基本型を100にすること

2017年05月20日 | 合気道
OYISフェスティバルでの演武《基本型》2017年5月20日




・今日は、OYIS(大阪YMCAインターナショナルスクール)のフェスティバルでした。

 私も朝から、大阪市内の学校へ行き

 体育館で演武と生徒たちの演武を紹介。

 この動画はその一部です。

 基本型をやっています。

 長年合気道をやってきて

 基本型の大事についてこの機会に触れておきます。

 合気道を知らない人は

 ゼロのもの(型など)を新たに学ぶことに熱心です。
 
 それももちろん大事ですが

 基本と言われるものを(鴻心館では基本型)

 60点や80点で置いておくよりも

 探求し続けて、100点にした方が面白い絶対に!

基本型を70点の精度よりもさらに100点の精度に

 さらに合気とよぶ統一体として100のカベを越えるものを

 目指す努力。

 こういう認識が必要です。

 合気道を学ぶこと = 新しい型(知識)を得る事

 だと思っているから、基本の繰り返しが出来ない人が圧倒的に多い。

 もうすでに7割分かっていることを繰り返すより

 やはり新しいことをするほうがはるかに練習としては面白い。

 けれども

 本当に武術、合気道家に必要なのは

 70点を80点にする努力だし

 80点を100にする努力、

 つまりスパイラル(弁証法的)に繰り返す

 徹底的に基礎を繰り返す事なのです。

 大体分かっているけれどもう一回繰り返す。

 こういったことは、みなあまり楽しくないと感じてしまうからできない人が多い。

 しかしながら本当に一流の人というのは

 基礎を繰り返しやります。

 プロゴルファーやプロ野球の一流選手も素振りを繰り返します。

 なぜ彼らはそうするかというと

 自分の意識するポイントをちゃんとおさえているから

 それが何なのかどう役に立つのか理解しているからこそできる

 つまりらせん状の上達、高みへの階段を意識できるということ。

 それさえ意識できれば

 同じ型の繰り返しでも毎回新しい発見があります。

 だから常に興味をもち繰り返しできるのです。 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 表千家流茶道の稽古と武術身... | トップ | 日本一やさしい合気道講座⑴☘K... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。