでしたが、米韓両軍は、演習が終わった後に北朝鮮が軍事的な挑発に出る可能性は排除できないとして、今後も警戒と監視を続けることにしています。(引用ここまで

対中「脅威」論は北朝鮮の米「脅威」論と相似形!

「危機」と「脅威」煽動は憲法平和主義の形骸化と否定そのもの!

国内向けの意味は

政権の失政と破たんの隠ぺい・政権安泰装置として活用している!

国民は安倍政権の経済政策の失政を隠ぺいする「脅威」煽動を許さず

国民生活改善を優先させる政権を選択すべき!

対話と交流を多様に駆使して発展させる政権を選択すべき!

これこそ憲法平和主義を活かす内政外交政治全面実践政権だな!

 NHK 自衛隊機の緊急発進 4月から半年間で過去最多に 10月15日 4時19分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161015/k10010730581000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_004

自衛隊機の緊急発進 4月から半年間で過去最多に

動画を再生する

領空侵犯のおそれがある国籍不明機に対する、自衛隊機のスクランブル=緊急発進は、ことし4月からの半年間で、この期間としては過去最多となる594回に上り、特に中国機への対応が大幅に増えています。

防衛省によりますと、航空自衛隊の戦闘機が行ったスクランブル=緊急発進は、ことし4月から9月までの半年間で594回と、前の年の同じ時期に比べて251回、率にして73%増え、半年間の統計を公表し始めた平成15年度以降、過去最多になりました。

国や地域別では、中国が最も多く407回で、前の年に比べて176回、76%増え、年間で初めて500回を超えた昨年度を大きく上回るペースで推移しています。次いで多かったのがロシアで180回、台湾が5回などとなっています。

中国機への緊急発進は沖縄本島の北西や尖閣諸島の北側の東シナ海の上空に集中していて、先月25日には戦闘機と見られる2機を含む軍用機8機が東シナ海から太平洋まで出て往復したのが確認されています。

防衛省は、中国が東シナ海上空での情報収集などの活動に加えて、今後、太平洋での訓練を活発化させる可能性もあると見て、動向の監視と分析を続けています。(引用ここまで

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月より7%も下がったNHK... | トップ | 読売新聞世論調査でも安倍内... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。