愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

蓮舫代表の二重国籍問題の正当性と不当性について検証すると産経などのデタラメ・トリックは自民党の小野田紀美参院議員が証明しています!

2017-07-17 | 産経と民主主義

蓮舫代表の二重国籍問題の本質は何か!

蓮舫代表は日本初の女性首相の可能性を秘めている!

蓮舫・野田執行部が野党共闘にシフトしていけば安倍政権は必ず倒される!

野党共闘と政権交代妨害のシナリオの一つだな!

蓮舫代表の二重国籍は国会議員になったときは何も問題になっていない!

【音声配信】「民進党・蓮舫代表の『二重国籍』は問題なし。

説明責任は法務省にあり」奥田安弘×荻上チキ

(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~) 2017年7月13日(木)放送分

https://www.tbsradio.jp/164572

恥ずべき産経!

よくよく調べることだな!

或いは知っていてやっているのか!?

二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判

「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」「合法か違法かの話です」

産経 2017.7.16 20:49更新

 http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160017-n1.html

自民党の小野田紀美参院議員(菊本和人撮影)自民党の小野田紀美参院議員(菊本和人撮影)
 

民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題で、蓮舫氏が公的書類公開を表明しながら戸籍謄本公開に難色を示していることを受け、自民党の小野田紀美参院議員が自身のツイッターで「国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている戸籍謄本のみです。ルーツや差別の話なんか誰もしていない」などと立て続けに批判した。

小野田氏自身も昨年10月、米国との「二重国籍」状態だったことが発覚し、その後手続きをとって今年5月に正式に解消した。自身のフェイスブック上で戸籍謄本や米国籍の喪失証明書を公開している。

小野田氏は、蓮舫氏が13日の記者会見で公的書類を公開すると表明したことを受け、翌14日に国籍に関するツイートを相次いで投稿した。蓮舫氏を名指しせずに「国籍法14条の義務である日本国籍の選択を行ったかどうかは戸籍謄本にしか記載されません」と紹介し、戸籍謄本を公開する必要性を説いた。

その上で小野田氏は、蓮舫氏が個人のプライバシーを理由に「戸籍を差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」と発言したことを念頭に「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。日本人かそうでないかの話ではない。合法か違法かの話です」と断じた。

愛国者の邪論 小野田議員は、米国との「二重国籍」状態だったにもかかわらず議員立候補できたのは何故でしょうか!「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか」というのであれば、自身は「公職選挙法」に「違反」していたことになります!であるならば、議員辞職が相当です。しかし、そのような手続きは全くしていません!メチャクチャですね。

小野田氏のツイートには「なるほど! だから蓮舫さんはかたくなに戸籍謄本の公開を避けているのですね」「小野田さんが言うと説得力があるね」「テレビなどでこの件について詳しい説明をしていただけないでしょうか。都合の悪いことは報道しない自由を振りかざすマスメディア相手では困難はあるでしょうが」-など多数のコメントが寄せられている。(引用ここまで)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共同通信世論調査でも安倍晋... | トップ | テレビ朝日7月世論調査内閣不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

産経と民主主義」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。