50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

新しい展覧会へ向けて

2017-07-14 23:04:32 | 水彩画
この1、2週間は、展覧会の準備で、大忙し、なのに、何だか気分が憂鬱。
やはり、終の棲家の事を考えると頭が痛い。

琵琶湖周辺の物件を探していたので、不動産屋さんにメールを送っても、返事が来ない。
電話をしようにも、フリーダイヤルしか書いてないので、調べようもなくて、どうせ、二年も先のこと
だから、相手にしてもらえないものだと思う。

日本に居た時は、不動産屋さんに連絡しようものなら、しつこいほど、勧誘が来たと言うのに、どうしたことだろうか?
相変わらず、メールで、同じ情報は送ってくるけど、肝心の担当の不動産屋からは、返事がないので、どうしようもない。
近くにいたら、すぐにでも、物件を見に行けるのだけど、こう離れていては、簡単に物件を見に行くことができない。
知り合いが、やはり、イギリスには、やはり、高くてローンが支払えずに、スペインに引っ越すことにしたらしい。そういえば、こちらの不動産屋さんを覗いてみても、結構、スペインやフランスの物件なども出ていたりする。
やはり、イギリスの物件は高すぎて住めないからだろうか?

気分を一新して、8月から始まる新しい展覧会のための作品の準備をしている。



そして、地元のチョークの丘(白亜の丘)の風景画。
一枚につき、一日がかりで仕上げた。
かなり、集中力も要って、仕上げた後は、疲れが、どっと湧き出てきた。
楽しいだけでは、出来ないような気がしてきた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Private View を終えて。 | トップ | キツネのファミリーが、今日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水彩画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL