39ギター

35年ぶりに弾き始めたクラシックギター
神経痛と戦いながら
どこまでバッハに迫れるか
蝶も花もアーチェリーもあるよ

一年間じっくりと楽しめそうです

2017-03-15 23:16:42 | 日記

こんばんは

いや〜

今日もいい試合を見せてくれました

5回までは息の詰まるような投手戦でしたが

6回に筒香のHRから打者一巡の猛攻が始まり一気に5点

8回にも3点を追加してこれでもう安心と思った9回表

これを抑えれば勝ちという場面でまさかの牧田の立ち上がり不調

ヒットが続きフォアボールを与え

しかもこれでおしまいと思えたゲッツーの場面で

まさかの牧田のエラー

しかしまあ、ドタバタもここまでであとはなんとか抑えて

やっとの思いで勝ちました

 

これで日本は負けなしの6連勝で準決勝へ進出しました

今年の侍Jは強いですねぇ

もちろん各球団から一流選手を集めているわけですから強いのは当たり前なんですが

相手もその国の一流選手を集めてきているので弱いわけがない

そんな強いもの同士の試合ですから、こう毎日がすごい試合になるんでしょうね

 

最近ギターを弾く時間がなかったんですが

決勝ラウンドは3月21日から、それまでのんびりできます

選手も一息つけますね

 

待ちに待ったカープ手帳が発売されたので、早速昼休みに近くの本屋さんに行って購入しました

 カープ手帳は今年のカープの試合予定に合わせたレイアウトになっていて

試合の結果を書き込んだりできます

 ボールペンもついでに購入、4色+シャーペンでカープのロゴ入り

3色ボールペンの全部赤(¥500)というのもあるんですが、まあ実用的な方ということで高いんですが(¥1,500)こっちにしました

 

カープ手帳を買ったあとしばらく本屋の中をぶらぶらしていると面白そうな本を見つけました

「日本の七十二候を楽しむー旧暦のある暮らしー」ということで

こんな本が欲しかったんです

日本には四季があり、一年を24に分けた二十四節気があり、さらに「初候」「次候」「末候」に細分した七十二候があります

それぞれの季節にはそれぞれ旬の言葉や旬の虫や旬の草花があります

それは今時のことですからネットで調べればいくらでも調べられるんですが

このようなホノボノとした装丁の本になっているのがいいですね

 

今日3月15日は二十四節気の「啓蟄」、それの「末候」で

「菜虫蝶と化す」

いい季節ですねぇ

 

カープ手帳とこの本で一年間じっくりと楽しめそうです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ見つかりません | トップ | いよいよ春が来ますね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む