こそだての扉 「涙~笑いの軌跡」

4人の子供を育てながら保育士として長年勤めています。その経験を涙と笑いで皆様に紹介していきたいと思います。

赤ちゃんの産着

2016-10-12 11:01:11 | 育児

最近、知り得た豆知識です。

昔、赤ちゃんの産着を男の子はマムシや紫外線避けなどの薬効がある「藍」で女の子は造血や保温などの薬効がある「茜」で染めていたそうです。

将来、外で仕事をしたり戦に出たりする男の子、子どもを産む女の子、それぞれの体質に合わせた物を着せたのですね。

また、わざと染料が落ちやすく染めて袖口を吸わせ薬効を与えたとも言われているそうです。

先人の知恵は、何をとっても素晴らしい!

もう一つ驚かされました。

薬を飲むことを「服用」と言いますよね。

薬は「一服」「二服」と数えます。

そうです!お気付きの通りです。

先人は服が薬になることを知っていたのでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬の子ども向け用法・用量 | トップ | お姑さんは認知症 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。