50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

やっと、家に辿り着いたものの。。。(;´・ω・)

2017-05-10 22:17:10 | 海外生活
いつものことですが、帰ってきて疲れ切っています。

おまけに、こっちに帰ってきても、日本のように、美味しいものが売ってないし、外食も気軽にできないので、
つらいです。

日本なら、帰っても、気軽に外食したり、スーパーに行けば、寿司やら出来合いの料理が売っていて
しかも、美味しいのですが。

こちらは、寒いです。日が照っていても、風が冷たくて、日本の暖かさが恋しいです。
腰痛もあるし、この国で、老後を過ごしたくないと、つくづく思います。
シャワーしかない我が家では、暖かいお風呂にも入れないし、おまけに、夫は、水道代が値上がりしたので、水を節約するように、
と言い渡しました。
1か月、1万円くらいかかるそうです。
驚きました。去年は払い過ぎて、返金してきたそうですが、今年は、何だか、不足しているので、余分に払わないといけないそうです。
どうなってるのでしょう?日本だと、そんなことないのに。
使ったら使っただけ、請求が来るのに。

それよりも、何よりも、いつまでも、こんなに、しんどいイギリスと日本を行ったり来たりの生活は
続けられないと思ってしまいます。

やはり、2年4か月後には、日本に戻りたいです。
仕事は、ないかもしれないけど、ここで、ずっと暮らすのは、しんどいです。

関西空港から、ヒースロー空港まで、直行便がないので、アシアナ航空を使って、ソウルで乗り換え。
これが、一番、関西に住む私にとって、一番、負担のないコースですが、日本からイギリスに帰る時は、1時間余分にかかります。
関空からソウルまで、関空のホテルを出たのが朝の8時で、1時間半の飛行でソウル着。
そこで3時間待ち、でも飛行機が少し遅れたりしました。
ソウルからイギリス迄12時間です。
でも、イミグレーション(移民局)で、1時間ほど並ばないといけないので、合計17~18時間、そして、
この日は、ヒースロー空港の近くのホテルで宿泊。

昔は、ホテルに泊まることもなく、家まで帰っていたので、合計22時間くらいかかりました。
年をとってくると、体力に限界が出来てきて、お金が少々かかっても、ホテルに1泊するだけでも、疲れの度合いがちがいます。
還暦を過ぎてからは、行き帰りは、必ずホテルに宿泊するようになってしまいました。

こんな風に行ったり来たり出来るのも、65歳くらいまでは、何とかなるでしょうが、70歳ともなると、きっと、プレミアムエコノミーシートなどが必要になるような気がします。
腰痛のある私は、きっと、エコノミーシートでは、耐えられないでしょう。

大体、乗客の年齢を見てると、70歳くらいまでの人は、いるけど、それ以上の年齢の人となると、殆んど見かけません。
長時間の飛行機の旅が苦痛になってくることと思われます。

日本からアジア、せめて、7,8時間の飛行機の旅なら、我慢できるのですが。

一度だけ、ファーストクラスに、アップグレードされた時は、本当に、至れり尽くせりで、こんな旅なら、全くラクチンで、快適と思ったものです。
プレミアムエコノミーに、アップグレードしてもらった時も、座席が広いのと、リクライニングが出来るというだけで、そして、隣の人との隙間が広いというだけで、ストレスが、半減しました。 エコノミーに比べたら、はるかに、快適でした。
でも、普通に、この切符を買おうと思ったら、エコノミーの2倍か3倍かかるので、未だ、そんな余裕がありません。

今回は、飛行機の中で、窓のブラインドを、開けたり閉めたりする人がいて、眩しくて、そのたびに目が覚めて、眠れませんでした。

おまけに、イギリスの自宅に帰ってきたら、すごい煙の臭いで、くさくて、閉口しました。

3日ほど前、夫が、レンティルスープを作った時、鍋を焦がしたみたいで、窓を開けても、どんなことをしても、
この臭いが取れないで、閉口しています。

鍋を焦がしただけで、こんなに何日も、臭いが、取れないものなのでしょうか?
私は鼻が良すぎて(臭いに敏感なので)、こういう時は、困ります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関西空港より | トップ | コーヒーとサンドイッチで、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL