日本一易しい合気道講座⑧☘Kousinkan15周年記念ブログ🍀第68号

2017年06月19日 | 合気道


写真の(オ)について

少しだけですが説明を加えます。


◆世界一簡単な合気道、世界一難しい(裏)合気道◆

(注)合気=裏合気道

合気道はよくわからないし難しい!

きっとそう思っている人は少なくないと思います。

確かに合気道は易しくはありません。

どんな武道であれ、「易しく、簡単」と言えるほどホイホイと習得出来るものはきっと存在しないはず。

ただいろんな武道、武術の中で、合気道がもっとも簡単な武術なのも本当です。

考えても見てください。

難しい武術だったら、こんなに世界中に広がり、合気道修行人口が多いはずは絶対にありません。

簡単ゆえに、こんなに普及したのだと断言できます。

それに対して裏合気道、つまり”合気”の難しさは、世界的にみても有数のものです。

身体操作の形やタイミング、パワーの解析からではいつまでたっても

本物の合気は理解できません、

この”合気”

日本人でも出来ないことが多く適当に使ってるぐらいですから

外国人が裏合気道(=合気)を完全に理解しようと思ったら、日本語習得どころの騒ぎではないかも知れません。


それを踏まえて、実はその合気道

2層構造になってます。


一層目が身体の動き中心にある層。これが今現在、世界的に広まっている合気道です。

2層目が「裏合気道」と私が読んでいる≪合気≫です。

繰り返しますが、合気道は世界的に広まっている武術のひとつです。

また、もっとも実用的で練習も苦痛を伴わないものです。

合気道の型名称をご存知でしょうか?

「胸突き小手返し反対転換」とか「両手取り天地投げ入身」とか

合気道の型練習は(単純に)重要な順に並んでいます。

これは重要度順であり時間経過順でもあり、間合い順でもあります。

「誰が」、「どうしたorする」、「何をする」を並べてあります。

これは人間の思考の順番に同じ。

だから基本が身に付けば思うがままアドリブで動いても(型を演じても)つっかえたり順番がおかしくなったりしません。

では、その簡単なはずの合気道、世界的メジャーにまでなっている合気道になぜ難しく思う人や、

苦しんでいるひとが少ないながらいるのでしょうか?

それは、先ほど述べた構造的(2層構造)なこと、

もう1つは練習の仕方に大きな問題があります。

●合気道は合気道であってひとつ

合気道という1つの武術を「体術」「剣」「杖」「片手取り」「受け身」などなど、

細かく分けて考え練習する傾向があります。

合気道はやはり合気道なのです。

「剣」というジャンルは存在しません。

剣を持っているけど合気道だし、

また合気道代表選手でもある=四方投げ

それに杖、剣、体術の区別はありません。

●合気道を学ぶということは、

合気道を「使う」ということです。

合気道が「できる」ひとは例外なく型をたくさん練習している人です。

そしてある程度≪合気≫ も知っている人です。

合気は英語で言えば文法に相当します。文法をしらないと魔法も使えませんから。

合気道を「使う」ことは

ずばり言いますがをやり蓄積することです。

型をインプットして続けていくことです。

しこたま型を続ける

型をむちゃくちゃ数をこなして

この「し続けていく」ことで合気道を自然に記憶してしまいます。

無意識の領域にいくことになります。

こういう「無意識」の領域でなければ合気道は身に付きません。

考えて動かなくてはいけないようでは

人間(敵)の思考や動き「先」についていけないからです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本一易しい合気道講座⑦☘Kou... | トップ | 入身・転換 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。